博多ステークス(2007/07/15) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1800M
第02回 小倉 02日目
10 R
芝・右1800M
曇  
3勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 定量
博多ステークス
10 頭
15:35発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
ペース平均:
29
内枠好走:
7
勝タイム:
1.46.7
前半5F:
1.00.6
後半3F:
34.5
ペース:平均
-23 (-53+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 57.0 1.46.7 34.5 -1--1--1--1 7 20.3 サクラバクシンオー / バーンダンス 栗) 田中章博 474 -4 4 4
02 アタマ 佐藤哲三 57.0 1.46.7 34.1 -3--3--4--3 4 7.3 エルコンドルパサー / サクラセクレテーム 栗) 池江泰郎 472 -8 2 2
03 11/2 藤岡康太 57.0 1.46.9 34.5 -5--5--2--2 1 2.2 タマモクロス / アンサーミー 栗) 藤岡健一 484 +2 9 8
04 熊沢重文 57.0 1.47.1 33.9 -9--9-10--9 6 19.3 トワイニング / スイートタンジー 栗) 坪憲章  490 +4 1 1
05 1/2 太宰啓介 57.0 1.47.2 34.6 -4--3--4--3 8 29.3 トニービン / エピファニー 栗) 池添兼雄 478 0 3 3
06 11/2 渡辺薫彦 57.0 1.47.4 34.4 -9-10--8--6 2 3.9 タヤスツヨシ / リーインフォースト 栗) 野村彰彦 484 +4 8 7
07 ハナ 和田竜二 57.0 1.47.4 34.6 -5--5--6--6 5 17.3 サンデーサイレンス / ムガメール 栗) 安田隆行 512 +6 7 7
08 21/2 上村洋行 57.0 1.47.8 35.0 -7--7--6--6 3 6.3 ホワイトマズル / ロツクンロールリーダー 栗) 村山明  480 +14 10 8
09 クビ 赤木高太 57.0 1.47.8 35.4 -2--2--2--3 9 32.8 エリシオ / リトルキッス 栗) 池江泰郎 492 0 6 6
10 芹沢純一 57.0 1.48.6 35.6 -7--7--8-10 10 52.3 ブライアンズタイム / ビューティフルゴールド 栗) 中尾正  490 +12 5 5
単勝 4番 (7人) 20.3 枠連 2-4 (18人) 59.3 複勝 4番(7人)
2番(3人)
9番(1人)
4.0
2.1
1.2
ワイド 2-4(17人)
4-9(11人)
2-9(3人)
13.6
8.7
3.6
3連複 2-4-9 (13人) 42.6 馬連 2-4 (18人) 53.6
3連単 4-2-9 (138人) 448.5 馬単 4-2 (42人) 132.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


小倉10Rの博多S(1600万下、芝1800m)は、7番人気のデンシャミチ(幸騎手)が逃げ切り勝ちを収めた。勝ちタイムは1分46秒7。
アタマ差の2着にサクラオリオンが入り、1番人気に推されたタマモサポートは末脚甘く3着に敗れた。後方から進んだカネトシツヨシオーは伸び切れず6着。
デンシャミチは、栗東・田中章博厩舎所属の4歳牡馬。父サクラバクシンオー、母バーンダンス(母の父マルゼンスキー)の黒鹿毛馬。2005年京王杯2歳S以来1年8ヶ月ぶりの勝利となった。
<レース後のコメント>
1着 デンシャミチ(幸騎手)
「前に行ってくれという指示があったので行きました。短いところを使っていたので比較的楽にいけましたが、スタミナ面が心配でした。最後は負けたと思いましたが、踏ん張ってくれましたね。でもこれくらいは走って欲しい馬ですから」
2着 サクラオリオン(佐藤哲三騎手)
「一度内にササって、ハミを取って外に出したら伸びてくれました。上がりの速い流れで格好を付けられたのは良かったですね。次につながります」
3着 タマモサポート(藤岡康太騎手)
「外々で前に壁を作ることが出来ず、折り合いを欠いてしまいました。中途半端なレースになってしまいました」
6着 カネトシツヨシオー(渡辺騎手)
「上がりもありますが、反応が良くありませんね。時計が掛かるほうがいいのか、釈然としません」えは良かったです。今日は完勝だと思います。ここまで悔しい思いをしてきて賞金が足りずに使いたいレースに出られなかったですが、これでレースの選択肢が広がります。これからドンドン活躍していく馬だと思うので、人馬ともに応援よろしくお願いします」
(みちのくレース岩手競馬発表などによる)j
「こういう馬場はダメですね。位置取りは良かったのですが、勝負どころで追い出したら一気にノメってしまいました」ハ置取りは理想通り。小回りコースが忙しいとは思わないが、洋芝が合わないのかもしれませんね」
11着 サイレントプライド(横山典騎手)
「今日はあまりレースに集中していなかったようだな。でも前走は1600万条件で、今回はメンバーが強くなっていたからね。まだこれからだよ」
(国枝師)
「マツリダゴッホは伸びるかと思ったが最後は頭を上げて嫌々していたね。負けすぎだなぁ。サイレントプライドもらしくない競馬だったな。状態や調教も良くて崩れない馬なのになぁ」思います」いなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかったですね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する