呉竹賞(2007/01/08) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第01回 中山 03日目
9 R
ダート・右1200M
晴   稍重
1勝クラス特別   サ3才牝 (特) / 馬齢
呉竹賞
15 頭
14:15発走
本賞金) 1,000 - 400 - 250 - 150 - 100 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 308 M
ペース平均:
32
内枠好走:
-8
勝タイム:
1.11.9
前半5F:
59.0
後半3F:
38.1
ペース:平均
50 (143-93)
結果着順・払戻
馬メモモード


馬メモ


TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 54.0 1.11.9 37.2 ------11--9 1 1.7 クロフネ / アピーリングストーリー 美) 古賀史生 476 0 11 6
02 21/2 西田雄一 54.0 1.12.3 37.9 -------8--5 5 10.8 ディアブロ / ユカリ 美) 保田一隆 452 -10 7 4
03 クビ 吉田隼人 54.0 1.12.4 38.1 -------5--4 12 46.4 サザンヘイロー / ジェニアリータ 美) 手塚貴久 440 +10 15 8
04 クビ 中舘英二 54.0 1.12.4 38.4 -------3--2 2 8.4 マンハッタンカフェ / ビーチフラッグ 栗) 加用正  448 +6 13 7
05 21/2 木幡初広 54.0 1.12.8 39.0 -------1--1 4 10.6 クロフネ / タシロスプリング 美) 宗像義忠 498 -6 10 6
06 蛯名正義 54.0 1.13.1 38.4 ------11-10 6 12.8 タヤスツヨシ / ミラクルムテキ 美) 久保田貴 438 +2 8 5
07 クビ 後藤浩輝 54.0 1.13.2 38.4 ------13-14 8 27.1 サクラバクシンオー / サクラテンシ 美) 伊藤圭三 484 -8 9 5
08 アタマ 柴田善臣 54.0 1.13.2 38.9 -------5--5 7 23.1 フレンチデピュティ / パープルホワイト 美) 高橋祥泰 480 +2 5 3
09 クビ 吉田豊 54.0 1.13.2 37.3 ------15-15 14 237.4 サクラローレル / リンガスドリーム 美) 谷原義明 400 -20 3 2
10 11/4 勝浦正樹 54.0 1.13.4 39.1 -------5--5 10 35.5 フレンチデピュティ / タヤスメモリー 美) 池上昌弘 462 -2 2 2
11 アタマ 内田浩一 54.0 1.13.4 38.8 -------9-10 3 10.5 Holy Bull / デルタラヴ 栗) 宮徹   496 +2 4 3
12 21/2 小林淳一 54.0 1.13.8 38.8 ------14-12 11 40.0 フレンチデピュティ / トウカイステラ 美) 後藤由之 470 +2 14 8
13 田中勝春 54.0 1.14.3 39.7 -------9-12 9 34.0 スペシャルウィーク / デューククリスタル 美) 小西一男 458 +2 1 1
14 ハナ 田辺裕信 54.0 1.14.3 40.2 -------3--5 13 230.5 ブラックタキシード / イチヨシロマン 美) 尾関知人 408 -18 6 4
15 高山太郎 54.0 1.14.6 40.7 -------2--2 15 413.5 ディアブロ / トミノラブラドール 美) 佐藤全弘 458 -8 12 7
単勝 11番 (1人) 1.7 枠連 4-6 (4人) 7.8 複勝 11番(1人)
7番(4人)
15番(9人)
1.2
2.4
5.8
ワイド 7-11(2人)
11-15(17人)
7-15(44人)
3.7
14.7
36.3
3連複 7-11-15 (35人) 96.8 馬連 7-11 (2人) 8.3
3連単 11-7-15 (88人) 313.8 馬単 11-7 (3人) 12.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 11番アイヴォリーカラー(古賀史生調教師)
「ゲート内でチャカチャカうるさい馬なので、一度はこんな出遅れもあるかと考えていた。それで抑えていって伸びなかったら仕方ないと思っていたが、いい脚を使ってくれた。走法から深いダートがベスト。芝をもう1-2回使ってもいいけど、交流重賞あたりを狙えればと思う。距離はもう少し長くても大丈夫」
2着 7番ミキノモナコ(西田雄一郎騎手)
「スタートを決めて逃げるつもりだったんですが、躓いてしまって位置が後ろになりました。でもこういうレースができたのは収穫。いい伸びでしたから、ダートでこんなレースをするのがベストなのかもしれません。勝った馬は強過ぎですね」
3着 15番フェアリーライド(吉田隼人騎手)
「外枠でスムーズに行けるかと思ったんですが、1度挟まれるところがあって。そこから立て直してきたんですが、しぶとい脚を使ってくれました」たですね。もう少し前向きさがでなくなると楽に競馬ができるのですが。体はこのくらいで維持したいですね。今後は様子を見ながらゆっくり考えます」
2着 ベンケイ(岩田康誠騎手)
「ずっと並ばれて展開が厳しかったです。それで2着ですから力はあります」
3着 ティルフィング(幸英明騎手)
「スタート後に挟まれて後方からになってしまいました。道中にうまく脚を溜められて、終いは伸びてくれたのですが、最後は内にもたれてしまいました。まだ子供です」その後も道中ところどころで引っ掛かっていた。直線でも手応えは残っていたが、引っ掛かった分、最後のひと伸びに影響した」
(伊藤雄師)
「最後は外で1頭だけ伸びる形になってしまったからね。周りに馬がいて並ぶような形ならまた違ったはず」
6着 アドマイヤフジ(福永騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する