ガーネットステークス(2007/01/07) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第01回 中山 02日目
11 R
ダート・右1200M
晴   不良
GⅢ
サ4上(国)(指) / ハンデ
第11 回 ガーネットステークス
16 頭
15:25発走
本賞金) 3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 308 M
ペース平均:
32
内枠好走:
-7
勝タイム:
1.10.0
前半5F:
57.0
後半3F:
37.3
ペース:ハイ
60 (153-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 田中勝春 54.0 1.10.0 36.1 ------14-12 3 5.2 アフリート / エナジートウショウ 栗) 小野幸治 502 0 3 2
02 3/4 蛯名正義 59.0 1.10.1 36.7 -------7--6 4 7.4 サンデーサイレンス / エリザベスローズ 栗) 加用正  504 -10 7 4
03 クビ 和田竜二 57.0 1.10.2 37.2 -------2--2 2 4.4 ブライアンズタイム / リフカ 栗) 宮本博  538 -2 8 4
04 1/2 勝浦正樹 57.5 1.10.3 36.4 ------14-11 10 45.0 スターオブコジーン / ニホンピロポリーナ 栗) 目野哲也 510 -2 12 6
05 1/2 村田一誠 52.0 1.10.4 37.2 -------5--4 7 20.5 カリスタグローリ / ペルファヴォーレ 美) 畠山吉宏 452 0 11 6
06 31/2 吉田隼人 52.0 1.11.0 36.8 ------16-15 14 135.5 More Than Ready / Jolly Ginny 栗) 鈴木孝志 492 -2 5 3
07 11/4 菊沢隆徳 54.0 1.11.2 38.1 -------5--4 15 158.0 Boston Harbor / Libby Lee 美) 松山康久 540 +8 15 8
08 クビ 柴山雄一 55.0 1.11.2 37.8 -------7--8 12 62.1 Tale of the Cat / Workout Wonder 栗) 鮫島一歩 492 -4 9 5
09 11/2 横山典弘 59.0 1.11.4 37.9 ------10--8 8 39.4 アグネスワールド / ラッキーパイシーズ 栗) 森秀行  486 +3 1 1
10 1/2 後藤浩輝 56.0 1.11.5 38.5 -------2--3 6 13.4 ヘネシー / ウェディングベリー 栗) 宮徹   458 -8 14 7
11 ハナ 北村宏司 55.0 1.11.5 37.7 ------11-12 11 54.7 ウォーニング / インパクト 美) 増沢末夫 504 +8 2 1
12 21/2 吉田豊 52.0 1.11.9 38.5 -------7--8 16 173.3 エイシンサンディ / エイシンリョンサン 栗) 野元昭  480 +4 10 5
13 クビ 中舘英二 59.0 1.12.0 39.3 -------1--1 1 2.8 サクラバクシンオー / マイワイルドフラワー 栗) 小野幸治 514 +6 16 8
14 11/4 柴田善臣 53.0 1.12.2 38.4 ------11-15 9 43.7 フォーティナイナー / サンルージュ 美) 増沢末夫 476 +10 6 3
15 バルジュ 56.0 1.13.0 39.3 ------11-12 13 64.4 ハートレイク / エアインセンス 美) 小島太  490 +2 4 2
16 3/4 小牧太 53.0 1.13.1 40.2 -------2--6 5 11.8 フレンチデピュティ / シェリーザ 栗) 音無秀孝 492 -4 13 7
単勝 3番 (3人) 5.2 枠連 2-4 (2人) 7.5 複勝 3番(3人)
7番(4人)
8番(2人)
1.7
2.1
1.7
ワイド 3-7(7人)
3-8(3人)
7-8(6人)
6.1
3.9
5.9
3連複 3-7-8 (5人) 22.6 馬連 3-7 (5人) 16.4
3連単 3-7-8 (31人) 126.1 馬単 3-7 (8人) 28.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 スリーアベニュー(田中勝春騎手)
「このメンバーに入るとさすがに流れも速いので、あの位置取りになりました。前走『本当に強いな』と思ってみていたのですが、今日もすばらしい決め手でした。ここを勝ったわけですから、このあとはG?と行きたいですね。(2日連続重賞勝ちについて)こんなに勝っていいの?という感じですが、いい馬に乗せていただいているからだと思います。この勢いのまま突き進んで行きたいと思います」
(小野幸治調教師)
「以前は馬の状態が悪くはないのですが、もう一つピリッとしたところがなくて休みをとったんです。それですっかり状態がよくなって、斤量は54キロだし、何とかならないかなと思っていました。よく勝ってくれました。距離はもう少し伸びても大丈夫でしょう。フェブラリーSも選択肢に入ってきましたね」
2着 リミットレスビッド(蛯名正義騎手)
「位置取りも理想的でしたが、背負っている分最後は厳しくなって、そこを一気にやられてしまいました」
(加用正調教師)
「やはりハンデですね。もう少し伸びてもいいはずですが・・・。まぁどちらかというと1200mより1400mの方が前にも勝っていますし、レースはしやすいと思います」
3着 ニシノコンサフォス(和田竜二騎手)
「他の馬も速いので苦しい競馬になりました。3、4コーナーで周りに馬がいる分ハミをガチッと噛んでしまったんですが、あそこで抜けているともっと走るんですが・・・。でもこの苦しい流れでよく頑張っていますよ」
4着 ニホンピロサート(勝浦正樹騎手)
「いい感じでしたし、さすがに力はありますね」
5着 サチノスイーティー(村田一誠騎手)
「控えても大丈夫だということは分かっていました。結果的にもう少し後ろから行ければまた違ったような気がします。芝の方がいいと思いますが、よく頑張ってますよ」
(平井雄二調教師)
「よく走っていますよ。ダートも大丈夫でしたし、52キロをうまく生かしていますね。1分10秒という時計は速いですよ。よく頑張っています。またチャンスはあるでしょう」
13着 ジョイフルハート(中舘英二騎手)
「控えてもいいと言われていましたが、道中コスられて3コーナーでかかってしまいました。あれだけ競られ、早めに来られては厳しいですよ」
(小野幸治調教師)
「やっぱり59キロというハンデが苦戦の原因でしょう。それに戦ってきたメンバーが違いますからね」イデレインジャー 松田大作騎手
「初めて乗ったので状態についてはわかりませんが精神的には落ち着いていました。ただ、まだまだ気性的に子供で先頭に立った途端、レースを止めようとしたり。その分、まだ上積みも大きいし、上のクラスのキツい流れの方がレースはしやすいかもしれません」
イイデレインジャーは栗東・池添兼雄厩舎の3歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母ダイナドレスデン(母の父アスワン)。通算成績は9戦1勝となった。が、1コーナーで2頭に被されて、下げざるを得なかった。やはり中団で運びたかった。流れが予想以上に落ち着いてしまった。馬にかわいそうなことをしました」
9着 17番ヴィクトリー(田中勝春騎手)
「まさかゲートを出ないとは思わなかったよ。2コーナーで脚を使ったぶん折り合いに注意して行ったが、直線に向いたら手応えはなかった」
11着 1番タスカータソルテ(武豊騎手)
「いい感じで直線を向くまで行ったが、この馬には馬場が硬い感じがする」
14着 5番トーセンマーチ(内田博幸騎手)
「スタートは良く、外から来られたので4-5番手に下げて競馬をしました。キャリアも浅いので、使っていけばいい競馬ができると思います」
16着 9番ヒラボクロイヤル(大久保龍志調教師)
「気性がまだ少し幼いですね。青葉賞は激しいレースで、馬もやる気を出していたのですが、今日は落ち着いた流れになってしまい、馬に燃えるところがありませんでした。最後は自分から走るのをやめてしまいました」
17着 2番ゴールドアグリ(勝浦正樹騎手)
「思っていた感じの通りに乗れました。直線は一瞬だけ伸びかけたけど、そこで止まってしまいました。まだ経験の少ない馬なので、これからキャリアを重ねれば大舞台でも走れるようになりますよ」ことができましたが……。内からコスモバルクが来て、外に逃げてしまいました。申し訳ありません」
8着 13番チョウサン(横山典弘騎手)
「いや、道中ノメり通しで、馬場を気にしてレースにならなかったですね。ジャパンカップは出られるかどうかわかりませんし、これから中距離路線で戦うことになると思いますけど、良馬場ならチャンスはあるでしょう」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する