未勝利 (サ2才) 函館 1R 2007/07/15 のレース情報

基本情報
函館芝・右1200M
第02回 函館 02日目
1 R
芝・右1200M
雨  
未勝利   サ2才(混)[指] / 馬齢
7 頭
10:40発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 262 M
image
直線 262 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.11.9
前半5F:
58.8
後半3F:
37.0
ペース:平均
18 (70-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 54.0 1.11.9 36.6 -------4--3 3 4.7 トウカイテイオー / トウカイデンヒル 栗) 中村均  418 -4 4 4
02 1/2 松田大作 54.0 1.12.0 37.0 -------2--2 1 1.5 オース / エレガントハッピー 栗) 五十嵐忠 484 +6 2 2
03 長谷川浩 54.0 1.12.5 37.6 -------1--1 4 17.2 マヤノトップガン / ローズオブダイヤ 栗) 中村均  446 +4 1 1
04 藤田伸二 54.0 1.12.7 37.5 -------3--3 2 4.4 マイネルラヴ / イエローサファイア 美) 鈴木勝美 440 +6 3 3
05 クビ 池添謙一 54.0 1.12.7 37.2 -------6--6 5 19.6 アグネスタキオン / ビューティーコンテスト 栗) 田所秀孝 462 -4 6 6
06 1/2 小林徹弥 54.0 1.12.8 37.3 -------6--6 6 51.2 カリズマティック / マイニングレディ 栗) 目野哲也 462 +2 7 7
07 13/4 勝浦正樹 54.0 1.13.1 37.8 -------4--5 7 52.2 ファルブラヴ / ピンクパピヨン 美) 杉浦宏昭 444 -2 5 5
単勝 4番 (3人) 4.7 枠連 0-0 (人) 0.0 複勝 4番(3人)
2番(1人)
1.7
1.1
ワイド 2-4(2人)
1-4(7人)
1-2(3人)
1.7
5.0
2.4
3連複 1-2-4 (3人) 8.4 馬連 2-4 (2人) 3.5
3連単 馬単 4-2 (5人) 11.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


函館1Rの2歳未勝利戦(芝1200m)は、3番人気のトウカイブレイズ(安藤勝己騎手)が3番手追走から直線で前を行く2頭を差し切って勝利した。勝ちタイムは1分11秒9。
1/2馬身差の2着に1番人気のテイエムオースオー。3着にリノーンランプ。2番人気のダンツシーキングは4着。
トウカイブレイズは、栗東・中村厩舎所属の2歳牝馬。父トウカイテイオー、母トウカイデンヒル(母の父デインヒル)の鹿毛馬。
<レース後のコメント>
1着 トウカイブレイズ(安藤勝己騎手)
「控えて前を見る形で行って欲しいと言われていました。体は小さいけどフットワークが大きいので、もっと距離があったほうが良いかもね。馬はこれからもっとシッカリしてくるはずだよ」
(中村調教師)
「デビュー戦も攻め馬で走るから自信はあったんだけど、前に行って止まってしまったので、今日は控えて道中余裕を持たせてくれと指示したんだよ。次はオーナーと相談して決めます」
2着 テイエムオースオー(松田騎手)
「この中間は汗取りを使っているけど、今日もプラス6キロとなかなか体が絞れないね。良いスピードはあるんだけどね」 サカラート(藤岡佑介騎手)
「積極的に今日は行ったんだけど、昔の行きっぷりがないからね。本当は逃げ馬の後ろに行きたかったんだけど、位置取りが1列後ろになってしまった。最後は伸びているけどね」れて、最後の直線も手応えは良かったです。今日は完勝だと思います。ここまで悔しい思いをしてきて賞金が足りずに使いたいレースに出られなかったですが、これでレースの選択肢が広がります。これからドンドン活躍していく馬だと思うので、人馬ともに応援よろしくお願いします」
(みちのくレース岩手競馬発表などによる)j
「こういう馬場はダメですね。位置取りは良かったのですが、勝負どころで追い出したら一気にノメってしまいました」ハ置取りは理想通り。小回りコースが忙しいとは思わないが、洋芝が合わないのかもしれませんね」
11着 サイレントプライド(横山典騎手)
「今日はあまりレースに集中していなかったようだな。でも前走は1600万条件で、今回はメンバーが強くなっていたからね。まだこれからだよ」
(国枝師)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する