新馬 (サ3才) 阪神 5R 2007/02/25 のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1800M
ダート・右1800M
晴  
新馬   サ3才(混)[指] / 馬齢
12 頭
12:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
予想
コース・ラップ
スローペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.56.5
前半5F:
1.05.9
後半3F:
37.6
ペース:スロー
-80 (-62-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 56.0 1.56.5 37.6 -1--1--1--1 1 1.5 フジキセキ / アリーズデライト 栗) 野中賢二 482 7 6
02 本田優 56.0 1.57.5 38.5 -5--6--2--2 3 6.1 マーベラスサンデー / サーリバー 栗) 昆貢   502 11 8
03 21/2 川田将雅 56.0 1.57.9 37.9 -8--9--9--8 4 13.1 メイショウオウドウ / ブラスティーナ 栗) 清水久詞 470 2 2
04 クビ 安藤勝己 54.0 1.58.0 38.0 10-10--9--8 5 17.5 Montjeu / Dunshara 栗) 森秀行  430 1 1
05 21/2 上野翔 53.0 1.58.4 39.2 -4--4--3--3 10 94.4 Mutakddim / Erin's Lady 栗) 白井寿昭 466 5 5
06 1/2 デムーロ 54.0 1.58.5 38.9 -8--8--6--6 8 60.7 ティンバーカントリー / ロングバージン 栗) 飯田雄三 488 3 3
07 北村友一 53.0 1.59.0 39.4 -2--2--6--6 2 5.9 オペラハウス / レディーウインク 栗) 安田隆行 502 8 6
08 クビ 藤岡佑介 56.0 1.59.0 39.7 -5--4--4--4 11 97.0 アフリート / リリーズブーケ 栗) 藤岡健一 420 6 5
09 渡辺薫彦 56.0 1.59.8 40.0 -7--6--8--8 7 43.1 ナリタトップロード / カクテルリコ 栗) 沖芳夫  472 4 4
10 ハナ スボリッ 56.0 1.59.8 40.6 -2--2--4--4 6 24.0 Fusaichi Pegasus / Flying in the Lane 栗) 森秀行  504 9 7
11 31/2 岩田康誠 54.0 2.00.4 40.1 11-11-11-11 9 69.0 ドリームスプレッド / オトボケ 栗) 田中章博 462 10 7
12 大差 安部幸夫 56.0 2.02.5 42.2 12-12-11-12 12 268.6 バブルガムフェロー / タニアトウショウ 栗) 橋本寿正 466 12 8
単勝 7番 (1人) 1.5 枠連 6-8 (1人) 3.3 複勝 7番(1人)
11番(3人)
2番(4人)
1.1
1.7
2.2
ワイド 7-11(2人)
2-7(3人)
2-11(9人)
2.6
3.2
7.0
3連複 2-7-11 (4人) 14.2 馬連 7-11 (2人) 5.1
3連単 馬単 7-11 (2人) 6.4
該当なし
レース後のコメント


阪神5Rの3歳新馬戦(ダート1800m)はスタートから先手を奪った1番人気サバスデイ(幸英明騎手)が後続に6馬身差をつけて圧勝。勝ちタイムは1分56秒5(良)。2着に3番人気ジュウクンサンダー、3着に4番人気ベイリングボーイが入った。
サバスデイは栗東・松元省一厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母アリーズデライト(母の父Alydar)。半兄にクワイエットデイ。
-レース後のコメント-
1着 サバスデイ(幸騎手)
「調教通りの結果です。2番手からの競馬でいいと思っていたのですが、内にいた馬が暴れていたのでハナに行く形になりました。最初のコーナーは外に張っていましたが、後はスムースに走ってくれました。最後まで伸びてくれていい結果でした。兄(クワイエットデイ)以上の期待をしています」
2着 ジュウクンサンダー(本田騎手)
「捲くった分の2着です。後ろからは来ませんでしたからね」
3着 ベイリングボーイ(川田騎手)
「怖かった。1コーナー手前で砂を被って馬がパニックになってしまいました。一瞬、故障したかと思うくらいの動きでした。勝負どころからはようやく動く気になりました。若い面が解消してくれば」
4着 トップモンジュー(安藤勝騎手)
「砂を被って全然競馬になっていませんでした。集中していないけれどセンスはある馬です。変わってきますよ」ト追走に手間取っていた。決して楽ではなかったですね。やはりバリバリのオープンに混じると余裕がなかった。これから強いメンバーに揉まれていって力をつけてくれればいいと思う」
7着 マルカシェンク(福永騎手)
「ベストポジションでレースが出来たので、あれで伸びなかったのはおかしい。調子も良かったし、返し馬も良かった。もう気分転換が必要だね。休ませた方がいいよ」
12着 メイショウオウテ(小牧騎手)
「今日は道中グンと来るところがなかった。もう少し長い距離をゆったりと走らせた方がいいのかもね」
16着 インティライミ(柴田善騎手)
「向正面でいい感じで走っていたけど、3コーナーでもう手応えがなくなってしまった。もう少し間隔を開けた方がいいのかな。こんな馬じゃないんだけどね…」p厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母スマラ(母の父Antheus)。通算成績は2戦1勝となった。
中京5Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気イイデレインジャー(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。
レース後のコメント
1着 イイデレインジャー 松田大作騎手

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する