中山グランドジャンプ(2007/04/14) のレース情報

基本情報
中山芝・外4250M
第03回 中山 07日目
11 R
芝・外4250M
J・GⅠ
障4上(国) / 定量
第9 回 中山グランドジャンプ
15 頭
15:35発走
本賞金) 8,000 - 3,200 - 2,000 - 1,200 - 800 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 スコット 63.5 4.50.4 - -2--2--2--1 1 2.2 Kahyasi / Karamita 外) マスグロ 430 -2 9 5
02 3/4 五十嵐雄 62.0 4.50.5 - -6--4--6--5 4 8.6 マチカネフクキタル / ダンスジニー 美) 藤原辰雄 454 0 13 7
03 21/2 小坂忠士 63.5 4.50.9 - 10--7--1--2 2 4.3 チーフベアハート / マチカネカルメン 栗) 武宏平  470 0 4 3
04 21/2 林満明 62.0 4.51.3 - -1--1--4--3 5 9.6 オペラハウス / スリーケープ 栗) 村山明  470 -6 7 4
05 穂苅寿彦 63.5 4.51.8 - -2--2--3--3 7 32.9 Charismatic / Micheline 美) 増沢末夫 480 -10 6 4
06 11/4 ダーデン 63.5 4.52.0 - 10--9--4--5 12 83.3 Personal Escort / Tympanum 外) マスグロ 450 -6 12 7
07 大庭和弥 61.5 4.52.7 - -8-12-11-10 14 166.2 タイトスポット / サンデイリッチ 美) 坂本勝美 464 0 15 8
08 13/4 北沢伸也 63.5 4.53.0 - 10--9--7--8 10 61.8 Benny the Dip / ファンタジースズカ 美) 柄崎孝  484 +4 2 2
09 1/2 リデル 63.5 4.53.1 - -6--7--7--7 9 49.2 Victory Dance / Bantan 外) ウィーラ 494 +4 14 8
10 今村康成 63.5 4.53.6 - 13-13-10-10 13 89.7 カーネギー / メジロナターシャ 栗) 岡田稲男 476 -14 1 1
11 横山義行 63.5 4.54.6 - -4--4-11-12 8 49.1 ハウスバスター / フジノチトセ 美) 石毛善彦 474 +4 8 5
12 ラプトン 63.5 4.56.1 - -5--4--7--9 11 74.2 Heroicity / Fair And Square 外) ネルソン 460 -10 10 6
13 10 江田勇亮 63.5 4.57.7 - 14-14-14-14 15 188.8 ブラックタイアフェアー / ソヴリナトウショウ 美) 阿部新生 454 -8 3 2
14 クビ 金子光希 63.5 4.57.8 - -8--9-13-13 6 24.5 サクラバクシンオー / ショーアップ 美) 矢野進  474 +2 11 6
田中剛 63.5 - - ----------- 3 - ダンスインザダーク / ノコナ 栗) 長浜博之 506 -2 5 3
単勝 9番 (1人) 2.2 枠連 5-7 (5人) 10.2 複勝 9番(1人)
13番(4人)
4番(3人)
1.1
2.2
1.5
ワイド 9-13(4人)
4-9(1人)
4-13(5人)
4.2
1.9
4.9
3連複 4-9-13 (2人) 11.6 馬連 9-13 (4人) 11.4
3連単 9-13-4 (10人) 52.4 馬単 9-13 (4人) 15.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 カラジ B.スコット騎手
「今は信じられない気持ち。強いレースをしてくれた。最後は追い込まれてハラハラしたけれど、よく粘ってくれた。来年のことはわからないけど、もし挑戦できたら楽しみだね」
2着 リワードプレザン 大江原助手
「今日は十分力を出し切る完璧なレースをしてくれた。カラジとの差は3コーナー
からの内外のコース取りの差だね。しかし勝ったカラジは強い。ブランディスなら勝てたかもしれないが、同じような430キロ台の馬体重でも馬の造りが違うね」
五十嵐雄祐騎手
「赤レンガ(大生垣)を越えたあたりで、カラジの真後ろにつけたかったんだけど先に行かれてしまって外を回ることになったのが痛かった」
3着 メルシーエイタイム 小坂忠士騎手
「暮れの大障害の時もそうだったが微妙に斤量がこたえていたようだ。しかし、カラジは強い。こちらが追っつけ通しなのに手応えが違ってたからね。そんな馬を相手に勝ちに行って、後ろから差されたのは不恰好だったなあ」サイチホウオー(安藤勝己騎手)
「ゲートもモソッという感じで出た。この馬はエンジンをかけてからジワッと伸びていく馬なので、東京が合っているかな」
4着 15番アドマイヤオーラ(武豊騎手)
「スタートが悪く、位置取りが後ろになってしまった。内に切り替えていったが、近くにフサイチもいた。ポジションがきつくなったし、前が止まらない展開。2分を切る時計かと思っていたし、外々は周りたくなかった。仕掛けたときの反応もこの馬らしくなかった」
5着 10番メイショウレガーロ(福永祐一騎手)
「あの流れでうまく折り合って、4コーナーでは勝ったかなという手応えだった。この馬の力は出したと思う。できれば4着に入って権利を取りたかった。まだ完成途上の馬。できればダービーに直行したかった。調教も良くなっていて、ゲートも改善されている」
8着 6番ドリームジャーニー(蛯名正義騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する