平安ステークス(2007/01/21) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
開催
第01回 京都07日目
コース
京都ダート・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(国)(指)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 14 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
平安ステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.51.0
平均ペース
-38 (-20-18)
前半5F:
1.02.2
後半3F:
36.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 石橋守 56.0 1.51.0 35.1 15-15-15-13 9 18.7 マヤノトップガン / ルナースフィア 栗) 武田博  440 +10 2 1
02 アタマ 安藤勝己 56.0 1.51.0 35.6 12-12-12--9 3 7.4 ヘネシー / リアルサファイヤ 栗) 音無秀孝 486 +14 12 6
03 11/4 菊沢隆徳 56.0 1.51.2 36.6 -3--4--3--3 8 15.6 ヘクタープロテクター / ジェラート 美) 奥平雅士 522 0 13 7
04 アタマ 福永祐一 56.0 1.51.2 36.8 -8--8--2--1 13 41.6 Rubiano / Certain Secret 美) 清水美波 522 +12 16 8
05 1/2 武豊 57.0 1.51.3 36.5 -6--6--5--5 5 11.3 アフリート / スカーレットレディ 栗) 石坂正  482 +6 15 8
06 クビ ルメール 56.0 1.51.3 35.6 13-13-13-13 1 3.2 クロコルージュ / メジロレーマー 栗) 西園正都 500 +2 6 3
07 クビ 秋山真一 56.0 1.51.4 37.0 -1--1--1--2 6 12.9 El Condor Pasa / Eishin Bridle 栗) 中尾秀正 514 +6 3 2
08 11/4 川田将雅 55.0 1.51.6 36.4 -8--8-10--9 4 10.1 キャプテンスティーヴ / ゴールデンマザー 栗) 領家政蔵 512 +8 10 5
09 クビ 池添謙一 55.0 1.51.6 36.4 11-11-10--9 2 5.4 フジキセキ / タガノダイヤモンド 栗) 池添兼雄 474 0 11 6
10 1/2 生野賢一 54.0 1.51.7 35.8 16-15-15-16 10 20.1 エンドスウィープ / アズテックヒル 栗) 松元茂樹 480 -8 4 2
11 3/4 和田竜二 57.0 1.51.8 37.2 -3--2--3--3 11 31.5 フォーティナイナー / クールアライヴァル 栗) 岩元市三 544 +11 1 1
12 クビ 幸英明 56.0 1.51.9 36.9 -8--8--8--7 14 69.9 エンドスウィープ / ミラニスタ 栗) 領家政蔵 514 +8 14 7
13 1/2 加藤和義 56.0 1.52.0 36.4 13-13-13-13 16 87.2 ブライアンズタイム / ドラゴンリリー 地) 服部健一 448 -8 7 4
14 クビ 小牧太 57.0 1.52.1 37.2 -3--4--6--6 15 71.7 バブルガムフェロー / サンエイリボン 美) 畠山重則 518 +6 5 3
15 岩田康誠 58.0 1.52.4 37.4 -6--6--8--7 7 14.1 Grand Slam / Cognac Lady 美) 松山康久 508 0 8 4
16 21/2 上村洋行 55.0 1.52.8 37.8 -2--2--6-12 12 37.9 アフリート / レインボーウッド 栗) 安達昭夫 470 0 9 5
~払い戻し~
単勝 2番 (9人) 18.7 枠連 1-6 (8人) 19.9 複勝 2番(9人)
12番(3人)
13番(8人)
6.5
3.0
4.5
ワイド 2-12(35人)
2-13(46人)
12-13(25人)
27.7
35.2
21.7
3連複 2-12-13 (151人) 425.9 馬連 2-12 (31人) 76.1
3連単 2-12-13 (892人) 2,709.1 馬単 2-12 (77人) 184.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 2番メイショウトウコン(石橋守騎手)
「末脚を活かすようにという指示でした。1-2コーナーでかかり気味になりましたが、向正面で落ち着きました。それにしてもビックリするいい脚を使ってくれました。まだ良くなりますよ」
2着 12番サンライズバッカス(安藤勝己騎手)
「ゲートは悪くなかったんですが、スーッと行って、モタモタしていました。最後はバタバタでした。突き抜けるような感じではあったのに、少し太かったんですね」
3着 13番シャーベットトーン(菊沢隆徳騎手)
「体質が強くなってます。デキも良くて期待していました。初めての重賞挑戦でよく粘ってくれています。これからが楽しみなレースぶりでした」
4着 16番タイキエニグマ(福永祐一騎手)
「ペースがものすごく遅かったので動いていきました。手応えもよく、勝ったかと思いましたね。でもハナに立ったら物見してしまいました」
5着 15番サカラート(武豊騎手)
「いい感じで行けましたが、向正面で少しかかりました。タイキエニグマが動いたとき、つられてしまいました」
6着 6番フィールドルージュ(西園正都調教師)
「勝負どころで置かれました。でも、またバラけてからは終い来てますからね。うーん、難しいですね。広いコースのほうがいいのか、ルメール騎手は距離が短いと言っていました。また立て直して頑張ります」
7着 3番エイシンラージヒル(秋山真一郎騎手)
「2コーナーまではニヤニヤしながら乗っていたんですけどね。3コーナーで、動きたくないのに動かざるを得なくなってしまいました。具合は良かったのに残念です」
11着 1番クーリンガー(和田竜二騎手)
「緩急のある流れは向いていませんね。だんだん時計の速い競馬に対応できなくなっているのかもしれません。調子はいつもと変わりませんでしたよ」
14着 5番マイネルボウノット(小牧太騎手)
「馬は良くなっていました。いい感じで走っていたのですが、マクられたときにどんどん行かれて、後手後手になってしまいました。揉まれるのも良くないですね」ゥらね」に結びついていますね。体調とレースがつながるタイプなんですね」
マイネルグラシューは美浦・古賀慎明厩舎の3歳牡馬で、父メジロライアン、母ノーブルエターナル(母の父アフリート)。通算成績は8戦1勝となった。@12番エムオーウイナー(小牧太騎手)
「ペースが速くなくて、あんなにスンナリ行けるとは思いませんでした。2番手で手応えもあったのですが、最後は止まってしまいました。やはりGIですね。これからもっと力をつけてくれると思います」
8着 1番シーイズトウショウ(池添謙一騎手)
「いいスタートを切れたし、最後も止まってないんだけど……。馬場かな」
10着 13番タマモホットプレイ(渡辺薫彦騎手)
「馬場のせいでまったくハミを取らず、おっつけ通しだった」
11着 5番ディバインシルバー(穂苅寿彦騎手)
「最後まで止まらずによく頑張っています。自分のレースはできました」
12着 7番スピニングノアール(福永祐一騎手)
「ある程度の位置について行った分、終いが甘くなってしまった。ソロッと行っていたら違っていたかも」
13着 2番アンバージャック(横山典弘騎手)
「馬体は前走より良かったが、この時期はあまり良くないのかも。暖かくなればもっとやれると思う」
14着 サチノスイーティー(吉田隼人騎手)
「馬場が悪く、予定通りの位置取りも4コーナーでノメって反応が悪くなってしまいました」
18着 10番モンローブロンド(岡部誠騎手)
「流れについていけませんでした」なのかな…トモが崩れるような感じで、ゴールの後止めてましたからね。状態は良かったのですが…」
13着 ネヴァブション(北村騎手)
「今日はしょうがないですね。まだ体が弱いところがあります。折り合いは問題ありませんでした」Aあの枠順では前に行く

予想動画
関連記事
関連つぶやき