吉野ケ里特別(2007/02/04) のレース情報

基本情報
小倉芝・右1800M
第01回 小倉 06日目
11 R
芝・右1800M
晴  
2勝クラス特別
サ4上(混)[指] / ハンデ
吉野ケ里特別
16 頭
15:25発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
ハイペース
直線 293 M
ペース平均:
29
内枠好走:
7
勝タイム:
1.47.8
前半5F:
59.3
後半3F:
36.7
ペース:ハイ
68 (38+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 船曳文士 54.0 1.47.8 36.2 -6--7--6--5 10 21.3 トウカイテイオー / ダイイチコパン 美) 松山将樹 486 0 12 6
02 1/2 岩部純二 54.0 1.47.9 36.2 -8--8--6--6 2 5.8 ジェネラス / ピーチブルーム 美) 和田正道 498 -6 13 7
03 アタマ 藤岡佑介 54.0 1.47.9 36.5 -4--4--3--2 6 9.7 マイネルラヴ / ピアラプソディ 栗) 加藤敬二 428 0 14 7
04 クビ 中舘英二 56.0 1.48.0 35.7 16-16-14-15 4 7.4 Silver Charm / ノーヴェルインカウンター 栗) 加用正  528 +8 11 6
05 11/2 芹沢純一 53.0 1.48.2 36.2 13-11-10--6 9 19.6 サンデーサイレンス / ローマンスズカ2 栗) 橋田満  424 -4 6 3
06 アタマ スボリッ 56.0 1.48.2 37.1 -2--2--1--1 3 6.2 サンデーサイレンス / レディオブチャド 栗) 森秀行  512 0 8 4
07 1/2 太宰啓介 55.0 1.48.3 36.3 11-11-10-11 1 5.7 ジェネラス / カリビアンロッチ 栗) 梅内忍  460 0 4 2
08 11/4 大野拓弥 51.0 1.48.5 36.9 -4--4--6-11 7 13.0 マーベラスサンデー / グローリアスレディ 美) 松永康利 436 -6 7 4
09 ハナ 赤木高太 52.0 1.48.5 36.3 15-15-14-11 11 22.4 スピニングワールド / トウカイシャネル 栗) 松元省一 466 +2 10 5
10 クビ 幸英明 55.0 1.48.5 36.3 14-14-14-11 13 31.6 スピニングワールド / ノーリターン 栗) 西浦勝一 448 -4 3 2
11 11/4 小林徹弥 52.0 1.48.7 36.7 -8--8-10-15 16 73.7 エルコンドルパサー / マサコチャン 栗) 高橋成忠 450 +2 1 1
12 クビ 小原義之 52.0 1.48.7 37.3 -2--3--3--2 12 29.7 タマモクロス / モーリフェアリー 栗) 小原伊佐 478 -10 9 5
13 13/4 菊沢隆徳 54.0 1.49.0 37.1 11-11-10--8 5 7.8 サンデーサイレンス / アネーロ 栗) 作田誠二 442 -12 15 8
14 1/2 川島信二 52.0 1.49.1 37.4 -8--8--6--8 14 56.5 マーベラスサンデー / シゲルルション 栗) 坪憲章  494 +2 2 1
15 21/2 塚田祥雄 51.0 1.49.5 38.0 -6--4--3--8 8 19.0 サンデーサイレンス / ディナータイム 栗) 平田修  460 +14 16 8
16 11/2 西田雄一 54.0 1.49.7 38.6 -1--1--2--2 15 58.9 スペシャルウィーク / アイレスバリーヒル 栗) 中尾正  480 -2 5 3
単勝 12番 (10人) 21.3 枠連 6-7 (2人) 9.0 複勝 12番(9人)
13番(1人)
14番(5人)
5.0
2.3
2.8
ワイド 12-13(27人)
12-14(34人)
13-14(2人)
22.0
25.1
8.5
3連複 12-13-14 (36人) 135.9 馬連 12-13 (29人) 73.5
3連単 12-13-14 (254人) 910.5 馬単 12-13 (71人) 174.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


小倉11Rの吉野ヶ里特別(4歳上1000万下・ハンデ・芝1800m)は10番人気マイネルバシリコス(船曳文士騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8。半馬身差の2着に2番人気ヤナギムシが、アタマ差の3着に6番人気ピースオブラヴがそれぞれ入線。
マイネルバシリコスは栗東・加用正厩舎の4歳牡馬で、父トウカイテイオー、母ダイイチコパン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は16戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 マイネルバジリコス 船曳文士騎手
「前走後ろから行って伸びなかったので今日は前々での競馬をしました。直線は内がいい感じにあいてくれましたね。強くなっていますよ」
2着 ヤナギムシ 岩部純二騎手
「スタートであまり出て行かなかったので、無理はしないで外目のいいところを通って行きました。直線で勝ち馬に出し抜けをくったよう感じでしたが、最後の不利が痛かったです」ナ頭を上げていましたから。それでもいいスピードがあるし、スタート地点の芝がどうかと思っていましたが大丈夫でしたしね。勝った馬が強すぎました」。やはり勝ち馬にその分、目標にされてしまいましたね。クロフネでパワーがありますし、まだ上積みがありそうですし、走りますよ」チとしてしまった。そこから立て直すロスがあった。あれがなければ2着はあったと思う。何とか賞金を加算したかったが・・・」
4着 アンバージャック 松岡正美騎手
「ハミを一度も噛まず、道中はずっと追っつけどおしだった。ハンデ云々ではなく、休み明けで中身がまだ重かったのかも。走る馬だし、一度使って変わってくると思う」
5着 サチノスイーティー 吉田隼人騎手
「行く馬が多かったので脚を溜めようと思った。いいスタートが切れたが、他馬に来られて少し窮屈になってしまった」<

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する