未勝利 (サ3才) 中山 3R 2007/03/18 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第02回 中山08日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
3 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混)[指]
頭数
16
発走時刻
11:00
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.58.4
平均ペース
19 (37-18)
前半5F:
1.05.3
後半3F:
40.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 松岡正海 56.0 1.58.4 40.2 -1--1--1--1 4 8.6 マンハッタンカフェ / ヴェルサーチ 美) 萩原清  488 +4 6 3
02 31/2 吉田隼人 56.0 1.59.0 40.5 -5--5--4--5 1 2.5 タイキシャーロック / アルファジェット 美) 小島茂之 472 +6 14 7
03 21/2 四位洋文 56.0 1.59.4 40.8 -8--7--6--5 3 6.6 コマンダーインチーフ / オールディーズ 美) 尾形充弘 442 +6 15 8
04 クビ 横山典弘 56.0 1.59.5 41.1 -3--3--3--2 2 5.9 カリズマティック / メイプルダンス 美) 二ノ宮敬 492 -4 10 5
05 石神深一 56.0 2.00.0 41.1 11-11--7--7 10 33.6 ドリームウェル / バニラエッセンス 美) 大和田稔 462 -2 9 5
06 1/2 小林淳一 56.0 2.00.1 41.1 13-13--7--7 12 103.7 クロコルージュ / メイデイアリー 美) 清水英克 460 -4 5 3
07 13/4 柴山雄一 56.0 2.00.4 41.0 11-11-12--9 14 214.2 タニノギムレット / メジロラモーヌ 美) 高木登  448 +4 7 4
08 11/2 北村宏司 54.0 2.00.6 42.3 -2--2--2--2 6 10.1 French Deputy / Going to Extremes 栗) 松永幹夫 512 +2 8 4
09 クビ 田辺裕信 56.0 2.00.7 41.5 -6--7-11--9 16 689.8 クリスタルレコード / チェロキーサザンカ 美) 高橋祥泰 450 -8 4 2
10 11/4 吉田豊 56.0 2.00.9 41.3 13-14-13-12 9 30.5 Pulpit / Arcadiana 栗) 森秀行  484 -4 13 7
11 31/2 柴田善臣 56.0 2.01.5 43.0 -3--3--4--4 5 9.0 アグネスタキオン / トコア 美) 鹿戸雄一 468 1 1
12 中舘英二 56.0 2.02.0 42.1 15-15-14-14 7 15.5 スペシャルウィーク / デザートクィーン 美) 佐藤吉勝 492 -10 16 8
13 クビ 鈴来直人 56.0 2.02.1 43.1 -6--6--7--9 15 459.3 カリスタグローリ / モミジホープ 美) 平井雄二 464 -6 2 1
14 蛯名正義 56.0 2.02.8 43.0 -9--9-14-15 11 63.3 オジジアン / ジュディペアレ 美) 中野渡清 468 +4 3 2
15 後藤浩輝 54.0 2.03.1 44.1 -9--9--7-12 13 145.7 ジャングルポケット / イフアイソーデザイア 美) 佐藤全弘 424 +2 11 6
田中勝春 56.0 - - ----------- 8 - クロフネ / フラワーフェア 美) 鈴木伸尋 454 0 12 6
~払い戻し~
単勝 6番 (4人) 8.6 枠連 3-7 (4人) 10.6 複勝 6番(4人)
14番(1人)
15番(3人)
2.2
1.4
1.8
ワイド 6-14(3人)
6-15(10人)
14-15(1人)
3.8
8.8
3.1
3連複 6-14-15 (2人) 20.0 馬連 6-14 (3人) 10.6
3連単 馬単 6-14 (7人) 27.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント

レース後のコメント-
1着 シーソング(蛯名騎手)
「2戦目で少しずつ慣れてきてはいるんですが、気難しいところのある馬ですね。スタートも遅れましたが、いや、よく届いてくれました」
中山3Rの3歳未勝利戦(ダート1800m)は4番人気ロックザキャスバ(松岡正海騎手)の逃げ切り勝ち。
ロックザキャスバは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ヴェルサーチ(母の父Gulch)。通算3戦1勝となった。
-レース後のコメント-
1着 ロックザキャスバ(松岡騎手)
「ハナに行くか、殿から行くか、どちらかだと思っていましたが、うまくスタートを切ったのでハナに行きました。精神的にまだそういうところがあります。ダートは合うと思っていましたから、楽しみにしていたんです。能力は高い馬ですね。やはり距離はあった方がレースをしやすいですね」
中山5Rの3歳未勝利戦(芝2200m)は後方から徐々に進出した1番人気マイネルファヴール(柴山雄一騎手)が直線抜け出し、8戦目で待望の初勝利を挙げた。
マイネルファヴールは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牡馬で、父アフリート、母マイネカトリーヌ(母の父トニービン)。
-レース後のコメント-
1着 マイネルファヴール(柴山騎手)
「道中、抜群の手応えでしたね。やはり芝と、このくらいの距離が合っていますね。向正面で横山典騎手の馬が内にいたので出さないようにしようと思っていたのですが、手応えが良すぎて早めにスパートする形になってしまいました。長い間いい脚が使えるので、上に行っても楽しみですね」ォ。上のクラスでも楽しめそうですよ」
トウカイカントリーは美浦・後藤由之厩舎の3歳牡馬で、父ティンバーカントリー、母トウカイミラー(母の父トウカイテイオー)。通算成績は6戦1勝となった。
中京4Rの3歳未勝利(牝馬・芝2000m)は、1番人気ランペイア(鮫島良太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒2。
レース後のコメント
1着 ランペイア 鮫島良太騎手
「前を見ながら終始楽な手応え。外に出してからはスムーズに行けたし、抜け出してからも楽。力が違いましたね」
ランペイアは栗東・松田国英厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母スマラ(母の父Antheus)。通算成績は2戦1勝となった。
中京5Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気イイデレインジャー(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。
レース後のコメント
1着 イイデレインジャー 松田大作騎手
「初めて乗ったので状態についてはわかりませんが精神的には落ち着いていました。ただ、まだまだ気性的に子供で先頭に立った途端、レースを止めようとしたり。その分、まだ上積みも大きいし、上のクラスのキツい流れの方がレースはしやすいかもしれません」
イイデレインジャーは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母ダイナドレスデン(母の父ア

予想動画
関連記事
関連つぶやき