香住特別(2007/06/16) のレース情報

基本情報
阪神芝・右2200M
第03回 阪神 01日目
9 R
芝・右2200M
晴  
1勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
香住特別
12 頭
14:35発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
コース・ラップ
超ハイペース
直線 356.5 M
image
直線 356.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.12.2
前半5F:
57.3
後半3F:
37.7
ペース:超ハイ
123 (75+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 佐藤哲三 57.0 2.12.2 34.8 11-11-10--8 1 2.7 チーフベアハート / コウシュンヒメ 美) 平井雄二 470 +8 2 2
02 11/2 熊沢重文 57.0 2.12.4 35.6 -4--4--4--3 9 32.6 サクラローレル / ウエスタンホリデー 栗) 橋本寿正 406 -2 7 6
03 21/2 和田竜二 57.0 2.12.8 35.2 10-10-10-11 10 34.2 アグネスタキオン / ソウスマッグ 栗) 南井克巳 506 0 9 7
04 ハナ 吉田稔 53.0 2.12.8 36.2 -3--3--3--3 11 41.7 Green Desert / Al Galop 栗) 山内研二 498 -4 3 3
05 クビ 幸英明 55.0 2.12.9 35.5 -9--8--8--8 12 146.3 ジェネラス / アビームバンブー 栗) 安達昭夫 450 +2 10 7
06 1/2 川田将雅 57.0 2.13.0 35.8 -7--8--7--7 8 23.9 サクラチトセオー / ファインサンデー 栗) 新川恵  486 +2 12 8
07 ハナ 福永祐一 57.0 2.13.0 35.3 12-12-12-11 5 10.5 サンデーサイレンス / イブキニュースター 美) 嶋田功  516 -4 4 4
08 3/4 武豊 57.0 2.13.1 35.7 -7--7--8--8 2 5.1 フサイチソニック / テンシノウタ 美) 高橋義博 462 0 6 5
09 3/4 鮫島良太 57.0 2.13.2 38.7 -2--2--2--1 3 5.2 マヤノトップガン / ニューシャグラ 栗) 佐山優  526 0 1 1
10 3/4 渡辺薫彦 57.0 2.13.3 36.3 -5--5--5--5 7 21.0 グラスワンダー / シルキーグランス 栗) 田所清広 484 0 5 5
11 岩田康誠 57.0 2.13.6 36.6 -6--6--5--5 4 6.9 ピルサドスキー / パラダイスムーン 栗) 矢作芳人 506 -6 8 6
12 小牧太 53.0 2.13.9 39.4 -1--1--1--2 6 12.5 サツカーボーイ / バンブーカグヤヒメ 栗) 加藤敬二 476 -4 11 8
単勝 2番 (1人) 2.7 枠連 2-6 (3人) 7.8 複勝 2番(1人)
7番(9人)
9番(10人)
1.5
8.0
8.6
ワイド 2-7(15人)
2-9(22人)
7-9(53人)
12.2
17.2
73.8
3連複 2-7-9 (94人) 323.1 馬連 2-7 (16人) 38.1
3連単 2-7-9 (382人) 1,329.8 馬単 2-7 (23人) 57.6
該当なし
レース後のコメント


阪神9Rの香住特別(3歳上500万下・芝2200m)は、1番人気ビッグベアシチー(佐藤哲三騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒2。1馬身半差の2着に9番人気ウエスタンホークが、2馬身半差の3着に10番人気ビッグタキオンがそれぞれ入線。
ビッグベアシチーは栗東・佐々木晶厩舎の4歳牡馬で、父チーフベアハート、母コウシュンヒメ(母の父モガンボ)。通算成績は15戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 ビッグベアシチー 佐藤哲三騎手
「調教の動きも良かったので馬に気分よく走らせることを第一に考えました。(前の2頭が大逃げをしていましたが)人間が心配して馬に伝わったらいけないので、信頼していい感じでレースができました。たまたま目立たないだけでこの半身だけではなく、京都でも走れると思います。この馬の方向性が見えてきました。上のクラスでも狙っていきたいですね」
2着 ウエスタンホーク 熊沢重文騎手
「前の馬が飛ばしてくれて、レースとうまく運ぶことができました。控えても問題ありませんでした」
4着 フィールドウイナー 吉田稔騎手
「最初は少しかかりましたが、あとは折り合いもつきました。切れる脚はありませんが、渋太く頑張ってくれました」
5着 アジアン 幸英明騎手
「勝負どころでズブいところを見せましたが、頑張ってくれています」
6着 テイエムセイラン 川田将雅騎手
「交わされた後も食い下がって、根性のあるところを見せてくれました」c。もっと直線の長いコースがいいみたいですね。コーナーが6回というのも少し忙しいですね」っていませんね。休み明けもあったのでしょうか」
5着 サチノスイーティー(吉田豊騎手)
「結果、ちょっと速かったですかね。5頭が横並びで行ってましたが、本当はその後ろで競馬をしたかった。それでも良く走っています」
14着 ジョイフルハート(武豊騎手)
「本当じゃないですね。息遣いが良くなかったです」かもしれませんね」
11着 サイレントプライド(横山典騎手)
「今日はあまりレースに集中していなかったようだな。でも前走は1600万条件で、今回はメンバーが強くなっていたからね。まだこれからだよ」
(国枝師)
「マツリダゴッホは伸びるかと思ったが最後は頭を上げて嫌々していたね。負けすぎだなぁ。サイレントプライドもらしくない競馬だったな。状態や調教も良くて崩れない馬なのになぁ」思います」いなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかったですね」
3着 6番カンパニー(福永祐一騎手)
「馬自体は、間隔が開いていましたが本当によく仕上がって

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する