阪急杯(2007/02/25) のレース情報

基本情報
阪神芝・右1400M
開催
第01回 阪神02日目
コース
阪神芝・右1400M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)(指)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 51 回
本賞金(万
2,850 - 2,850 - 1,000 - 620 - 410
レース名
阪急杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 356.5 M
勝ちタイム:1.20.5
平均ペース
9 (18-9)
前半5F:
57.0
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 58.0 1.20.5 34.3 -------5--6 3 5.0 マヤノトップガン / ビーサイレント 美) 萩原清  484 0 1 1
01 同着 幸英明 56.0 1.20.5 34.4 -------5--4 4 9.6 Victory Gallop / Eishin Georgia 栗) 小崎憲  460 +2 5 3
03 ハナ 武豊 57.0 1.20.5 33.9 ------12-13 2 3.8 サンデーサイレンス / ローズオブスズカ 栗) 橋田満  462 +2 3 2
04 11/4 ペリエ 55.0 1.20.7 34.3 -------9--9 1 3.0 Fuji Kiseki / Keltshaan 美) 堀宣行  480 -2 7 4
05 3/4 柴山雄一 57.0 1.20.8 34.5 -------8--6 5 9.7 Grand Lodge / Valixa 美) 畠山吉宏 530 +2 15 8
06 1/2 本田優 56.0 1.20.9 35.2 -------1--1 7 21.1 ブライアンズタイム / ニシノフラワー 美) 奥平雅士 494 +8 6 3
07 3/4 安部幸夫 56.0 1.21.0 35.2 -------2--2 8 21.4 ロドリゴデトリアーノ / ユウサンポリッシュ 栗) 矢作芳人 476 +4 12 6
08 ハナ 川田将雅 56.0 1.21.0 34.6 ------10--9 14 233.0 エリシオ / ケイティーズファースト 美) 二ノ宮敬 476 -12 9 5
09 1/2 デムーロ 56.0 1.21.1 34.2 ------15-15 6 12.4 エルコンドルパサー / バプティスタ 栗) 鈴木孝志 452 +6 2 1
10 クビ 須貝尚介 56.0 1.21.1 35.2 -------3--2 11 129.8 ウォーニング / タニノメール 栗) 須貝彦三 504 0 13 7
11 クビ 武幸四郎 56.0 1.21.1 34.5 ------12-11 9 37.2 Green Desert / Anniegetyourgun 美) 畠山重則 498 -6 8 4
12 クビ スボリッ 57.0 1.21.2 34.5 ------14-13 15 282.9 マイネルラヴ / シビルスイート 栗) 中村均  490 -4 10 5
13 11/4 長谷川浩 56.0 1.21.4 34.9 ------10-11 13 156.3 フジキセキ / フライングカラーズ 栗) 増本豊  532 -2 11 6
14 21/2 熊沢重文 56.0 1.21.8 34.9 ------15-15 16 319.0 ブライアンズタイム / ジャズキャット 栗) 山内研二 498 +4 4 2
15 3/4 四位洋文 56.0 1.21.9 35.9 -------4--4 12 147.8 エンドスウィープ / ブライダルスイート 栗) 角居勝彦 472 -2 14 7
16 21/2 岩田康誠 57.0 1.22.3 36.1 -------5--6 10 94.2 サクラバクシンオー / オギブルービーナス 栗) 武宏平  454 -6 16 8
~払い戻し~
単勝 1番 (3人)
5番 (3人)
2.7
4.5
枠連 1-3 (4人) 10.5 複勝 1番(3人)
5番(4人)
3番(2人)
1.7
2.1
1.6
ワイド 1-5(6人)
1-3(3人)
3-5(5人)
5.5
4.1
5.3
3連複 1-3-5 (3人) 17.2 馬連 1-5 (8人) 15.8
3連単 1-5-3 (33人)
5-1-3 (39人)
64.4
69.6
馬単 1-5 (13人)
5-1 (16人)
17.0
19.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着同着 プリサイスマシーン(安藤勝騎手)
「スタートして行き脚がついたのですが、下げてスムースさを欠いてしまいました。ゴール前は交わせるだろうと思ったのですが、相手がなかなかしぶといですね。状態は平行線という感じで、今日はそれなりに伸びていました。今日は次の1200mのレースを考えてゲートを出して行きました。あれぐらい行ければ1200mでもいいレースが出来ると思います」
1着同着 エイシンドーバー(幸騎手)
「態勢が不利かなぁと思ったのですが、馬が首を下げた瞬間がゴールでしたね。先生(湯浅師)が中央最後の重賞だったので勝てて良かったです。1400mでもいいレースが出来て新しい面が出てきました。スピードは1200mでも対応できそうな感じですが、これはトレーナーの方が決めることですね。とにかく今日は馬と先生の執念ですね。負けなくて良かったですよ」
(湯浅師)
「いやぁ、こういうこともあるんだねぇ。僕が写真を見たら3着に見えたけどね(笑)」
3着 スズカフェニックス(武豊騎手)
「惜しかったね。あと一完歩だったんだけどね。(4角で)外に振られた分、届かなかったかな。でもやっぱり走るね。馬は絶好調だったよ」
4着 キンシャサノキセキ(ペリエ騎手)
「スタートして向正面で引っ掛かったよ。でも制御はできていたよ。ただ前の馬が下がってきて外に振られる不利があったんだ。最後は思ったほど切れなかったけど、聞いていたほど気難しい馬じゃなかったね」
5着 シンボリグラン(柴山騎手)
「4コーナーでは反応してくれたけど、今日はそこまでの脚しかなかったですね。次はその点を考えて乗らないといけないですね。でも以前より競馬はしやすくなっていますよ」てからは前の馬に離される一方でした」
8着 スズジャパン(向山騎手)
「やっぱり速い流れでもっと短い距離の方が合っていると思います」
10着 エンシェントヒル(生野騎手)
「3コーナーで団子になってきついなぁと思いました。この馬なりには頑張っているのですが、この馬には辛い流れになりました。行って持ち味を消すわけにはいきませんからね」に結びついていますね。体調とレースがつながるタイプなんですね」
マイネルグラシューは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父メジロライアン、母ノーブルエターナル(母の父アフリート)。通算成績は8戦1勝となった。@12番エムオーウイナー(小牧太騎手)
「ペースが速くなくて、あんなにスンナリ行けるとは思いませんでした。2番手で手応えもあったのですが、最後は止まってしまいました。やはりGIですね。これからもっと力をつけてくれると思います」
8着 1番シーイズトウショウ(池添謙一騎手)
「いいスタートを切れたし、最後も止まってないんだけど……。馬場かな」
10着 13番タマモホットプレイ(渡辺薫彦騎手)
「馬場のせいでまったくハミを取らず、おっつけ通しだった」
11着 5番ディバインシルバー(穂苅寿彦騎手)
「最後まで止まらずによく頑張っています。自分のレースはできました」
12着 7番スピニングノアール(福永祐一騎手)
「ある程度の位置について行った分、終いが甘くなってしまった。ソロッと行っ

予想動画
関連記事
関連つぶやき