500万 (サ2才) 中山 7R 2006/12/17 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第05回 中山06日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
500万(馬齢
レースNO
7 R
天候馬場
曇 重
条件
サ2才(混)(特)
頭数
14
発走時刻
13:10
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.53.3
平均ペース
39 (57-18)
前半5F:
1.02.0
後半3F:
38.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 55.0 1.53.3 38.9 -1--1--1--1 1 1.8 Fusaichi Pegasus / Tee Kay 美) 藤沢和雄 514 0 2 2
02 11/4 大庭和弥 55.0 1.53.5 38.0 13-12-10--6 7 40.2 ペンタイア / メジロベトニー 美) 中島敏文 462 +2 7 5
03 11/2 田中博康 52.0 1.53.7 38.9 -9--9--2--3 6 36.9 Montjeu / Breakfast Bay 栗) 宮徹   438 -2 14 8
04 3/4 吉田隼人 54.0 1.53.8 39.0 -4--4--2--2 4 13.7 スペシャルウィーク / ポニーガール 美) 大久保洋 510 0 8 5
05 勝浦正樹 55.0 1.54.5 39.4 -8--8--7--4 8 44.3 フジキセキ / クランチーカ 美) 萱野浩二 492 -4 12 7
06 11/4 小野次郎 55.0 1.54.7 39.8 -5--5--2--4 5 22.1 トレジャーアイランド / フサイチディバイン 美) 池上昌弘 502 +4 13 8
07 内田博幸 55.0 1.55.4 39.8 11-11-10-10 3 7.5 クロフネ / ビワプランサー 美) 小西一男 488 0 10 6
08 横山典弘 55.0 1.56.1 40.9 -5--5--7--6 2 2.9 ウォーエンブレム / アズサユミ 美) 手塚貴久 490 0 9 6
09 武士沢友 54.0 1.56.6 41.8 -2--2--2--6 10 181.0 クロフネ / スイングバイ 美) 本郷一彦 470 -6 5 4
10 後藤浩輝 55.0 1.57.4 42.6 -2--2--2--6 9 102.5 クロフネ / オマイタ 美) 池上昌弘 456 0 4 3
11 クビ 江田照男 55.0 1.57.5 42.1 -5--5--9-10 11 224.0 マイネルラヴ / トゥモローブリッジ 美) 岩城博俊 478 -12 11 7
12 中谷雄太 55.0 1.58.3 42.5 12-12-12-12 13 530.1 パークリージエント / アイノフライト 美) 西塚安夫 424 +2 1 1
13 御神本訓 54.0 1.59.2 42.8 10-10-13-13 12 279.1 メジロライアン / クリアモン 地) 中村護  464 -1 6 4
蛯名正義 55.0 - - ----------- - - Ecton Park / Groovy Broad 美) 国枝栄  000 3 3
~払い戻し~
単勝 2番 (1人) 1.8 枠連 2-5 (2人) 7.9 複勝 2番(1人)
7番(6人)
14番(8人)
1.2
5.0
5.7
ワイド 2-7(11人)
2-14(8人)
7-14(34人)
10.6
9.4
63.4
3連複 2-7-14 (40人) 197.6 馬連 2-7 (9人) 33.0
3連単 馬単 2-7 (13人) 48.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山7Rの2歳500万下(ダート1800m)は、1番人気ピサノデイラニ(北村宏司騎手)が逃げ切った。勝ちタイムは1分53秒3。1馬身1/4差の2着に7番人気アクセルホッパーが、1馬身半差の3着に6番人気マイネルクルーガーがそれぞれ入線。
ピサノデイラニは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父Fusaichi Pegasus、母Tee Kay(母の父Gold Meridian)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ピサノデイラニ 北村宏司騎手
「途中からハナに立つとフワフワしてしまうところがあったので、今日はスタートからハナに立たせてみました。その後はこの馬のリズムで走れましたから、、いい結果が出ましたね。馬場もしまっているんですが、時計もいいし、やはり能力でしょう。芝も大丈夫ですよ」
2着 アクセルホッパー 大庭和弥騎手
「馬自身成長していますし、道中もよく我慢してくれました。本当に長くいい脚を使う馬ですね。よく走ってくれました」たから、自分でもうまく乗れたかなという気もします」
7着 アサクサゼットキ 後藤浩輝騎手
「今日は返し馬のときから、気難しさを出していました。直線に向くまで道中ずっとササりっぱなしでしたね。全く力を出していません」}シーン 安藤勝己騎手
「外に出そうと思ったが、開かずに内を回る形に。直線で外に出すが若干遅れた分の負けだね。あそこがスムーズなら・・・」
3着 マイネルスケルツィ 武豊騎手
「思ったよりも掛かりかげんでした。3コーナーで折り合いがつきかけたところで外から来られて、そこでまたハミを噛んで行きたがってしまいました」
5着 シンボリグラン 柴山雄一騎手
「道中はスムーズで、伸びそうな感じだったのですが、いざ追い出してから伸びませんでした。雨は降っていましたが、気にするほどではなかったと思い

予想動画
関連記事
関連つぶやき