1勝 (サ3才) 中山 7R 2007/03/10 のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
第02回 中山 05日目
7 R
芝・右2000M
晴  
1勝クラス
サ3才(混)(特) / 馬齢
13 頭
13:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
ペース平均:
7
内枠好走:
7
勝タイム:
2.01.7
前半5F:
1.01.9
後半3F:
35.0
ペース:平均
-43 (-72+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 56.0 2.01.7 34.7 -6--5--5--4 6 20.0 アグネスタキオン / オークミード 美) 粕谷昌央 470 -2 8 6
02 クビ 柴田善臣 56.0 2.01.7 34.9 -2--2--2--1 1 2.8 フジキセキ / ナイストレビアン 美) 二ノ宮敬 468 -6 6 5
03 北村宏司 56.0 2.02.2 34.9 10-10-10-10 8 28.4 グラスワンダー / キミホウセキ 美) 畠山重則 502 +2 10 7
04 1/2 後藤浩輝 56.0 2.02.3 35.2 -6--7--7--6 2 3.4 ダンスインザダーク / ハナノメガミ 美) 国枝栄  480 -10 13 8
05 クビ 松岡正海 56.0 2.02.4 35.5 -4--4--2--3 5 14.2 アグネスタキオン / コープランズナニー 美) 松山康久 456 -8 9 6
06 アタマ 武士沢友 56.0 2.02.4 34.7 12-12-12-11 7 28.4 パラダイスクリーク / エビスオトメ 美) 菅原泰夫 434 -2 4 4
07 11/4 柴山雄一 56.0 2.02.6 35.5 -8--8--7--6 11 232.3 グラスワンダー / エレガントウィロー 美) 松山将樹 478 0 11 7
08 クビ 津村明秀 56.0 2.02.6 35.1 10-10-11-11 9 40.4 メジロライアン / ベルエポック 美) 柄崎孝  464 +4 1 1
09 13/4 五十嵐雄 56.0 2.02.9 35.7 -8--8--9--9 12 271.2 サツカーボーイ / サンシャインバレイ 美) 藤原辰雄 436 0 7 5
10 内田博幸 56.0 2.03.8 37.1 -1--1--1--2 3 4.1 メジロマックイーン / ダイイチアピール 美) 田中剛  482 0 3 3
11 11/4 塚田祥雄 55.0 2.04.0 37.0 -4--5--5--6 10 226.2 アドマイヤベガ / レディアイスキューブス 美) 伊藤正徳 482 -8 5 4
12 田中勝春 56.0 2.04.8 38.0 -3--3--2--4 4 7.9 Montjeu / Night After Night 美) 藤沢和雄 496 +4 12 8
13 高山太郎 54.0 2.05.5 37.6 13-13-13-13 13 509.9 ティンバーカントリー / ミングリンググランセス 美) 佐藤全弘 438 +2 2 2
単勝 8番 (6人) 20.0 枠連 5-6 (5人) 10.2 複勝 8番(6人)
6番(1人)
10番(7人)
4.7
1.5
5.6
ワイド 6-8(10人)
8-10(29人)
6-10(18人)
8.7
29.3
13.6
3連複 6-8-10 (48人) 161.9 馬連 6-8 (10人) 21.4
3連単 馬単 8-6 (28人) 69.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山7Rの3歳500万下(芝2000m)は6番人気エフティイカロス(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7。クビ差の2着に1番人気ゴールデンダリアが、3馬身差の3着に8番人気マイネルブリアーがそれぞれ入線。
エフティイカロスは美浦・矢野進厩舎の3歳牡馬で、父アグネスタキオン、母オークミード(母の父トニービン)。通算成績は5戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 エフティイカロス 蛯名正義騎手
「デビュー戦は距離、前走は道悪と敗因はハッキリしていたんですよ。いいものをもっている馬で、厩舎も大事にしている馬。競馬も上手ですし、ぜひダービーに出したいですね。期待しています」
2着 ゴールデンダリア 柴田善臣騎手
「馬に気持ちが入ってきて、レースがだんだん上手になってきたよ」なだめて終いを伸ばすレースとの指示で、理想的なレースだったのですが、相手が一枚上でしたね。競馬がしやすいし、テン乗りでもひっかかるようなこともありませんでした。本番でまた頑張ります」
4着 プリティダンス 松岡正海騎手
「返し馬でとても気持ちが前向きだったので、大事に乗りました。権利が取れればよかったのですが、先々も楽しみな馬ですよ」すね」驍ニ思うよ」泣pートがそれぞれ入線。
ヤマカツブライアンは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母ヤマカツスズラン(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ヤマカツブライアン 池添謙一騎手
「走りますが、今日は力みながら

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する