三宮特別(2007/06/16) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
第03回 阪神 01日目
10 R
芝・右外1600M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
三宮特別
16 頭
15:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
image
直線 473.6 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.32.0
前半5F:
57.9
後半3F:
34.1
ペース:平均
-5 (-21+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 角田晃一 57.0 1.32.0 33.7 -------6--5 1 3.6 アドマイヤベガ / モデスティイトセルフ 栗) 西浦勝一 496 +8 2 1
02 幸英明 57.0 1.32.2 34.3 -------1--1 2 3.8 アグネスタキオン / ショウナンマイラヴ 美) 上原博之 488 0 5 3
03 クビ 岩田康誠 57.0 1.32.2 32.9 ------14-13 5 10.9 フレンチデピュティ / アドマイヤセラヴィ 栗) 松田博資 464 -16 3 2
04 クビ 小牧太 54.0 1.32.3 33.5 ------10-10 6 16.6 ダンスインザダーク / ツィンクルブライド 栗) 橋口弘次 448 -4 16 8
05 3/4 福永祐一 57.0 1.32.4 34.3 -------3--3 7 23.0 サンデーサイレンス / スカーレットブーケ 栗) 松永昌博 522 0 10 5
06 ハナ 鮫島良太 54.0 1.32.4 34.1 -------6--5 4 6.0 スペシャルウィーク / オリーブクラウン 美) 伊藤圭三 482 +4 13 7
07 クビ 佐藤哲三 55.0 1.32.5 33.9 -------8--8 9 37.4 マイネルラヴ / ヘヴンリーミスト 栗) 増本豊  454 +4 4 2
08 アタマ 武豊 57.0 1.32.5 34.5 -------2--2 3 4.5 サンデーサイレンス / ダンジグウィズウルヴス 栗) 池江泰寿 498 -4 11 6
09 クビ 熊沢重文 57.0 1.32.6 33.7 ------12-10 10 45.4 サクラチトセオー / ビユーテイゲラン 美) 池上昌弘 458 -6 12 6
10 クビ 赤木高太 57.0 1.32.6 33.7 ------10-10 11 69.2 マヤノトップガン / ソワサージュ 栗) 坂口正大 474 +2 8 4
11 和田竜二 57.0 1.32.8 34.6 -------3--3 13 126.5 ロドリゴデトリアーノ / ヘイアンリリー 栗) 池江泰寿 476 -2 1 1
12 クビ 川田将雅 57.0 1.32.8 34.5 -------3--5 8 27.1 オペラハウス / ダイイチシガー 栗) 安田隆行 466 +2 9 5
13 11/2 渡辺薫彦 57.0 1.33.0 33.8 ------13-13 12 80.5 High Yield / See You 栗) 沖芳夫  528 +4 14 7
14 1/2 上村洋行 57.0 1.33.1 34.5 -------8--8 14 132.5 ダンスインザダーク / トキオリアリティー 栗) 石坂正  512 -6 6 3
15 3/4 石橋守 55.0 1.33.2 33.8 ------15-15 16 293.8 テンビー / キョウワプラチナ 栗) 佐山優  434 -6 15 8
16 13/4 吉田稔 54.0 1.33.5 33.9 ------16-16 15 232.7 ムタファーウエク / アンバーオーカン 地) 角田輝也 474 -8 7 4
単勝 2番 (1人) 3.6 枠連 1-3 (1人) 6.3 複勝 2番(1人)
5番(2人)
3番(5人)
1.3
1.6
2.5
ワイド 2-5(1人)
2-3(5人)
3-5(10人)
2.8
5.6
8.6
3連複 2-3-5 (4人) 22.0 馬連 2-5 (1人) 6.8
3連単 2-5-3 (10人) 80.9 馬単 2-5 (2人) 14.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神10Rの三宮特別(3歳上1000万下・芝1600m)は、1番人気マイネルポライト(角田晃一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒0のレコード。1馬身差の2着に2番人気ショウナンタキオンが、クビ差の3着に5番人気アドマイヤディーノがそれぞれ入線。
マイネルポライトは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤベガ、母モデスティイトセルフ(母の父Blushing Groom)。通算成績は20戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 マイネルポライト 角田晃一騎手
「レコード決着でしたが、決め手がある分、抜け出すことができました。開幕週で馬場も良かったので、道中は前々でレースを進めました。このクラスでは力は抜けていますよ。いずれはオープンに行ける馬ですね」
2着 ショウナンタキオン 幸英明騎手
「ゲートがたまたま良かったので、行きました。ただ3コーナーあたりから左にモタれっぱなし。直線でようやく真っ直ぐになりましたが、そのときには勝ち馬に迫られていました。ずっとラチ沿いに行ければ良かったのですが」
3着 アドマイヤディーノ 岩田康誠騎手
「昨年暮れに浜口騎手がここで勝ったときのように折り合いに注意してレースをしました。休み明けでも力はあります。あとは展開ひとつですね」
4着 ビンチェロ 小牧太騎手
「折り合いに注意して、思ったよりも後ろでのレースになりました。あと少し前に行ければ違っていたのですが」
5着 レットバトラー 福永祐一騎手
「マイルは合っています。ダイワメジャーのようにレースをしましたが、うまくはいきませんでしたね(笑)。でも力があるところは見せてくれました。次につながるでしょう」ら良くなる馬だと思う」
9着 エミーズスマイル 内田博幸騎手
「この馬なりには頑張っていますが、どうしてもイレ込んでしまうので、もう少し大人になってくれるといいのですが」グプライド(武豊騎手)
「道中はいい感じでした。4コーナーまでは手応え良く行けました。ただ、そこからがジリジリしか伸びてくれませんでした。まだ6戦のキャリアでひっかかったりやめたり、ムラな面がありますね。ただ能力はあるのは確かですから、これからですね」
5着 ディオスクロイ(後藤浩輝騎手)
「競馬はうまくやれたと思います。展開ひとつで距離も持つでしょう。まだまだこれからの馬です」
10着トップサバトン(石崎駿騎手)
「返し馬から行く気が他の方に向いていました。ゲートも無理やり出してこの程度。強い相手と戦ってきた疲れがあるのかもしれません」
(取材:舩山陽司)ターン 齋藤誠調教師
「松岡君がサンツェッペリンと似ているというとおり、瞬発力より持続力に優れた馬ですね。持っている力は凄いですよ。アクションの大きな馬ですからゆったりと走れる距離を使っています。力がついてくれば、もっと小足も使えるようになるでしょう。ただテンションが上がりやすく、今日もゲートで立ち上がったり口向きの悪さを矯正しつつ使っているように間隔をつめては使えないところがあります」
2着 ピサノエミレーツ 横山典弘騎手
「大外枠なので、外々を回らされてやはりきついですね。それに下が悪くて気にするところがありまし

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する