フジテレビ賞スプリングステークス(2007/03/18) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
第02回 中山 08日目
11 R
芝・右1800M
晴  
GⅡ
サ3才(混) 牡・牝 (指) / 馬齢
第56 回 フジテレビ賞スプリングステークス
11 頭
15:35発走
本賞金) 5,400 - 2,200 - 1,400 - 810 - 540 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
5
内枠好走:
9
勝タイム:
1.49.0
前半5F:
59.9
後半3F:
36.7
ペース:平均
48 (18+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 1.49.0 35.8 -9-10-11-10 1 2.3 Rahy / Roza Robata 美) 藤沢和雄 502 -4 1 1
02 3/4 後藤浩輝 56.0 1.49.1 36.7 -2--2--2--2 3 5.2 ゼンノエルシド / エイシンアイノウタ 美) 国枝栄  504 -4 11 8
03 1/2 蛯名正義 56.0 1.49.2 36.6 -3--3--3--4 6 17.3 Fusaichi Pegasus / Catalina 美) 久保田貴 472 +8 6 6
04 13/4 勝浦正樹 56.0 1.49.5 37.2 -1--1--1--1 7 22.9 エアジハード / ユメシバイ 美) 杉浦宏昭 504 +2 5 5
05 クビ 木幡初広 56.0 1.49.5 36.8 -4--4--6--4 10 110.5 グラスワンダー / ランニングヒロイン 美) 鹿戸雄一 468 +2 3 3
06 1/2 田中勝春 56.0 1.49.6 36.8 -9--9--6--7 5 16.4 Stormy Atlantic / Daunserly 美) 柴崎勇  474 -4 9 7
07 クビ 四位洋文 56.0 1.49.7 36.7 11-11--9-10 8 41.4 メジロライアン / スマイルホープ 栗) 南井克巳 484 -2 7 6
08 ハナ 松岡正海 56.0 1.49.7 36.7 -8--8--9--7 4 6.8 テンビー / プラントオジジアン 美) 斎藤誠  474 +4 2 2
09 3/4 柴田善臣 56.0 1.49.8 37.3 -4--4--3--2 2 3.8 Touch Gold / Dolly Talbo 栗) 白井寿昭 496 -2 8 7
10 江田照男 56.0 1.50.6 37.8 -4--7--6--7 11 143.7 フジキセキ / ヒシシルバーメイド 美) 奥平雅士 488 -10 4 4
11 中舘英二 56.0 1.51.8 39.2 -4--4--3--4 9 49.1 ブライアンズタイム / ファーザ 地) 川島正行 506 +4 10 8
単勝 1番 (1人) 2.3 枠連 1-8 (2人) 5.5 複勝 1番(1人)
11番(4人)
6番(6人)
1.2
1.8
3.2
ワイド 1-11(3人)
1-6(6人)
6-11(16人)
2.8
5.8
11.3
3連複 1-6-11 (7人) 23.2 馬連 1-11 (2人) 6.4
3連単 1-11-6 (22人) 82.5 馬単 1-11 (3人) 11.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 フライングアップル(横山典騎手)
「スタートの時に周りを気にして出がよくありませんでした。スタートが良ければ前に行こうと思っていましたが、後方からのレースに。外を回りたくなかったのでインコースを突きましたが、うまく内が空いてくれました。実戦で初めて切れる脚を使ってくれました」
2着 マイネルシーガル(後藤騎手)
「少頭数の外枠で、外を回らされるのが嫌だったし、ペースは速くならなそうで、先行との指示もあったので前に行きました。うまく折り合いもついていたのですが、勝った馬の切れ味が一枚上でした」
3着 エーシンピーシー(蛯名騎手)
「よく頑張っています。直線で一瞬モタモタしましたが、そこからまた差を詰めていますからね。ジワジワとスピードアップしていく馬なので、広い東京コースの方がスムースにレースが出来そうです。初めて強いメンバーと対戦してこれだけやれるのだから素質がありそう。これから楽しみです」
8着 サンツェッペリン(松岡騎手)
「幾分急仕上げのところもありましたし、行かせれば前に行けたのですが、無理せずに後方から進めました。今回はステップレースとして、1回使って変わってくるだろうし、本番でまた頑張ります」
9着 フェラーリピサ(柴田善騎手)
「イレ込みすぎて馬がパニックになってしまっていた」
11着 フリオーソ(中舘騎手)
「芝の走りは悪くないが、器用さがないね。暖かくなってくればもっとやれるのでは」受けたら普通ならやめてしまうのでしょうが、相当根性がありますね。もともと能力は高いと期待していた馬ですから」
ホットビスティーは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父キングヘイロー、母タカノビューティー(母の父シンボリルドルフ)。通算成績は2戦1勝となった。
中山4Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気マイネルグラシュー(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒2。
レース後のコメント
1着 マイネルグラシュー 古賀慎明調教師
「体重も気性もひ弱いところがあったんですが、ようやく良くなってきたのが、今日のレースに結びついていますね。体調とレースがつながるタイプなんですね」
マイネルグラシューは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父メジロライアン、母ノーブルエターナル(母の父アフリート)。通算成績は8戦1勝となった。@12番エムオーウイナー(小牧太騎手)
「ペースが速くなくて、あんなにスンナリ行けるとは思いませんでした。2番手で手応えもあったのですが、最後は止まってしまいました。やはりGIですね。これからもっと力をつけてくれると思います」
8着 1番シーイズトウショウ(池添謙一騎手)
「いいスタートを切れたし、最後も止まってないんだけど……。馬場かな」
10着 13番タ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する