白梅賞(2007/01/13) のレース情報

基本情報
京都芝・右1600M
第01回 京都 04日目
9 R
芝・右1600M
晴  
1勝クラス特別
サ3才(混)(特) / 馬齢
白梅賞
16 頭
14:35発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
ペース平均:
16
内枠好走:
1
勝タイム:
1.35.6
前半5F:
59.4
後半3F:
36.2
ペース:平均
35 (19+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 56.0 1.35.6 35.6 -------9--7 2 3.4 スペシャルウィーク / オリーブクラウン 美) 伊藤圭三 488 +12 3 2
02 岩田康誠 54.0 1.36.1 36.7 -------2--1 1 3.0 スペシャルウィーク / タガノターキン 栗) 松田博資 442 -6 10 5
03 クビ 須貝尚介 56.0 1.36.2 36.6 -------3--3 9 79.5 スクワートルスクワート / ディアウィンク 美) 畠山重則 478 +4 5 3
04 11/2 熊沢重文 56.0 1.36.4 36.3 -------9--9 3 5.3 マヤノトップガン / アイシスシェリー 栗) 五十嵐忠 444 -2 7 4
05 21/2 池添謙一 54.0 1.36.8 36.2 ------13-14 12 125.6 ステイゴールド / プリンセスデージー 栗) 中尾秀正 390 -2 1 1
06 11/4 小林徹弥 54.0 1.37.0 36.6 ------13-11 14 143.5 サクラバクシンオー / アフターストーム 栗) 清水出美 488 0 13 7
07 アタマ 藤岡佑介 54.0 1.37.0 37.1 -------7--7 10 92.8 Unbridled's Song / Eishin Austin 栗) 梅内忍  476 +4 12 6
08 クビ 小牧太 56.0 1.37.1 37.4 -------5--3 8 32.0 タイキシャトル / ドリームスピカ 栗) 高橋隆  464 +2 9 5
09 1/2 赤木高太 56.0 1.37.2 36.4 ------16-15 11 105.3 アドマイヤコジーン / サンエイブレイヴ 美) 武市康男 462 +6 4 2
10 クビ 上村洋行 56.0 1.37.2 36.9 -------9-12 15 208.5 ゼンノエルシド / プレアクティブ 美) 稲葉隆一 470 -2 11 6
11 21/2 鮫島良太 56.0 1.37.6 37.8 -------5--3 4 6.7 グラスワンダー / ゲーリックキャット 栗) 宮本博  462 -6 15 8
12 アタマ 和田竜二 56.0 1.37.6 37.6 -------7--9 6 17.2 Mutakddim / プリーズルックアットミーナウ 栗) 池江泰寿 514 -4 14 7
13 アタマ 秋山真一 56.0 1.37.6 37.4 -------9-12 13 133.0 スウェプトオーヴァーボード / タイキクリスティー 栗) 野村彰彦 442 +8 2 1
14 3/4 福永祐一 56.0 1.37.7 38.1 -------3--2 7 23.8 Mt. Livermore / Cover 栗) 中竹和也 504 +4 16 8
15 吉田稔 54.0 1.39.0 38.4 ------13-15 16 262.3 ハイブリツジスルー / サチ2 地) 角田輝也 508 +3 6 3
16 大差 幸英明 56.0 1.42.5 43.1 -------1--3 5 11.7 Our Emblem / Sincerely Susan 栗) 谷潔   476 -6 8 4
単勝 3番 (2人) 3.4 枠連 2-5 (2人) 6.0 複勝 3番(1人)
10番(2人)
5番(9人)
1.6
1.6
12.5
ワイド 3-10(1人)
3-5(24人)
5-10(29人)
2.8
26.6
35.7
3連複 3-5-10 (32人) 114.1 馬連 3-10 (1人) 6.3
3連単 3-10-5 (135人) 481.5 馬単 3-10 (2人) 11.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ブラックオリーブ(安藤勝己騎手)
「距離の守備範囲は広いですね。体がまだ緩いですし、とにかく走る馬ですから慌てずレースを使っていくのがいいと思います。この馬はゆったり走りながらスピードに乗るのがセールスポイントです。4コーナーであっという間に前に取り付いてくれました。強いレースをしてくれました」
2着 タガノグラマラス(岩田康誠騎手)
「だましだましふわっと乗るのですが、気分よく行ってしまいます。折り合いをつけて力を溜めて、早めに行ってしまったのに伸びています。気性が問題ということになるでしょう。でも勝たないと桜花賞に行けませんからね」
3着 マイネルクラッチ(安藤助手)
「調教の内容のよさがそのままレースに出ましたね。見た目はぬいぐるみみたいなところがありますけどね(笑)でも今回マイルでこれだけ走ってくれたので、次に繋がるレースが出来たと思います」の後がまた楽しみになりました。芝も行けますね」
3着 ファディスタ(横山典弘騎手)
「よく走っていますよ。時計的にも評価できますし、最後はまた脚を使っていますからね。走ってますよ」フ通りに空いたところを突きました。最後は50キロを生かす感じで脚を使ってくれましたが、少し内にモタれたのが惜しかったですね。前走が強かったし、具合も良かった。頑張ってくれました」
4着 メイショウオウテ(岩田騎手)
「ゲートはスッと出たが、1コーナーでハミを噛んでしまい、その後も道中ところどころで引っ掛かっていた。直線でも手応えは残っていたが、引っ掛かった分、最後のひと伸びに影響した」
(伊藤雄師)
「最後は外で1頭だけ伸びる形になってしまったからね。周りに馬がいて並ぶような形ならまた違ったはず」
6

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する