都大路ステークス(2007/05/06) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1600M
開催
第03回 京都06日目
コース
京都芝・右外1600M
クラス
オープン特別(ハンデ
レースNO
11 R
天候馬場
雨 重
条件
サ4上(国)[指]
頭数
16
発走時刻
15:30
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
都大路ステークス 
コース・ラップ
ハイペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.36.4
ハイペース
72 (56+16)
前半5F:
59.2
後半3F:
37.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡佑介 55.0 1.36.4 36.6 -------7--6 1 3.2 ロドリゴデトリアーノ / ユウサンポリッシュ 栗) 矢作芳人 464 0 11 6
02 11/2 角田晃一 54.0 1.36.6 35.6 ------15-15 6 13.6 マイネルラヴ / シビルスイート 栗) 中村均  494 0 1 1
03 クビ 福永祐一 53.0 1.36.7 37.5 -------1--1 2 4.2 ブライアンズタイム / ニシノフラワー 美) 奥平雅士 490 +8 6 3
04 クビ 川原正一 52.0 1.36.7 36.6 ------11-13 12 39.9 コマンダーインチーフ / グッドミセスマーフィー 栗) 安田隆行 462 -12 4 2
05 1/2 佐藤哲三 55.0 1.36.8 37.1 -------6--6 10 29.5 ダンスインザダーク / ビーモル 栗) 橋口弘次 500 +2 9 5
06 13/4 上村洋行 56.0 1.37.1 37.8 -------2--2 4 9.2 フジキセキ / ミルグレイン 栗) 長浜博之 494 +18 15 8
07 池添謙一 55.0 1.37.4 37.9 -------3--3 11 35.7 Sunday Silence / Phantom Creek 美) 松山将樹 500 +8 12 6
08 3/4 田中健 51.0 1.37.5 38.0 -------3--3 15 132.6 デインヒル / ダイナフラツグ 美) 伊藤正徳 472 +2 2 1
09 ハナ 渡辺薫彦 54.0 1.37.5 37.4 ------11-13 13 67.0 ブライアンズタイム / マチカネベニザクラ 栗) 梅田智之 460 -2 13 7
10 ハナ 和田竜二 52.0 1.37.5 37.7 -------7--8 8 15.4 キングヘイロー / ブランドアート 栗) 藤原英昭 460 -2 3 2
11 13/4 岡部誠 54.0 1.37.8 37.7 ------11--9 3 8.9 サンデーサイレンス / アドマイス 美) 小島太  484 -4 10 5
12 13/4 鮫島良太 56.0 1.38.1 38.6 -------3--3 7 14.4 タイキシャトル / インヴァイト 栗) 松元茂樹 494 +2 14 7
13 13/4 石橋守 54.0 1.38.4 38.3 ------11--9 5 9.4 サクラバクシンオー / サンデーアイ 栗) 清水出美 550 +6 5 3
14 クビ 小牧太 54.0 1.38.5 38.6 -------9--9 9 21.4 サニーブライアン / エステーローザ 美) 笹倉武久 516 -6 16 8
15 小林徹弥 52.0 1.39.7 39.8 -------9--9 14 91.7 サンデーサイレンス / バブルウイングス 美) 大久保洋 474 +22 7 4
秋山真一 56.0 - - ----------- - - マヤノトップガン / トップニュース2 栗) 梅内忍  000 8 4
~払い戻し~
単勝 11番 (1人) 3.2 枠連 1-6 (8人) 20.7 複勝 11番(1人)
1番(6人)
6番(2人)
1.6
3.0
1.9
ワイド 1-11(7人)
6-11(1人)
1-6(9人)
8.5
4.7
9.7
3連複 1-6-11 (4人) 31.9 馬連 1-11 (7人) 19.9
3連単 11-1-6 (25人) 171.6 馬単 11-1 (7人) 31.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 スーパーホーネット(藤岡佑騎手)
「前走は敗因がよくわからなかったので、その点だけが心配だったのですが、状態も良かったし、スタートも上手だったので思い通りのレースが出来ました。切れる馬なので、この馬場が心配でしたが、この内容でしたからね。強いレースをしてくれて良かったです」
2着 マイネルハーティー(角田騎手)
「返し馬でハミをかけたら口向きがおかしかったので、スタートしてすぐ馬なりで道中は進みました。それでも内へモタれっぱなしだったので、3分3厘で外に出して仕掛けました。最後はよく伸びてくれました」
4着 ホーマンアピール(川原騎手)
「道悪は気にしませんでした。以前乗った時よりよくなっていたようですね。頑張ってくれました。もう少しで3着だったのになぁ」
6着 ファイングレイン(上村騎手)
「休み明けで体重が増えた中、よく頑張っています。次につながるレースが出来ました」
10着 ニシノフジムスメ(和田騎手)
「ブリンカーで集中していましたが、ハミが外れるとすぐブレーキを掛ける感じでした」ェかりました。なかなか仕上がらなかった馬ですが、今思えば『このレースに何とかしよう、間に合わせよう』という欲を出さずに仕上げたのが良かったのだと思います。次は地元の関東オークスに行くことになると思いますが、勝とうなどと思わず、とにかく馬が元気な状態でレースに出られるようにしたいですね」
3着 ピュアーフレーム(的場文男騎手)
「スタートは良かったが、砂を被ったら嫌がって急に外に膨れてしまった。それであんな後方の位置になってしまったんだ。(乗っている自分も)驚いたよ」
11着 マルノマンハッタン(石崎隆之騎手)
「道悪については何とも言えないが…、今日に関しては初めての距離だからなあ。もっとじっくり行っていればよかったかもしれない」
(取材:小林雅巳)走っているが、日本の馬が強かった。展開が違えば、3、4着はあったかもしれない。このレースに参加できたことは非常に嬉しい」
9着 ジョイフルウィナー(G・モ

予想動画
関連記事
関連つぶやき