雪割草特別(2007/03/04) のレース情報

基本情報
阪神芝・右1400M
芝・右1400M
晴  
1勝クラス特別   サ3才(混)(特) / 馬齢
雪割草特別
16 頭
14:35発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
image
直線 356.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.22.3
前半5F:
58.2
後半3F:
35.7
ペース:平均
16 (25-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 秋山真一 54.0 1.22.3 35.6 -------2--2 5 13.1 キングヘイロー / リボンストロベリー 栗) 佐々木晶 432 +6 16 8
02 1/2 長谷川浩 54.0 1.22.4 35.8 -------1--1 6 26.3 フジキセキ / ロビースレインボウ 栗) 中尾秀正 454 -12 7 4
03 安藤勝己 56.0 1.22.6 35.8 -------3--3 1 1.8 Diktat / With Fervour 栗) 矢作芳人 488 0 10 5
04 11/2 鮫島良太 56.0 1.22.8 36.0 -------5--5 4 7.5 コマンダーインチーフ / エリモチャンプ 栗) 鹿戸明  468 -6 13 7
05 3/4 酒井学 54.0 1.22.9 36.1 -------3--3 12 91.5 ニホンピロニール / ニホンピロダンス 栗) 服部利之 446 -4 1 1
06 1/2 角田晃一 56.0 1.23.0 35.8 -------9-12 7 35.9 ジョリーズヘイロー / エブロスタイセイ 栗) 湯窪幸雄 502 +6 5 3
07 クビ 古川吉洋 56.0 1.23.0 35.9 -------9--6 10 63.1 マイネルラヴ / ビンゴハナコ 美) 畠山重則 486 -2 3 2
08 アタマ 石橋守 56.0 1.23.0 35.6 ------13-12 8 44.5 スウェプトオーヴァーボード / バスティーユ 栗) 松永昌博 424 -6 14 7
09 クビ 小牧太 54.0 1.23.1 34.6 ------15-15 9 46.4 マーベラスサンデー / アジヤタイリン 栗) 境直行  486 -2 6 3
10 生野賢一 54.0 1.23.3 36.2 -------5--6 14 277.7 オース / トーワラノビア 栗) 佐山優  410 -6 4 2
11 11/4 小林徹弥 54.0 1.23.5 36.2 ------11-12 11 63.6 ディアブロ / アークロイヤル 栗) 作田誠二 476 -10 8 4
12 クビ 須貝尚介 56.0 1.23.5 36.3 ------14--6 16 287.2 アルカング / ハイエストビッド 栗) 須貝彦三 486 +2 15 8
13 21/2 向山牧 54.0 1.23.9 35.1 ------16-16 15 281.8 オリオンザサンクス / メドゥーサ 地) 森山英雄 466 -3 2 1
14 クビ 四位洋文 54.0 1.24.0 37.0 -------5--6 2 6.2 アグネスタキオン / スキーパラダイス 栗) 藤岡健一 470 -6 12 6
15 クビ 福永祐一 56.0 1.24.0 36.8 ------11-11 3 7.2 Monarchos / Watchfull 栗) 中竹和也 472 -4 9 5
16 13/4 小池隆生 54.0 1.24.3 37.4 -------5--6 13 112.1 フレンチデピュティ / テンザンミラー 栗) 河内洋  430 -6 11 6
単勝 16番 (5人) 13.1 枠連 4-8 (16人) 55.6 複勝 16番(5人)
7番(7人)
10番(1人)
2.8
4.8
1.2
ワイド 7-16(23人)
10-16(4人)
7-10(5人)
22.1
4.2
5.9
3連複 7-10-16 (10人) 40.0 馬連 7-16 (22人) 87.6
3連単 16-7-10 (134人) 455.4 馬単 16-7 (38人) 166.3
該当なし
レース後のコメント


阪神9Rの雪割草特別(3歳500万下・芝1400m)は道中2番手を追走した5番人気キングスベリー(秋山真一郎騎手)が、直線の追い比べから、逃げ粘る6番人気エイシンイチリンをゴール前1/2馬身競り落として優勝。勝ちタイムは1分22秒3(良)。1馬身差3着に1番人気ウィズディクタット。
キングスベリーは栗東・佐々木晶厩舎の3歳牝馬で、父キングヘイロー、母リボンストロベリー(母の父デインヒル)。通算5戦2勝。
-レース後のコメント-
1着 キングスベリー(秋山騎手)
「前走のレースを見て、行かせすぎると距離がもたないと思ってジワッと行かせました。いつも冷静に騎乗しているつもりなんですが、最後は思わず声が出てしまいました。よく頑張ってくれました。いい時に乗せてもらいました」
2着 エイシンイチリン(長谷川騎手)
「もうひと踏ん張りでしたね。並ばれてからもしぶとく頑張っていたのですが…。無理せず前に行くスピードがあるし、へんにためるタイプではないようです」
3着 ウィズディクタット(安藤勝騎手)
「いい感じで行けたのですが、4コーナーでもたついてスピードに乗れませんでした。その分の差でしょう」でしょうか? うまく抜けて走っていました」
3着 オーガストバイオ(小牧騎手)
「惜しかったですね。いつでも勝てるというくらいだったのですが…。いい馬ですよ」
5着 タイキエニグマ(福永騎手)
「早めに抜け出したらソラを使うので、うまくドンピシャのタイミングでレースをしたのですが…。何だかモサモサした感じでしたね。疲れがあるのでしょうか」
6着 スナークファルコン(秋山騎手)
「これくらいの距離の方がレースがしやすいですね。でも直線に向いてからは前の馬に離される一方でした」
8着 スズジャパン(向山騎手)
「やっぱり速い流れでもっと短い距離の方が合っていると思います」
10着 エンシェントヒル(生野騎手)
「3コーナーで団子になってきついなぁと思いました。この馬なりには頑張っているのですが、この馬には辛い流れになりました。行って持ち味を消すわけにはいきませんからね」に結びついていますね。体調とレースがつな

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する