淀ジャンプステークス(2007/02/10) のレース情報

基本情報
京都芝→ダート3790M
第02回 京都 05日目
8 R
芝→ダート3790M
オープン特別   障4上(混) / 別定
淀ジャンプステークス
14 頭
14:00発走
本賞金) 1,800 - 720 - 450 - 270 - 180 (万
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北沢伸也 59.0 4.15.0 - -5--5--4--4 5 13.7 フォーティナイナー / アドマイヤラピス 栗) 橋田満  458 +2 14 8
02 3/4 林満明 59.0 4.15.1 - -2--2--1--1 8 29.4 オペラハウス / スリーケープ 栗) 村山明  476 -4 5 4
03 1/2 五十嵐雄 60.0 4.15.2 - -5--3--3--3 1 2.3 マチカネフクキタル / ダンスジニー 美) 藤原辰雄 456 -4 13 8
04 熊沢重文 61.0 4.15.7 - -7--7--5--5 2 2.8 ダンスインザダーク / ノコナ 栗) 長浜博之 514 +12 9 6
05 高田潤 60.0 4.15.9 - -1--1--2--2 10 82.2 マーベラスサンデー / アンサースター 栗) 須貝彦三 508 +2 2 2
06 白浜雄造 60.0 4.16.2 - 11-10--7--7 4 11.5 アサティス / タニノセブンツー 栗) 大根田裕 510 -2 7 5
07 13/4 西谷誠 60.0 4.16.5 - -3--3--5--6 3 9.5 ブライアンズタイム / フアーストラブ 美) 中島敏文 484 -4 1 1
08 大差 植野貴也 59.0 4.18.7 - 12-12-11-10 14 319.8 ブラックタイアフェアー / ソヴリナトウショウ 美) 阿部新生 468 -2 11 7
09 宇田登志 59.0 4.18.9 - -8--9--9--8 12 209.1 カコイーシーズ / ノムラスキー 栗) 鮫島一歩 500 -2 3 3
10 今村康成 62.0 4.19.1 - -8--8--8--8 6 16.8 ラムタラ / タニノビッグネーム 栗) 松田国英 494 +4 10 6
11 仲田雅興 60.0 4.20.2 - 10-10-10-11 9 41.2 サンデーサイレンス / グランドクロス 美) 清水利章 480 +6 6 4
12 大差 石山繁 60.0 4.23.9 - 13-13-13-12 13 278.0 バブルガムフェロー / スリードーター 美) 戸田博文 476 -16 12 7
13 大差 金折知則 58.0 4.25.6 - 14-14-14-12 11 133.4 オース / ウエスタンバスター 美) 平井雄二 396 -16 4 3
14 大差 小坂忠士 60.0 4.29.1 - -4--6-12-14 7 22.2 ブライアンズタイム / シリネラカツヒメ 栗) 武宏平  456 -8 8 5
単勝 14番 (5人) 13.7 枠連 4-8 (7人) 22.3 複勝 14番(6人)
5番(7人)
13番(1人)
3.3
4.2
1.3
ワイド 5-14(23人)
13-14(7人)
5-13(16人)
20.0
7.0
14.7
3連複 5-13-14 (33人) 111.0 馬連 5-14 (29人) 111.6
3連単 馬単 14-5 (51人) 211.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 アドマイヤホープ 北沢伸也騎手
「いつも早めに手応えがなくなってしまい、そこから踏ん張ってくれるのですが、今日は最後まで手応え十分でした。こんなことは初めてかもしれませんね。馬の後ろといったキツイ位置でも飛越は大丈夫で自在性のある馬なのですが、2-4着続きでしたからね。勝てて良かったです」
4着 アグネスハット 熊沢重文騎手
「バテてはいないのですが、すっとした脚がありません。どこかでそういった脚を使えれば違うんですけどね」ワせん」
6着 オリエントチャーム 幸英明騎手
「スタートで後ろにもたれてしまいました」「イヤがっていた訳ではないけど、前半は全く走ってくれなかった。外へ出してからやっと走る気を出してくれた。前も止まっていたしね・・・」
東京5Rの3歳未勝利(芝1800m)は1番人気ゴールデンダリア(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒9。
勝ったゴールデンダリアは、父フジキセキ、母ナイ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する