アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)(2007/01/21) のレース情報

基本情報
中山芝・右外2200M
開催
第01回 中山07日目
コース
中山芝・右外2200M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(国)[指]
頭数
10
発走時刻
15:35
回次
第 48 回
本賞金(万
6,000 - 2,400 - 1,500 - 900 - 600
レース名
アメリカジョッキークラブカップ 
呼び名・略称 →追加申請
AJCC 
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.12.8
ハイペース
84 (36+48)
前半5F:
1.00.2
後半3F:
37.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 2.12.8 35.3 -4--4--4--2 2 3.2 サンデーサイレンス / ペイパーレイン 美) 国枝栄  484 +2 5 5
02 後藤浩輝 56.0 2.13.6 34.6 10-10-10--8 5 11.9 アドマイヤベガ / ボンヌシャンス 美) 萩原清  480 +6 3 3
03 3/4 松岡正海 57.0 2.13.7 35.6 -6--6--6--6 6 17.8 グラスワンダー / シルキーヒロイン 栗) 岡田稲男 500 -6 7 7
04 クビ 柴田善臣 57.0 2.13.7 37.9 -1--1--1--1 1 2.2 スペシャルウィーク / アンデスレディー 栗) 佐々木晶 468 -4 4 4
05 ハナ 北村宏司 56.0 2.13.7 35.8 -4--5--5--5 3 6.9 Fantastic Light / Chancey Squaw 美) 藤沢和雄 488 +10 9 8
06 13/4 田中勝春 57.0 2.14.0 35.2 -9--9--8--9 9 52.0 ジェリ / シアトルロケット 栗) 音無秀孝 474 0 6 6
07 31/2 柴山雄一 57.0 2.14.6 37.6 -2--2--2--3 7 21.0 Stormin Fever / Gender War 美) 栗田博憲 480 -4 8 7
08 11/2 四位洋文 57.0 2.14.8 36.7 -7--7--6--6 8 25.3 チーフベアハート / リボンストライプ 栗) 梅田智之 466 -10 10 8
09 クビ 蛯名正義 57.0 2.14.9 36.1 -8--8--8--9 10 58.6 リアルシヤダイ / アンソレイユ 美) 尾形充弘 454 0 2 2
10 3/4 吉田隼人 57.0 2.15.0 37.7 -3--2--3--4 4 11.6 スペシャルウィーク / チェイスザウインド 美) 秋山雅一 444 0 1 1
~払い戻し~
単勝 5番 (2人) 3.2 枠連 3-5 (9人) 18.1 複勝 5番(2人)
3番(5人)
7番(6人)
1.4
3.2
4.2
ワイド 3-5(8人)
5-7(10人)
3-7(24人)
6.9
7.6
21.9
3連複 3-5-7 (24人) 72.1 馬連 3-5 (7人) 16.9
3連単 5-3-7 (83人) 286.7 馬単 5-3 (8人) 26.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 5番マツリダゴッホ(横山典弘騎手)
「後ろから見て、いいペースで行っているなと思いました。3コーナー過ぎから一気に行きましたが、本当にピタリと折り合っていました。今日は派手に勝ちましたが、まだ良くなる余地がある馬なので、これからだと思います」
2着 3番インテレット(後藤浩輝騎手)
「今日はゲートに尽きる。本当にヒヤヒヤした。どうしても潜ってしまう癖がある。練習は良くても本番だとやってしまう。中団の後ろくらいにつけたいと思ったが、最後あそこまできたら、やはりスタートだね」
3着 7番シルクネクサス(岡田稲男調教師)
「やっとノーマルな競馬ができました。前回がフロックでないことを証明してくれました。距離短縮を考えていたので、2000m前後を使っていきたいと思います」
4着 4番インティライミ(柴田善臣騎手)
「かかる。息入れない。1コーナー手前で折り合いがつくかと思ったが、力んだまま、ず-っと力を入れたまま走っていた。何を目標に走っているのかわからない」
5着 9番ジャリスコライト(北村宏司騎手)
「今日は落ち着いていていいスタートが切れました。落ち着かない流れで追走に苦労しました。いい脚は使っているだけに、調子も戻ってきていると思います」ナす。勝った馬は強い」。これを使ってよくなるでしょう」けが捌けなかったなぁ。うまく抜ければ際どかったと思うよ」Kノグラマラス(安藤勝騎手)
「ずっとハミを取っていました。その分、最後伸びを欠いたのでは…。リラックスできればいいのですが…」ゥも。走る馬だし、一度使って変わってくると思う」
5着 サチノスイーティー 吉田隼人騎手
「行く馬が多かったので脚を溜めようと思った。いいスタートが切れたが、他馬に来られて少し窮屈になってしまった」
11着 スピニングノアール 上村洋行騎手
「流れが向かなかった。折り合いは問題なかったが、外にだいぶ振られてしまったし、流れに乗り切れなかった」
14着 コパノフウジン 鮫島良太騎手
「馬場を気にしている感じ。もっと綺麗な馬場の方がいいね」ェいいのかな。こんな馬じゃないんだけどね…」p厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母スマラ(母の父Antheus)。通算成績は2戦1勝となった。
中京5Rの3歳未勝利(芝1800m)は、2番人気イイデレインジャー(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8。

予想動画
関連記事
関連つぶやき