青嵐賞(2007/05/27) のレース情報

基本情報
東京芝・左2400M
第03回 東京 04日目
8 R
芝・左2400M
晴  
2勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
青嵐賞
14 頭
14:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.26.1
前半5F:
1.00.5
後半3F:
35.5
ペース:平均
14 (-46+60)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小林淳一 57.0 2.26.1 35.5 -1--1--1--1 9 47.3 タイキブリザード / ノースハーミツト 美) 土田稔  472 -6 3 3
02 1/2 武豊 57.0 2.26.2 35.0 -6--7--5--5 1 2.8 ブライアンズタイム / シャイニンレーサー 美) 藤沢和雄 488 +4 8 5
03 アタマ 吉田豊 57.0 2.26.2 34.5 11-11-11-11 12 66.0 アグネスカミカゼ / キリビジン 美) 清水美波 488 0 10 6
04 クビ 勝浦正樹 57.0 2.26.3 34.9 -9-10--9--8 4 6.1 コマンダーインチーフ / エリモシユーテング 美) 柴田政人 460 +4 9 6
05 3/4 内田博幸 57.0 2.26.4 35.4 -4--4--3--3 3 4.7 バブルガムフェロー / コンバットフラワー 美) 佐藤吉勝 454 +8 4 3
06 13/4 吉田隼人 57.0 2.26.7 34.9 12-12-11-12 5 15.2 スターオブコジーン / キャロットバレイ 美) 後藤由之 432 0 6 4
07 アタマ 幸英明 57.0 2.26.7 34.6 14-14-13-13 10 55.1 ティンバーカントリー / エプソムカラー 美) 石栗龍彦 520 +6 5 4
08 11/4 後藤浩輝 57.0 2.26.9 35.4 10--8--9-10 6 22.1 タマモクロス / ラブソーリー 美) 萱野浩二 458 +4 11 7
09 ハナ 福永祐一 57.0 2.26.9 36.1 -2--2--2--2 8 27.2 サンデーサイレンス / ダンシングキイ 栗) 森秀行  484 -2 13 8
10 3/4 木幡初広 57.0 2.27.0 36.0 -3--3--3--3 7 25.3 ラムタラ / アイウェイトスター 美) 久保田貴 440 +2 14 8
11 11/4 蛯名正義 57.0 2.27.2 36.0 -6--6--5--5 2 4.0 サンデーサイレンス / サトルチェンジ 美) 小島太  472 +4 2 2
12 アタマ 松岡正海 57.0 2.27.2 35.8 -6--8--8--8 11 63.4 マーベラスサンデー / ヤマノプログレス 美) 佐々木亜 440 -2 7 5
13 11/2 田中剛 57.0 2.27.4 36.2 -4--5--5--5 13 134.1 フサイチコンコルド / フクサンリリー 美) 嶋田潤  458 +6 12 7
14 川田将雅 57.0 2.28.3 36.0 12-12-14-14 14 181.8 A.P. Indy / Musicale 美) 加賀武見 486 +6 1 1
単勝 3番 (9人) 47.3 枠連 3-5 (1人) 6.5 複勝 3番(9人)
8番(1人)
10番(11人)
8.5
1.6
13.3
ワイド 3-8(23人)
3-10(69人)
8-10(29人)
20.8
132.5
27.5
3連複 3-8-10 (159人) 926.6 馬連 3-8 (24人) 88.2
3連単 馬単 3-8 (64人) 272.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 3番オートゼウス(小林淳一騎手)
「馬の状態も良く、長いところで逃げるレースをしたいと思っていた。スローペースで行けて、うまくいきましたね」
2着 8番フェラーリファイブ(武豊騎手)
「折り合いはついていたが、伸び切れないね。ヒヤヒヤものの2着。ジリジリとしか伸びないね」
3着 10番マイネルガスト(吉田豊騎手)
「頑張りましたねぇ。もう少し前から競馬をしたかったが、馬が行かなかった。折り合いもついたし、中団の後ろでポツンと追走できた。直線、外に出したら凄く伸びて、勝つかと思ったぐらいでした」
5着 4番オルドリーバ(内田博幸騎手)
「乗った雰囲気は良かったし、手応えも良かったが、勝負処で出るに出られなかった」というプランもありますし、世界に目を向けてウオッカと一緒に頑張りたいです」
2着 16番アサクサキングス(福永祐一騎手)
「レース前に考えていた作戦のうちの、一番いいパターンが出せました。気分良く走らせようと思っていました。3コーナーで少し仕掛けたらスッと反応できましたし、4-5番手グループが動かなかったのも大きかったですね。切れる脚はなくても、跳びが大きい馬なので、自分のペースで走れば2400mでもやってくれると思っていました」
(大久保龍志調教師)
「一瞬やったと思いました。でもあそこから差し切るんだから、ウオッカは強いですね。2400mは未知数でしたが、自分

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する