沈丁花賞(2007/03/11) のレース情報

基本情報
中京ダート・左1700M
開催
第01回 中京04日目
コース
中京ダート・左1700M
クラス
500万特別(馬齢
レースNO
9 R
天候馬場
晴 重
条件
サ3才(混)(特)
頭数
11
発走時刻
14:15
本賞金(万
1,000 - 400 - 250 - 150 - 100
レース名
沈丁花賞 
コース・ラップ
平均ペース
直線 410.7 M
勝ちタイム:1.45.0
平均ペース
-31 (7-38)
前半5F:
1.01.8
後半3F:
37.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 河北通 56.0 1.45.0 37.0 -7--5--3--2 1 1.8 サクラローレル / ムゲン 栗) 小野幸治 504 -8 2 2
02 田嶋翔 56.0 1.45.3 37.5 -1--1--1--1 8 46.6 フサイチコンコルド / ヒシタエコ 栗) 小島貞博 516 0 6 6
03 1/2 スボリッ 56.0 1.45.4 37.5 -2--2--2--2 4 11.3 Dynaformer / Balancoire 美) 武藤善則 500 -4 4 4
04 31/2 太宰啓介 56.0 1.46.0 37.4 10-10--6--6 3 11.0 サフロンウォルデン / ニュートラディション 栗) 野村彰彦 448 -2 10 8
05 13/4 幸英明 56.0 1.46.3 38.1 -7--8--4--4 2 3.3 フジキセキ / アリーズデライト 栗) 野中賢二 480 -2 11 8
06 野元昭嘉 56.0 1.46.6 38.3 -5--5--4--4 9 57.3 Arch / Grand Prix 栗) 山内研二 508 0 9 7
07 田辺裕信 56.0 1.47.3 38.4 -7--8--8--8 11 121.5 カリズマティック / クインウッド 美) 柴崎勇  484 -4 7 6
08 菊沢隆徳 56.0 1.47.6 38.6 10-11-10--9 5 15.1 Yes It's True / Raspberry Affair 美) 国枝栄  514 +2 3 3
09 田中克典 56.0 1.47.9 39.0 -5--5--8-10 7 34.2 アメリカンボス / ビックダイヤモンド 栗) 安田伊佐 440 +2 8 7
10 ハナ 古川吉洋 56.0 1.47.9 39.2 -2--3--6--6 10 64.0 エイシンダンカーク / ハウンドトゥース 栗) 宮本博  514 +4 5 5
11 11/4 高橋亮 56.0 1.48.1 39.1 -2--3-10-11 6 25.8 ハンセル / コートリーブレーヴ 栗) 高橋隆  456 -8 1 1
~払い戻し~
単勝 2番 (1人) 1.8 枠連 2-6 (11人) 27.1 複勝 2番(1人)
6番(9人)
4番(3人)
1.2
6.5
2.2
ワイド 2-6(9人)
2-4(2人)
4-6(29人)
8.5
3.3
32.3
3連複 2-4-6 (22人) 72.0 馬連 2-6 (11人) 36.3
3連単 2-6-4 (95人) 323.4 馬単 2-6 (14人) 40.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 2番ロングプライド(河北通騎手)
「スタートでモッサリするのはわかっていたので、あせらず後方から。行きたがる気性で少し引っ掛かり気味にはなりましたが、よく伸びてくれました。とにかく能力の高さを感じる馬。距離も問題なさそうだし、これから楽しみです」
2着 6番ヒシカツリーダー(田嶋翔騎手)
「周りを気にする馬なので、先行するよう指示があってハナへ。今日は横に馬が来てもしっかりしていたし、よく粘っている。もうワンパンチほしいところなんだけど、この馬としてはよく頑張っていると思います」
3着 4番ジャイアントラック(A.スボリッチ騎手)
「スローな流れなので早めに2番手に上がっていったんだが、今日は勝った馬が強かった。若さが抜けてきてる感じだし、距離はもう少し長い2000mぐらいがいいかもしれない」
5着 11番サバスデイ(幸英明騎手)
「4コーナーまではいい感じで行ってたんですが、そこからのもうひと伸びがありませんでした。まだ2戦目だし、これからですね」/>5着 4番マヤノリバティ(赤木高太郎騎手)
「馬場の悪いところを避けて外を追い上げたんですが、追い出してからノメってしまって。もう少しいい馬場でやりたかったですね」驍ニ思うよ」泣pートがそれぞれ入線。
ヤマカツブライアンは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母ヤマカツスズラン(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ヤマカツブライアン 池添謙一騎手
「走りますが、今日は力みながら行きたがって走っていました。それでもこれだけ走るのだから素質はすばらしいものを持っています。まだ後肢がパンとしていないので、もっとパンとしてくればさらに走ってきそうです」
2着 エノク 岩田康誠騎手
「スタートはそれなりに出ていますが、二の脚が足りませんね。最後はすり抜けるような感じで伸びてきました。道中は動くことができませんでしたから

予想動画
関連記事
関連つぶやき