栗東ステークス(2007/05/13) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
第03回 京都 08日目
11 R
ダート・右1200M
晴  
オープン特別   サ4上(国)[指] / ハンデ
栗東ステークス
16 頭
15:30発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.11.3
前半5F:
58.3
後半3F:
37.5
ペース:平均
30 (123-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 56.0 1.11.3 36.7 -------6--5 5 9.5 アフリート / レインボーウッド 栗) 安達昭夫 464 +4 1 1
02 11/4 小林徹弥 51.0 1.11.5 36.3 ------10--9 13 69.0 ジョリーズヘイロー / ウッディークー 栗) 柴田政見 508 -4 2 1
03 クビ 四位洋文 54.0 1.11.6 36.4 ------10--9 2 5.5 ブライアンズタイム / ブラッシングストーム 美) 中野隆良 478 -2 9 5
04 3/4 石橋守 54.0 1.11.7 36.3 ------12-12 10 24.9 Twining / La Gueriere 美) 土田稔  494 -4 4 2
05 1/2 上村洋行 54.0 1.11.8 37.0 -------7--6 3 5.9 ヘネシー / ヤングエブロス 栗) 音無秀孝 516 +2 5 3
06 クビ 小坂忠士 53.0 1.11.8 38.0 -------1--1 6 10.5 タバスコキャット / パワフルレデイ 栗) 藤原英昭 484 +6 3 2
07 1/2 藤岡康太 48.0 1.11.9 36.3 ------14-14 14 131.8 パラダイスクリーク / アーチェリー 美) 田村康仁 490 -4 6 3
08 ハナ 内田浩一 55.0 1.11.9 36.9 -------9--9 8 20.7 フジキセキ / キンバリーシチー 栗) 安達昭夫 476 -14 11 6
09 川田将雅 57.5 1.12.4 38.6 -------2--2 1 3.3 ブライアンズタイム / リフカ 栗) 宮本博  546 0 16 8
10 ハナ 津村明秀 56.0 1.12.4 38.1 -------3--3 7 12.7 Foxhound / Krayyalei 地) 高橋三郎 502 +4 12 6
11 穂苅寿彦 57.0 1.12.6 38.3 -------3--4 11 30.7 Silver Deputy / Be My Baby 美) 和田正道 502 -2 15 8
12 21/2 生野賢一 50.0 1.13.0 38.2 -------7--6 15 212.8 バブルガムフェロー / クリアースター 美) 二ノ宮敬 510 +4 10 5
13 31/2 太宰啓介 52.0 1.13.6 38.2 ------12-12 9 21.1 フレンチデピュティ / アルーリングアクト 栗) 野村彰彦 448 +8 13 7
14 31/2 小池隆生 51.0 1.14.2 39.6 -------5--6 12 59.8 タイキシャトル / フルフリングス 栗) 小島貞博 492 -4 14 7
藤岡佑介 56.0 - - ----------- 4 - スターオブコジーン / ウィッチズハット 美) 萩原清  512 +2 7 4
下原理 53.0 - - ----------- - - クロフネ / ラッキーパートナー 美) 平井雄二 000 8 4
単勝 1番 (5人) 9.5 枠連 1-1 (35人) 396.4 複勝 1番(6人)
2番(13人)
9番(3人)
3.8
16.6
2.5
ワイド 1-2(73人)
1-9(14人)
2-9(62人)
93.6
11.8
66.7
3連複 1-2-9 (216人) 1,108.3 馬連 1-2 (75人) 471.3
3連単 1-2-9 (1292人) 7,825.8 馬単 1-2 (141人) 798.6
該当なし
レース後のコメント


1着 バンブーエール(幸騎手)
「前走よりさらに1ハロン短縮の今回はどうかと思っていましたが、短距離が合っていますね。砂を被ると嫌がっていましたが、直線、馬体を併せるところになると、そこからよく伸びてくれました」
2着 ゴッドヘイロー(小林徹騎手)
「全然前に行けませんでしたが、最後はよく伸びてくれました」
3着 チョウカイロイヤル(四位騎手)
「スタートは出ているけど、砂を被って嫌がってあの位置からになりました。1200mにも対応できるようになっていますね」
4着 タイキジリオン(石橋騎手)
「行けなかったのでジッとしていたけど、最後はよく伸びました」
5着 トシザヘネシー(上村騎手)
「流れも速かったから外にスムースに出すことだけを考えていました。一瞬やったと思ったんですけどね」
6着 サイボーグ(小坂騎手)
「競り掛けられすぎて、全然息が入らなくてもこれだけの粘り。控える手もあったんですが、息を入れられればもっとやれたと思います」
9着 ニシノコンサフォス(川田騎手)
「流れが速かったにせよ、負けすぎですよ」村明秀騎手
「この距離は大丈夫だと思っていたのですが、手ごたえの割に全く伸びませんでした。一瞬で離されてしまいましたね。やはり1800mぐらいが良いのでしょうか」ができませんでした。終いは差を詰めてきているだけに残念です」ったですね」2400mは未知数でしたが、自分のペースで行ければこれだけ粘れるんですね。この後は無事なら宝塚記念へ向かうことを考えています。あぁ、最後は思い切り力が入ったなぁ。勝ったと思ったけど、甘くはなかったか」
3着 14番アドマイヤオーラ(岩田康誠騎手)
「ゴール前で1頭になったらフラフラした。道中中団で流れに乗れて、この馬なりに直線も伸びているが、馬場の内外の差。まぁ、距離は大丈夫です。惜しかったです」
4着 12番サンツェッペリン(松岡正海騎手)
「夢を見ました。力は出し切ったし、自分の競馬はできました。この結果には満足です」
5着 8番ドリームジャーニー(蛯名正義騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する