新馬 (サ3才) 京都 6R 2007/01/27 のレース情報

基本情報
京都芝・右1400M
第02回 京都 01日目
6 R
芝・右1400M
晴  
新馬   サ3才(混)[指] / 馬齢
16 頭
13:00発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
image
直線 328 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.23.0
前半5F:
59.3
後半3F:
35.5
ペース:平均
-13 (-4-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 四位洋文 56.0 1.23.0 34.9 -------5--5 1 2.8 ヘクタープロテクター / ヤマニンジュエリー 栗) 浅見秀一 492 2 1
02 11/2 田島裕和 56.0 1.23.2 35.7 -------1--1 14 205.6 ロイヤルスズカ / スプライトスズカ 栗) 藤沢則雄 422 1 1
03 11/4 秋山真一 56.0 1.23.4 34.4 -------7--8 6 9.8 アグネスタキオン / アグネスチーアフル 栗) 藤岡健一 488 3 2
04 11/2 岩田康誠 56.0 1.23.6 33.8 ------13-13 4 7.8 ボストンハーバー / エリモエクセル 栗) 加藤敬二 510 11 6
05 3/4 川田将雅 56.0 1.23.7 34.9 -------6--6 3 6.9 アドマイヤベガ / サーストンフラッグ 美) 杉浦宏昭 544 7 4
06 1/2 上村洋行 56.0 1.23.8 34.9 -------7--7 7 25.7 デザートストーリー / サンエムエンプレス 栗) 佐藤正雄 468 4 2
07 13/4 河北通 56.0 1.24.1 34.9 -------9--8 10 64.4 スペシャルウィーク / ロングフルムーン 栗) 小野幸治 438 15 8
08 11/4 南井大志 56.0 1.24.3 34.8 ------12-10 16 267.3 グラスワンダー / エーケーダンサー 栗) 五十嵐忠 440 12 6
09 13/4 服部剛史 56.0 1.24.6 35.2 ------10-10 11 106.2 ボストンハーバー / ハイパーバイオ 美) 牧光二  476 14 7
10 11/2 太宰啓介 54.0 1.24.8 37.3 -------2--2 13 147.1 スウェプトオーヴァーボード / エイシンララミー 栗) 吉岡八郎 432 5 3
11 11/4 幸英明 54.0 1.25.0 37.1 -------3--3 15 243.0 オペラハウス / レイオブライト 栗) 服部利之 424 16 8
12 3/4 福永祐一 56.0 1.25.1 35.6 ------10-12 5 9.8 アグネスタキオン / エルスルール 栗) 長浜博之 466 13 7
13 11/2 川原正一 54.0 1.25.3 35.2 ------14-14 8 35.7 タニノギムレット / ペリドット 栗) 福島信晴 430 8 4
14 小牧太 56.0 1.26.4 38.5 -------3--4 2 3.6 タイキシャトル / ディジーハイツ 栗) 藤沢則雄 474 6 3
15 10 小原義之 56.0 1.28.0 37.4 ------15-15 12 143.1 メジロライアン / エンジェルマインド 栗) 小原伊佐 490 9 5
16 大差 熊沢重文 56.0 1.34.5 41.8 ------16-16 9 62.1 クロフネ / ハイフレンドコード 栗) 大根田裕 528 10 5
単勝 2番 (1人) 2.8 枠連 1-1 (30人) 246.3 複勝 2番(1人)
1番(15人)
3番(5人)
1.6
37.3
2.6
ワイド 1-2(35人)
2-3(5人)
1-3(66人)
47.8
6.1
106.5
3連複 1-2-3 (94人) 403.6 馬連 1-2 (41人) 203.5
3連単 馬単 2-1 (70人) 330.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都6Rの3歳新馬戦(芝1400m)は、1番人気ヤマニンエクレール(四位洋文騎手)が優勝。勝ちタイムは1分23秒0。1馬身半差の2着に14番人気スズカロングラン、1馬身1/4差の3着には6番人気アグネストカチがそれぞれ入線。
ヤマニンエクレールは栗東・浅見秀一厩舎所属の3歳牡馬で、父ヘクタープロテクター/母ヤマニンジュエリー(母の父Nijinsky)という血統。
-レース後のコメント-
1着 ヤマニンエクレール(四位洋文騎手)
「練習段階からゲートは速くなかったけど、本番でも案の定。1400mがどうかと思ったし、荒れた馬場に脚をとられてたけど、最後はしっかりしてました。楽しみな馬ですよ」
2着 スズカロングラン(田島裕和騎手)
「逃げて結果が出たけど、周囲を気にしていたので控えた時にどうかですね」
3着 アグネストカチ(秋山真一郎騎手)
「まだまだ余裕がありそう。それでも最後は来ていたし、使っていけばと思います」ゥったですね。もう少し決め手があればちょっと我慢して何とかなりそうなんですが・・・」
3着 プライドイズハート(伊藤伸一調教師)
「センスがないんですかねー。スタートさえ普通に出ればいいんですが・・・。距離もマイルくらいのほうが合ってるようですね。芝でも行けると思いますが、ダートの方が確実なような気がします」
4着 ヤエノアカハチ(後藤浩輝騎手)
「ダートは思ったよりいいですね。ただ、スピードの絶対値がない分、変なところでエンジンがかかってチグハグになってしまうんですね」せようと思っていましたが、ペースも速くないし、直線はもしかしたらと思いましたよ。1600mでも抑えが利きますよ」
10着 クラウンプリンセス 蛯名正義騎手
「伸びそうな感じで伸びなかったね。坂上で止まった。体が減ったのが影響しているのかもしれない。で

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する