新馬 (サ3才) 阪神 6R 2007/03/18 のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1400M
開催
第01回 阪神08日目
コース
阪神ダート・右1400M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
6 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混)[指]
頭数
15
発走時刻
13:00
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
勝ちタイム:1.25.1
平均ペース
-8 (60-68)
前半5F:
59.7
後半3F:
37.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 54.0 1.25.1 37.3 -------3--2 1 1.9 クロフネ / ドラムメロディー 栗) 加用正  466 14 8
02 岩田康誠 54.0 1.26.4 37.5 -------8--7 4 6.3 ブライアンズタイム / キャタラクト 栗) 大久保龍 464 12 7
03 小林徹弥 56.0 1.27.7 39.4 -------6--4 5 14.1 キャプテンスティーヴ / レディステラ 美) 土田稔  448 3 2
04 安部幸夫 54.0 1.27.9 40.3 -------1--1 6 22.6 スクワートルスクワート / スキッフル 栗) 池江泰寿 460 1 1
05 アタマ 太宰啓介 56.0 1.27.9 40.2 -------2--2 2 5.7 サクラバクシンオー / バイリンガル 栗) 松永幹夫 512 6 4
06 3/4 武幸四郎 56.0 1.28.0 40.1 -------3--4 3 6.2 フレンチデピュティ / キャサリーンパー 栗) 石坂正  498 8 5
07 秋山真一 56.0 1.28.2 39.5 -------7--8 7 27.9 マリエンバード / クリスマスウィーク 栗) 池江泰寿 498 5 3
08 21/2 武英智 54.0 1.28.6 39.2 ------11--9 14 368.2 スクワートルスクワート / エンドレスチャント 栗) 武宏平  488 13 7
09 小池隆生 56.0 1.29.8 39.8 ------14-14 11 176.6 スキャン / アヤノフェロー 栗) 橋口弘次 516 10 6
10 21/2 田中健 51.0 1.30.2 42.1 -------3--6 8 49.7 タニノギムレット / ワンオブアクライン 栗) 浅見秀一 452 2 2
11 3/4 小坂忠士 54.0 1.30.4 40.6 ------12-11 15 388.8 ラムタラ / グットラズベリー 栗) 境直行  396 7 4
12 池添謙一 54.0 1.31.6 41.5 ------15-14 9 61.6 ニューイングランド / プリンセスイサヤ 栗) 服部利之 444 9 5
13 渡辺薫彦 54.0 1.32.3 42.6 ------12-12 12 208.3 マンハッタンカフェ / マイカグラ 栗) 湯窪幸雄 386 15 8
14 佐久間寛 54.0 1.33.0 43.5 -------8-12 13 230.9 タイキシャトル / ウィーンコンサート 栗) 鹿戸明  460 11 6
15 下原理 54.0 1.34.0 44.7 -------8-10 10 160.0 アドマイヤベガ / ハシルユタカヒメ 栗) 清水出美 472 4 3
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 1.9 枠連 7-8 (2人) 5.5 複勝 14番(1人)
12番(2人)
3番(5人)
1.1
1.6
2.8
ワイド 12-14(1人)
3-14(4人)
3-12(10人)
2.5
4.4
9.2
3連複 3-12-14 (4人) 17.5 馬連 12-14 (1人) 4.9
3連単 馬単 14-12 (1人) 7.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


阪神6Rの3歳新馬戦(ダート1400m)は1番人気ホワイトメロディー(安藤勝己騎手)が好位追走から直線抜け出し、4番人気ペルルノワールに8馬身差をつけて圧勝。勝ちタイムは1分25秒1(良)。3着に5番人気シルクアンセム。
ホワイトメロディーは栗東・加用正厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母ドラムメロディー(母の父Seeking the Gold)。
-レース後のコメント-
1着 ホワイトメロディー(安藤勝騎手)
「稽古に乗った時からいい動きでした。ただスタートして物見して、直線でも1頭になった時にフワッとソラを使っていました。まだ余裕がありますし、距離が延びても大丈夫でしょう」
(加用師)
「外枠で、内を見ながら競馬出来たのが良かったですね。スピードがありますし、芝の対応は可能だと思います」
5着 カノープス(太宰騎手)
「プレッシャーを掛けられながらのレースでしたね。スピードがありますし、体に余裕もあるので、まだ上積みの余地はありそうです」てくるでしょう」ムませんでした」
4着 ノンキ(赤木騎手)
「3コーナーで前の馬が1頭下がってきて、そこで少しこっちも下がってしまいました。乗りやすくて、直線もよく伸びていますよ」
5着 プライムナンバー(菊沢騎手)
「1回使って馬がその気になってるから、馬群に入れて抑えながらの競馬でした」とかなりそうだよ」梶[ 田中博康騎手
「トビの大きな馬なので、自分のリズムで走らせようと考えてました。遅い流れでも折り合ったし、このメンバーでは力が一枚上ですね。現状ではダート向き。上のクラスでも楽しめそうですよ」
トウカイカントリーは美浦・後藤由之厩舎の3歳牡馬で、父ティンバーカントリー、母トウカイミラー(母の父トウカイテイオー)。通算成績は6戦1勝となった。
中京4Rの3歳未勝利(牝馬・

予想動画
関連記事
関連つぶやき