1勝 (サ3才) 阪神 6R 2007/03/03 のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1800M
第01回 阪神 03日目
6 R
ダート・右1800M
曇  
1勝クラス   サ3才(混)(特) / 馬齢
8 頭
13:00発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.54.7
前半5F:
1.04.7
後半3F:
37.7
ペース:平均
-45 (-27-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 デムーロ 56.0 1.54.7 37.7 -1--1--1--1 3 3.6 チーフベアハート / パシアン 栗) 川村禎彦 514 0 2 2
02 31/2 岩田康誠 56.0 1.55.3 38.1 -2--2--2--2 4 9.2 Forest Wildcat / Ever Hopeful 栗) 清水出美 516 -2 6 6
03 3/4 スボリッ 56.0 1.55.4 38.1 -3--3--2--2 1 2.3 クロフネ / ケープリズバーン 栗) 池江泰郎 530 -2 8 8
04 藤岡佑介 54.0 1.55.6 38.2 -3--3--4--4 2 3.5 カリズマティック / テンザンユタカ 栗) 松永昌博 460 +2 1 1
05 小坂忠士 56.0 1.55.9 38.4 -5--5--4--5 8 140.7 メジロライアン / スノーエトワール 栗) 境直行  464 +2 3 3
06 21/2 菊地昇吾 56.0 1.56.3 38.3 -8--8--8--6 7 49.4 テイエムオペラオー / テイエムスコール 栗) 木原一良 478 +2 5 5
07 クビ 川島信二 56.0 1.56.3 38.6 -7--7--6--6 6 33.6 ニューイングランド / ローランウィスパー 美) 水野貴広 454 -2 4 4
08 長谷川浩 54.0 1.57.6 39.6 -5--6--6--8 5 12.7 マリエンバード / ブライトリー 栗) 中尾秀正 504 -4 7 7
単勝 2番 (3人) 3.6 枠連 0-0 (人) 0.0 複勝 2番(1人)
6番(4人)
8番(2人)
1.2
1.8
1.3
ワイド 2-6(4人)
2-8(1人)
6-8(5人)
2.8
1.8
3.1
3連複 2-6-8 (2人) 7.1 馬連 2-6 (4人) 9.6
3連単 馬単 2-6 (7人) 15.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神6Rの3歳500万下(ダート1800m)は3番人気トーホウレーサー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒7。3馬身半差の2着に4番人気ロフティマウンテンが、3/4馬身差の3着に1番人気ケープポルトがそれぞれ入線。
トーホウレーサーは栗東・川村禎彦厩舎の3歳牡馬で、父チーフベアハート、母パシアン(母の父サクラユタカオー)。通算成績は7戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 トーホウレーサー M.デムーロ騎手
「ハナにこだわる必要はないと言われていたのですが、テンのスピードが速く、ハナに立つ形になりました。最後は1頭だけになってしまったせいか、止まりかけていました」
阪神7Rの3歳500万下(ダート1200m)は10番人気マジックボンバー(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒7。1馬身差の2着に1番人気スリープレスナイトが、クビ差の3着に3番人気ロードクルーザーがそれぞれ入線。
マジックボンバーは栗東・境直行厩舎の3歳牡馬で、父タイキシャトル、母ドリームスピカ(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は5戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 マジックボンバー 小牧太騎手
「攻め馬は良かったんですよ。スタートしてすぐに砂を被って嫌がっていたので、ダートは駄目かと思いましたが、外に出したら平気でした。ダートは合いますね」 />「早めに抜け出したらソラを使うので、うまくドンピシャのタイミングでレースをしたのですが…。何だかモサモサした感じでしたね。疲れがあるのでしょうか」
6着 スナークファルコン(秋山騎手)
「これくらいの距離の方がレースがしやすいですね。でも直線に向いてからは前の馬に離される一方でした」
8着 スズジャパン(向山騎手)
「やっぱり速い流れでもっと短い距離の方が合っていると思います」
10着 エンシェントヒル(生野騎手)
「3コーナーで団子になってきついなぁと思いました。この馬なりには頑張っているのですが、この馬には辛い流れになりました。行って持ち味を消すわけにはいきませんからね」に結びついていますね。体調とレースがつながるタイプなんですね」
マイネルグラシューは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父メジロライアン、母ノーブルエターナル(母の父アフリート)。通算成績は8戦1勝となった。@12番エムオーウイナー(小牧太騎手)
「ペースが速くなくて、あんなにスンナリ行けるとは思いませんでした。2番手で手応えもあったのですが、最後は止まってしまいました。やはりGIですね。これからもっと力をつけてくれると思います」
8着 1番シーイズトウショウ(池添謙一

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する