ブリリアントステークス(2007/06/09) のレース情報

基本情報
東京ダート・左2100M
第03回 東京 07日目
11 R
ダート・左2100M
曇  
オープン特別
サ3上(国)[指] / ハンデ
ブリリアントステークス
12 頭
15:40発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
ペース平均:
5
内枠好走:
0
勝タイム:
2.10.5
前半5F:
1.01.0
後半3F:
37.4
ペース:平均
19 (5+14)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 55.0 2.10.5 36.4 12-12-12-12 2 3.8 ブライアンズタイム / オリンピアデュカキス 美) 鈴木康弘 510 -2 9 7
02 クビ 吉田豊 56.5 2.10.5 37.2 -2--2--2--2 1 3.8 ヘクタープロテクター / ジェラート 美) 奥平雅士 526 +6 6 5
03 13/4 武豊 56.0 2.10.8 36.9 -5--5--7--8 3 5.1 アサティス / ダイワスタン 美) 堀井雅広 480 +3 7 6
04 1/2 後藤浩輝 57.0 2.10.9 37.3 -4--3--5--5 4 7.1 バブルガムフェロー / サンエイリボン 美) 畠山重則 520 -2 2 2
05 クビ 勝浦正樹 54.0 2.11.0 37.2 -7--8--7--6 6 12.8 メイショウオウドウ / メイショウエビータ 栗) 高橋成忠 520 0 5 5
06 21/2 内田博幸 54.0 2.11.4 38.0 -3--3--2--3 11 42.8 サンデーサイレンス / ディフェレンテ 栗) 森秀行  508 -4 10 7
07 クビ 北村宏司 53.0 2.11.5 38.0 -7--5--4--3 12 100.1 Saint Ballado / Sloane Street 美) 国枝栄  508 0 3 3
08 ハナ 千葉直人 48.0 2.11.5 37.5 -9--9-11-10 9 24.8 ブライアンズタイム / マコトシュンレイ 栗) 鮫島一歩 500 -10 4 4
09 アタマ 武士沢友 53.0 2.11.5 37.6 -9--9--9--8 8 24.7 アジュディケーティング / ピアグレイス 美) 尾関知人 530 -4 11 8
10 1/2 松岡正海 55.0 2.11.6 37.6 11-11--9-10 10 24.9 ヘネシー / ショウワグローリー 栗) 武邦彦  500 +2 1 1
11 長谷川浩 55.0 2.12.3 39.2 -1--1--1--1 5 9.0 ジェイドロバリー / プティママン 栗) 梅内忍  444 -8 8 6
12 ハナ 熊沢重文 55.0 2.12.3 38.6 -5--5--5--6 7 19.4 サンデーサイレンス / ビワプリムラ 栗) 高橋成忠 544 0 12 8
単勝 9番 (2人) 3.8 枠連 5-7 (2人) 5.2 複勝 9番(2人)
6番(1人)
7番(3人)
1.5
1.3
1.6
ワイド 6-9(1人)
7-9(4人)
6-7(3人)
3.0
5.1
3.8
3連複 6-7-9 (1人) 12.8 馬連 6-9 (1人) 7.0
3連単 9-6-7 (2人) 54.1 馬単 9-6 (1人) 13.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京11Rのブリリアントステークス(3歳上オープン・ダート2100m)は、2番人気オリンピアンナイト(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒5。クビ差の2着に1番人気シャーベットトーンが、1馬身3/4差の3着に3番人気ボンネビルレコードがそれぞれ入線。
オリンピアンナイトは美浦・鈴木康弘厩舎の4歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母オリンピアデュカキス(母の父Isopach)。通算成績は8戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 オリンピアンナイト 横山典弘騎手
「前回の大敗は、いろいろなことが重なってしまったもの。今回は頭数も手頃で、コースも良かったしね。やはり力はあるし、よく勝ってくれた。ただ、少しずつ成長しているが、もっと大きいところを勝てるように、もう少し自在性が出てくればいいね」
2着 シャーベットトーン 吉田豊騎手
「上手に競馬してくれましたが、前にいた馬が思ったより早くバテてしまい、一頭になってフワッとしてしまいました。勝った馬とも馬体が離れていましたからね。並んでいれば、また違ったでしょうけど。馬は一度使って良くなっていました」
3着 ボンネビルレコード 武豊騎手
「向正面で引っ掛かったし、3-4コーナーでも周りから来られて下げざるを得なかったし……。それでもよく走っているし、ここでも十分通用しますよ。このぐらいの距離も大丈夫です」
4着 マイネルボウノット 後藤浩輝騎手
「前に乗った時より良くなっていたけど、上がりの勝負では辛いし、東京コースではこの馬のよさを出し切れないね。状態は良くなっているので、いいレースの条件が揃えば走れそうだよ」」
5着 サチノスイーティー(吉田豊騎手)
「結果、ちょっと速かったですかね。5頭が横並びで行ってましたが、本当はその後ろで競馬をしたかった。それでも良く走っています」
14着 ジョイフルハート(武豊騎手)
「本当じゃないですね。息遣いが良くなかったです」かもしれませんね」
11着 サイレントプライド(横山典騎手)
「今日はあまりレースに集中していなかったようだな。でも前走は1600万条件で、今回はメンバーが強くなっていたからね。まだこれからだよ」
(国枝師)
「マツリダゴッホは伸びるかと思ったが最後は頭を上げて嫌々していたね。負けすぎだなぁ。サイレントプライドもらしくない競馬だったな。状態や調教も良くて崩れない馬なのになぁ」思います」いなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかったですね」
3着 6番カンパニー(福永祐一騎手)
「馬自体は、間隔が開いていましたが本当によく仕上がっていました。よく走ってくれたし、次のマイルCSが楽しみになりましたよ。ただ、コスモバルクの斜行は酷かったですね。勝てるとは言いませんが、2着はあったでしょう。後味が悪いですね」
4着 15番ポップロック(O.ペリエ騎手)
「スタートしていい位置を取

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する