ラベンダー賞(2007/07/21) のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
開催
第02回 函館03日目
コース
函館芝・右1200M
クラス
オープン特別(馬齢
レースNO
10 R
天候馬場
曇 良
条件
サ2才(混)(特)
頭数
12
発走時刻
16:05
本賞金(万
1,600 - 640 - 400 - 240 - 160
レース名
ラベンダー賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
勝ちタイム:1.11.5
平均ペース
5 (57-52)
前半5F:
59.1
後半3F:
36.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武幸四郎 54.0 1.11.5 36.3 -------4--2 12 80.3 ジョリーズヘイロー / マイシークレット 美) 水野貴広 462 -10 12 8
02 アタマ 横山典弘 54.0 1.11.5 36.3 -------4--5 4 6.3 ショウナンカンプ / ユアアディクト 美) 田村康仁 450 +2 9 7
03 1/2 安藤勝己 54.0 1.11.6 36.0 -------7--8 3 5.2 アグネスタキオン / リーガルジョイ 栗) 領家政蔵 452 0 2 2
04 クビ 岩田康誠 54.0 1.11.6 35.7 ------11-11 1 3.7 タニノギムレット / スリークドレス 美) 古賀史生 450 +6 3 3
05 アタマ 藤田伸二 54.0 1.11.6 36.4 -------4--5 5 9.3 タイキシャトル / キハク 美) 伊藤圭三 474 +4 8 6
06 クビ 五十嵐冬 54.0 1.11.7 36.1 -------7--5 7 17.9 ラムタラ / ハートステイジ 地) 堂山芳則 464 +2 6 5
07 11/2 佐々木国 54.0 1.11.9 37.0 -------1--1 6 13.8 マイネルラヴ / オリガミ 栗) 庄野靖志 478 -14 4 4
08 クビ 勝浦正樹 54.0 1.12.0 37.0 -------2--2 2 4.0 アフリート / カトリア 美) 柴崎勇  470 0 7 6
09 3/4 長谷川浩 54.0 1.12.1 36.3 ------10-10 9 22.7 パラダイスクリーク / デンコウセッカ 栗) 中村均  436 +8 5 5
10 クビ 服部茂史 54.0 1.12.2 36.6 -------7--8 11 45.8 アグネスワールド / アルチプラノ 美) 小笠倫弘 490 -10 1 1
11 山口竜一 54.0 1.13.3 38.3 -------2--2 10 40.4 エイシンサンディ / ファビラストロング 美) 谷原義明 444 0 10 7
12 11/4 柴山雄一 54.0 1.13.5 37.3 ------12-12 8 21.2 テイエムサンデー / メモリアルスポート 美) 高橋裕  496 +6 11 8
~払い戻し~
単勝 12番 (12人) 80.3 枠連 7-8 (18人) 49.0 複勝 12番(12人)
9番(4人)
2番(3人)
25.7
2.3
2.0
ワイド 9-12(58人)
2-12(52人)
2-9(8人)
74.5
60.5
7.5
3連複 2-9-12 (149人) 706.1 馬連 9-12 (59人) 388.7
3連単 12-9-2 (1009人) 6,624.7 馬単 12-9 (121人) 947.3
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


函館10Rのラベンダー賞(2歳オープン・芝1200m)は、12番人気ハートオブクィーン(武幸四郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒5。アタマ差の2着に4番人気アイリスモレアが、半馬身差の3着に3番人気リーガルアミューズがそれぞれ入線。
ハートオブクィーンは地方・若松平厩舎の2歳牝馬で、父ジョリーズヘイロー、母マイシークレット(母の父Woodman)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ハートオブクィーン 武幸四郎騎手
「何のデータもないから、何で勝てたのかよくわかりません(笑)返し馬の感じが良かったので、出たなりでレースをしようと思っていました。スムースでいい感じでレースができました。この先、どうするかわかりませんが、いきなり勝つくらいですから、2歳Sに行ってもチャンスはあると思いますよ」
2着 アイリスモレア 横山典弘騎手
「真面目に走ってくれて馬群を割るのにも、怯むところもありません。言うことないですね。乗っていてとても楽です」
3着 リーガルアミューズ 安藤勝己騎手
「自分から行こうとせずに、まだフニャフニャしながら走っています。距離はもっとあった方がいいですね」
4着 ルミナリエ 岩田康誠騎手
「後々のことを考えて折り合いを考えて乗りました。直線ではみんなフラフラしていて、抜け出す隙間がありませんでした。ずっとモタれていました。外枠ですんなり好位の外につけられる形なら違った結果になったと思います」>「いいときはもっと体を使って走る馬なんですがね」熹w負っていましたしね」
5着 ルーベンスメモリー(菊沢騎手)
「馬は徐々によくなってきています」ェ、最後は脚がありませんでした」
11着 アイリスモレア(四位騎手)
「こういう馬場はダメですね。位置取りは良かったのですが、勝負どころで追い出したら一気にノメってしまいました」ハ置取りは理想通り。小回りコースが忙しいとは思わないが、洋芝が合わないのかもしれませんね」
11着 サイレントプライド(横山典騎手)
「今日はあまりレースに集中していなかったようだな。でも前走は1600万条件で、今回はメンバーが強くなっていたからね。まだこれからだよ」
(国枝師)
「マツリダゴッホは伸びるかと思ったが最後は頭を上げて嫌々していたね。負けすぎだなぁ。サイレントプライドもらしくない競馬だったな。状態や調教も良くて崩れない馬なのになぁ」思います」いなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかったですね」
3着 6番カンパニー(福永祐一騎手)
「馬自体は、間隔が開いていましたが本当によく

予想動画
関連記事
関連つぶやき