立春賞(2007/02/03) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
開催
第01回 東京03日目
コース
東京芝・左1800M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
15:05
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
立春賞 
コース・ラップ
スローペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.47.6
スローペース
-63 (-93+30)
前半5F:
1.01.5
後半3F:
34.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 57.0 1.47.6 32.9 ---13-11--8 1 2.8 サンデーサイレンス / ブレッシング 美) 藤沢和雄 506 +4 1 1
02 11/2 後藤浩輝 56.0 1.47.8 33.8 ----3--3--3 4 6.9 チーフベアハート / タカラカンナ 美) 国枝栄  488 -2 12 7
03 津村明秀 57.0 1.48.0 33.5 ----7--7--6 6 15.9 キングヘイロー / ロイヤルクロス 美) 鈴木伸尋 476 0 10 6
04 1/2 北村宏司 56.0 1.48.1 33.2 ----9--9-10 2 4.1 タイキシャトル / エアインセンス 美) 河野通文 518 +8 3 3
05 クビ 松岡正海 56.0 1.48.1 34.0 ----2--3--3 7 18.5 フジキセキ / セキサンシラオキ 栗) 坂口正則 518 -8 4 3
06 クビ 田中勝春 57.0 1.48.2 33.9 ----5--5--5 5 13.4 オペラハウス / トウシヨウアロー 美) 天間昭一 460 +2 6 4
07 クビ 勝浦正樹 55.0 1.48.2 33.1 ---11-13-12 10 39.7 マヤノトップガン / キングアンドアイ 美) 菊川正達 428 -2 7 5
08 11/2 武士沢友 55.0 1.48.4 34.0 ----5--6--6 11 131.4 サンデーサイレンス / フサイチエイブル 美) 伊藤正徳 468 -2 13 8
09 ハナ 石橋脩 57.0 1.48.4 34.6 ----1--2--2 14 283.1 ブライアンズタイム / ザリーナ 美) 杉浦宏昭 492 +4 8 5
10 1/2 内田博幸 55.0 1.48.5 33.9 ----9--7--8 3 5.6 カーネギー / ジャッキーマックス 美) 堀宣行  438 +12 11 7
11 クビ 吉田豊 54.0 1.48.5 33.3 ---11-11-12 8 19.0 アドマイヤベガ / ケイティーズファースト 美) 大久保洋 434 +4 5 4
12 吉田隼人 55.0 1.49.0 34.1 ----8--9-10 9 25.3 エリシオ / アフターザサン 美) 後藤由之 438 -6 9 6
13 1/2 浜野谷憲 57.0 1.49.1 35.5 ----3--1--1 13 263.5 ダンシングブレーヴ / カズノシラオキ 美) 武藤善則 466 +8 14 8
14 31/2 江田照男 57.0 1.49.7 34.3 ---14-14-14 12 223.4 アドマイヤベガ / シンデレラロード 美) 田中清隆 524 0 2 2
~払い戻し~
単勝 1番 (1人) 2.8 枠連 1-7 (3人) 5.8 複勝 1番(1人)
12番(3人)
10番(6人)
1.5
2.1
3.4
ワイド 1-12(2人)
1-10(11人)
10-12(21人)
4.5
8.8
13.7
3連複 1-10-12 (19人) 52.8 馬連 1-12 (4人) 12.2
3連単 1-12-10 (41人) 190.5 馬単 1-12 (3人) 19.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ピサノパテック(藤沢師)
「いや、今日は本当に別馬でしたね。ようやく走る気持ちになったのですかね。やはり稽古をあれだけしっかりやった分、良かったんじゃないですか」
2着 マイネルキッツ(後藤騎手)
「いや、完璧なレースをしたつもりです。この馬、決して切れるタイプじゃないんで、初めから出して行ったんですが、いい流れになってくれて、この馬もそれなりに最後弾けてはいるんです。でも勝った馬の脚は上のクラスのものですね」
3着 ウインクルセイド(津村騎手)
「だいぶ雰囲気が大人になりました。馬群に入れて折り合いましたし、4コーナーまでうまく行ったんです。後は馬が来ると怒るので、それを利用して追ったんですが、ちょっと窮屈になって残念でした。もう少し際どくなったと思うんですが…」のいいところを通って行きました。直線で勝ち馬に出し抜けをくったよう感じでしたが、最後の不利が痛かったです」ナ頭を上げていましたから。それでもいいスピードがあるし、スタート地点の芝がどうかと思っていましたが大丈夫でしたしね。勝った馬が強すぎました」。やはり勝ち馬にその分、目標にされてしまいましたね。クロフネでパワーがありますし、まだ上積みがありそうですし、走りますよ」チとしてしまった。そこから立て直すロスがあった。あれがなければ2着はあったと思う。何とか賞金を加算したかったが・・・」
4着 アンバージャック 松岡正美騎手
「ハミを一度も噛まず、道中はずっと追っつけどおしだった。ハンデ云々ではなく、休み明けで中身がまだ重かったのかも。走る

予想動画
関連記事
関連つぶやき