熱田特別(2007/03/24) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
第01回 中京 07日目
12 R
芝・左2000M
雨   稍重
1勝クラス特別
サ4上(混) / 定量
熱田特別
15 頭
16:05発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
ペース平均:
-20
内枠好走:
1
勝タイム:
2.02.4
前半5F:
1.01.0
後半3F:
36.4
ペース:平均
14 (-15+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田辺裕信 57.0 2.02.4 36.1 -4--4--3--4 9 39.4 パントレセレブル / ニシノフラワー 栗) 宮本博  456 +6 14 8
02 クビ 芹沢純一 55.0 2.02.4 36.3 -3--3--2--2 4 7.3 グラスワンダー / シルクベルベット 栗) 矢作芳人 462 0 6 4
03 クビ 橋本美純 55.0 2.02.5 36.2 -8--8--3--3 3 5.1 フレンチデピュティ / バトンルージュ 栗) 橋本寿正 458 -2 7 4
04 二本柳壮 57.0 2.02.8 36.3 11-10--7--4 6 15.5 ダンスインザダーク / スズパーソナリテイ 美) 後藤由之 466 +4 11 6
05 アタマ 幸英明 57.0 2.02.8 36.8 -1--1--1--1 1 3.2 ティッカネン / マツキャロル 栗) 湯窪幸雄 506 -2 3 2
06 1/2 鈴来直人 57.0 2.02.9 36.1 12-12-12-10 2 4.0 フサイチコンコルド / ストロークト 美) 勢司和浩 490 +4 13 7
07 クビ 太宰啓介 57.0 2.03.0 36.0 14-14-13-10 10 42.5 ロドリゴデトリアーノ / セルリアンサチ 栗) 浜田光正 486 -4 10 6
08 川島信二 55.0 2.03.2 36.6 -8--8--7--7 5 8.1 サンデーサイレンス / ランバダスタイル 栗) 池江泰郎 466 +8 5 3
09 石橋脩 57.0 2.03.4 37.1 -5--5--3--4 12 76.7 アドマイヤベガ / ウエスタンベッキー 美) 稲葉隆一 480 +8 12 7
10 クビ 中舘英二 57.0 2.03.4 36.4 14-14-13-14 7 25.0 カーネギー / シルバーネックレス 栗) 松田博資 446 +4 9 5
11 3/4 高橋亮 55.0 2.03.5 36.9 -8-10--7--7 8 33.5 ダンシングブレーヴ / メイショウハミング 栗) 高橋隆  458 +4 1 1
12 上村洋行 57.0 2.03.8 37.3 -5--5--7-10 11 76.4 Sinndar / Crimson Glory 栗) 池江泰寿 438 -4 8 5
13 アタマ 鮫島良太 57.0 2.03.8 37.2 -5--7--7-10 13 98.4 フサイチコンコルド / メス 栗) 鹿戸明  474 +2 2 2
14 安藤光彰 57.0 2.04.5 37.5 12-12-13-15 14 103.7 メイショウオウドウ / デンサクヒロ 栗) 鶴留明雄 450 -24 4 3
15 千田輝彦 57.0 2.05.0 38.7 -2--2--3--9 15 166.8 ライブリーワン / エムテウイニング 栗) 服部利之 468 +2 15 8
単勝 14番 (9人) 39.4 枠連 4-8 (17人) 59.6 複勝 14番(10人)
6番(4人)
7番(3人)
9.3
2.1
1.8
ワイド 6-14(35人)
7-14(38人)
6-7(5人)
36.6
37.5
6.1
3連複 6-7-14 (70人) 238.2 馬連 6-14 (37人) 155.4
3連単 14-6-7 (550人) 2,316.3 馬単 14-6 (81人) 354.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中京12Rの熱田特別(4歳上500万下・芝2000m)は、9番人気ニシノカエデマル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒4。クビ差の2着に4番人気オリオンオンサイトが、クビ差の3着に3番人気フィールドミューズがそれぞれ入線。
ニシノカエデマルは栗東・宮本博厩舎の5歳牡馬で、父パントレセレブル、母ニシノフラワー(母の父Majestic Light)。通算成績は13戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ニシノカエデマル 田辺裕信騎手
「前の3頭が勢いよく飛ばしてくれて、その後ろでいい位置を取れましたね。少しズブさを見せましたが、渋太く伸びてくれました。こういう馬場も、後ろの馬が気にする分、先行馬にはプラスに働いたのかもしれません」
2着 オリオンオンサイト 芹沢純一騎手
「ゴール前で急にバタッと止まってしまった。気を抜いた、というよりはバテてしまった感じなのかな?」
3着 フィールドミューズ 橋本美純騎手
「こういう馬場は苦手みたいなので、外を回りました。手応えはあったのですが・・・前半の位置取りの差でしょう」、母サンディフォルス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は5戦1勝となった。
中山3Rの3歳未勝利(ダート1800m)は、1番人気ホットビスティー(勝浦正樹騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒3。
レース後のコメント
1着 ホットビスティー 大江原助手
「まだ2戦目であれだけの不利を受けたら普通ならやめてしまうのでしょうが、相当根性がありますね。もともと能力は高いと期待していた馬ですから」
ホットビスティーは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父キングヘイロー、母タカノビューティー(母の父シンボリルドルフ)。通算成績は2戦1勝となった。
中山4Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気マイネルグラシュー(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2。
レース後のコメント
1着 マイネルグラシュー 古賀慎明調教師
「体重も気性もひ弱いところがあったんですが、ようやく良くなってきたのが、今

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する