中山記念(2007/02/25) のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
開催
第02回 中山02日目
コース
中山芝・右1800M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)[指]
頭数
16
発走時刻
15:35
回次
第 81 回
本賞金(万
6,400 - 2,600 - 1,600 - 960 - 640
レース名
中山記念 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.47.2
平均ペース
43 (13+30)
前半5F:
59.5
後半3F:
36.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 後藤浩輝 58.0 1.47.2 36.0 -1--1--1--1 6 17.0 Singspiel / カーリング 美) 伊藤正徳 496 +4 2 1
02 11/4 横山典弘 58.0 1.47.4 34.9 16-14-12-12 3 4.8 サンデーサイレンス / エアデジャヴー 美) 伊藤正徳 480 -2 9 5
03 クビ 蛯名正義 57.0 1.47.4 34.5 14-16-16-16 5 8.8 ダンスインザダーク / スーパーリヴリア 美) 相沢郁  512 -4 12 6
04 クビ 田中勝春 57.0 1.47.5 35.9 -3--3--2--2 1 3.8 ホワイトマズル / ファビラスターン 美) 加藤征弘 490 0 15 8
05 松岡正海 57.0 1.47.7 35.5 -8-10--8--7 7 21.8 サンデーサイレンス / アンブロジン 栗) 池江泰郎 470 +6 6 3
06 3/4 中舘英二 57.0 1.47.8 35.6 -8--8--8--7 10 25.5 フレンチデピュティ / ポピーデイ 栗) 石坂正  508 -2 1 1
07 ハナ 福永祐一 56.0 1.47.8 35.9 -3--5--6--5 4 6.8 サンデーサイレンス / シェンク 栗) 河内洋  498 -6 4 2
08 アタマ 田中剛 57.0 1.47.8 36.1 -7--6--5--5 15 276.3 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 美) 小島太  496 +12 10 5
09 11/4 村田一誠 57.0 1.48.0 35.5 13-13-12-12 13 183.1 エンドスウィープ / フレンドレイ 栗) 松田博資 452 -2 8 4
10 3/4 北村宏司 57.0 1.48.1 35.8 -8-10-11-11 9 23.5 サンデーサイレンス / ウインドインハーヘア 栗) 池江泰郎 502 +2 11 6
11 1/2 吉田豊 56.0 1.48.2 36.6 -3--3--2--3 11 60.8 アドマイヤベガ / スパークトウショウ 美) 大久保洋 488 +4 3 2
12 ハナ 小牧太 57.0 1.48.2 35.5 14-14-15-14 8 21.9 サンデーサイレンス / メイショウサブリナ 栗) 梅田智之 454 0 5 3
13 21/2 上村洋行 57.0 1.48.6 36.4 -8--8--8--7 12 95.6 サンデーサイレンス / ツィンクルブライド 栗) 橋口弘次 518 -4 16 8
14 アタマ 塚田祥雄 56.0 1.48.6 36.0 -8-12-12-14 14 201.9 タヤスツヨシ / ノースハッピー 栗) 領家政蔵 474 -1 14 7
15 1/2 武士沢友 57.0 1.48.7 37.1 -2--2--2--3 16 390.9 サニーブライアン / エステーローザ 美) 笹倉武久 520 +6 13 7
16 1/2 柴田善臣 57.0 1.48.8 36.8 -6--6--7--7 2 4.0 スペシャルウィーク / アンデスレディー 栗) 佐々木晶 470 +2 7 4
~払い戻し~
単勝 2番 (6人) 17.0 枠連 1-5 (14人) 21.1 複勝 2番(6人)
9番(2人)
12番(5人)
3.5
1.8
2.7
ワイド 2-9(11人)
2-12(20人)
9-12(7人)
9.7
15.5
6.9
3連複 2-9-12 (23人) 72.6 馬連 2-9 (10人) 30.2
3連単 2-9-12 (187人) 551.1 馬単 2-9 (29人) 76.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ローエングリン(後藤騎手)
「今日はチャンスをもらえて嬉しかった。この馬のことがずっと好きでした。乗ったときはいつも一生懸命に乗ってきて、今日は先生に恩返しができました」
(伊藤正師)
「馬が落ち着いてきたのでスタートがうまくなってきていた。色々な騎手が乗ってくれて抑える競馬を教えてくれたことも大きい。8歳だがまだまだこれからの馬だと思います。今日は義兄(伊藤雄二師)の引退レースで餞をしないといけないのに、私が勝ってしまって申し訳ない気持ち。400勝とか、2着も自厩舎の馬とか、色々なことが複雑になってしまってなかなか気持ちの整理ができない状況です。次は馬の様子を見ながら決めます」
2着 エアシェイディ(横山典騎手)
「しょうがないですね」
(伊藤正師)
「レース振りが安定してきましたし、今日はローエングリンのペースで自分の競馬をしての2着。届きませんでしたが、もう少しで勝てるところまで来ていると思います」
3着 ダンスインザモア(蛯名騎手)
「ゲートの中でうるさかったし、あれじゃまともに出るわけないよ。脚をためているから最後来てるのは来てるけど、中山の1800m、うまく立ち回りたいというのはあった。最後はいい脚で来ているだけに残念だった」
4着 シャドウゲイト(田中勝騎手)
「今日は今までと違って追走に手間取っていた。決して楽ではなかったですね。やはりバリバリのオープンに混じると余裕がなかった。これから強いメンバーに揉まれていって力をつけてくれればいいと思う」
7着 マルカシェンク(福永騎手)
「ベストポジションでレースが出来たので、あれで伸びなかったのはおかしい。調子も良かったし、返し馬も良かった。もう気分転換が必要だね。休ませた方がいいよ」
12着 メイショウオウテ(小牧騎手)
「今日は道中グンと来るところがなかった。もう少し長い距離をゆったりと走らせた方がいいのかもね」
16着 インティライミ(柴田善騎手)
「向正面でいい感じで走っていたけど、3コーナーでもう手応えがなくなってしまった。もう少し間隔を開けた方がいいのかな。こんな馬じゃないんだけどね…」p厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母スマラ(母の父Antheus)。通算成績は2戦1勝となった。
中京5Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気イイデレインジャー(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。
レース後のコメント
1着 イイデレインジャー 松田大作騎手
「初めて乗ったので状態についてはわかりませんが精神的には落ち着いていました。ただ、まだまだ気性的に子供で先頭に立った途端、レースを止めようとしたり。その分、まだ上積みも大きいし、上のクラスのキツい流れの方がレースはしやすいかもしれません」
イイデレインジャーは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母ダイナドレスデン(母の父アスワン)。通算成績は9戦1勝となった。が、1コーナーで2頭に被されて、下げざるを得なかった。やはり中団で運びたかった。流れが予想以上に落ち着いてしまった。馬にかわいそうなことをしました」
9着 17番ヴィクトリー(田中勝春騎手)
「まさかゲートを出ないとは思わなかったよ。2コーナーで脚を使ったぶん折り合いに注意して行ったが、直線に向いたら手応えはなかった」
11着 1番タスカータソルテ(武豊騎手)
「いい感じで直線を向くまで行ったが、この馬には馬場が硬い感じがする」
14着 5番トーセンマーチ(内田博幸騎手)
「スタートは良く、外から来られたので4-5番手に下げて競馬をしました。キャリアも浅いので、使っていけばいい競馬ができると思います」
16着 9番ヒラボクロイヤル(大久保龍志調教師)
「気性がまだ少し幼いですね。青葉賞は激しいレースで、馬もやる気を出していたのですが、今日は落ち着いた流れになってしまい、馬に燃えるところがありませんでした。最後は自分から走るのをやめてしまいました」
17着 2番ゴールドアグリ(勝浦正樹騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき