山陽特別(2007/03/24) のレース情報

基本情報
阪神芝・右外1600M
開催
第02回 阪神01日目
コース
阪神芝・右外1600M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
9 R
天候馬場
雨 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
13
発走時刻
14:35
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
山陽特別 
コース・ラップ
平均ペース
直線 473.6 M
勝ちタイム:1.34.5
平均ペース
-39 (-55+16)
前半5F:
1.00.1
後半3F:
34.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 角田晃一 57.0 1.34.5 33.7 -------7--7 2 3.5 アドマイヤベガ / モデスティイトセルフ 栗) 西浦勝一 494 0 5 4
02 3/4 武豊 57.0 1.34.6 34.3 -------2--2 3 4.7 フジキセキ / セキサンシラオキ 栗) 坂口正則 512 0 8 6
03 1/2 岩田康誠 57.0 1.34.7 33.9 -------7--7 5 13.1 アグネスタキオン / ソルティーレディー 栗) 佐々木晶 500 +4 6 5
04 クビ 藤田伸二 57.0 1.34.7 34.2 -------5--3 7 17.9 アグネスタキオン / ロージーレディー 栗) 本田優  488 +4 4 4
05 クビ 池添謙一 57.0 1.34.8 34.7 -------1--1 8 20.8 Lure / Inaka 美) 武市康男 494 -2 2 2
06 11/2 四位洋文 57.0 1.35.0 33.2 ------12-11 1 3.2 ダンスインザダーク / ナイルスター 栗) 松永幹夫 526 0 7 5
07 3/4 渡辺薫彦 57.0 1.35.1 34.7 -------3--3 6 15.2 Silver Hawk / Music Lane 栗) 中竹和也 472 0 1 1
08 クビ 武幸四郎 57.0 1.35.1 33.9 ------10--9 9 42.7 スピニングワールド / ノーリターン 栗) 西浦勝一 438 0 3 3
09 クビ 藤岡佑介 55.0 1.35.2 34.8 -------3--3 11 77.5 マイネルラヴ / ピアラプソディ 栗) 加藤敬二 418 +2 11 7
10 1/2 安部幸夫 57.0 1.35.3 34.0 -------9-10 12 79.7 バブルガムフェロー / スピーガ 美) 中野栄治 466 +6 9 6
11 ハナ 川田将雅 57.0 1.35.3 34.7 -------5--6 13 90.9 サンデーサイレンス / デアリングダンジグ 栗) 大久保龍 468 0 13 8
12 11/4 小牧太 57.0 1.35.5 33.8 ------10-11 4 8.5 メイショウオウドウ / ラックホーセキ 栗) 崎山博樹 502 -2 10 7
13 31/2 和田竜二 55.0 1.36.1 34.1 ------12-13 10 44.5 ステイゴールド / グレースマリヤ 栗) 宮徹   414 +10 12 8
~払い戻し~
単勝 5番 (2人) 3.5 枠連 4-6 (2人) 6.2 複勝 5番(2人)
8番(1人)
6番(5人)
1.5
1.5
3.5
ワイド 5-8(1人)
5-6(8人)
6-8(7人)
2.8
8.5
8.2
3連複 5-6-8 (9人) 34.2 馬連 5-8 (1人) 7.5
3連単 5-8-6 (30人) 144.2 馬単 5-8 (2人) 15.9
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神9Rの山陽特別(4歳上1000万下・芝1600m)は、2番人気マイネルポライト(角田晃一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5。3/4馬身差の2着に3番人気セキサンフジが、半馬身差の3着に5番人気バージンフォレストがそれぞれ入線。
マイネルポライトは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤベガ、母モデスティイトセルフ(母の父Blushing Groom)。通算成績は17戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 マイネルポライト 角田晃一騎手
「ゆっくり追い出すつもりでしたが、反応が良くて思ったよりも早めになりました。それでも最後まで頑張ってくれました。もともと力のある馬だし、上のクラスでも頑張ってほしいですね」
3着 バージンフォレスト 岩田康誠騎手
「最後はよく伸びてくれましたが、道中はノメっていました。パンパンの馬場の方が良いですね」
6着 ダンスアジョイ 四位洋文騎手
「良い脚を使ってくれましたが、雨のせいで走りづらそうにしていました」ウイビリーブは美浦・伊藤伸一厩舎の3歳牡馬で、父アジュディケーティング、母サンディフォルス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦1勝となった。
中山3Rの3歳未勝利(ダート1800m)は、1番人気ホットビスティー(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3。
レース後のコメント
1着 ホットビスティー 大江原助手
「まだ2戦目であれだけの不利を受けたら普通ならやめてしまうのでしょうが、相当根性がありますね。もともと能力は高いと期待していた馬ですから」
ホットビスティーは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父キングヘイロー、母タカノビューティー(母の父シンボリルドルフ)。通算成績は2戦1勝となった。
中山4Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気マイネルグラシュー(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2。
レース後のコメン

予想動画
関連記事
関連つぶやき