新馬 (サ2才) 阪神 4R 2006/12/09 のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1200M
第03回 阪神 03日目
4 R
ダート・右1200M
曇   稍重
新馬   サ2才[指] / 馬齢
11 頭
11:40発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.14.4
前半5F:
1.01.2
後半3F:
38.2
ペース:平均
-26 (67-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 55.0 1.14.4 38.2 -------1--1 1 1.9 ニューイングランド / ハゴロモ 栗) 服部利之 476 1 1
02 21/2 吉田稔 55.0 1.14.8 38.0 -------3--3 9 87.4 キングヘイロー / サンエイカヨコ 栗) 田島良保 472 9 7
03 福永祐一 55.0 1.15.3 38.0 -------4--4 2 3.6 キングヘイロー / エンゼルニシキ 栗) 森秀行  456 2 2
04 11/4 佐藤哲三 55.0 1.15.8 39.4 -------2--2 5 18.0 デザートストーリー / サンエムヒロイン 栗) 西園正都 492 10 8
05 アタマ 岩田康誠 54.0 1.15.8 38.0 -------7--4 3 4.5 アドマイヤボス / アドマイヤエール 栗) 須貝尚介 460 7 6
06降 金折知則 55.0 1.15.6 38.1 -------5--7 7 48.9 メジロライアン / スノーエトワール 栗) 境直行  468 5 5
07 11/2 菊地昇吾 55.0 1.16.0 37.0 ------11--9 6 43.0 エリシオ / ファウイノ 栗) 橋本寿正 490 4 4
08 21/2 服部剛史 55.0 1.16.4 38.7 -------6--4 10 109.9 スキャン / ワンダーバーサトル 栗) 領家政蔵 492 6 6
09 幸英明 54.0 1.17.1 39.0 -------7--8 8 60.7 ピルサドスキー / ウィンクルラブ 栗) 木原一良 394 3 3
10 10 長谷川浩 55.0 1.18.7 39.4 ------10-10 4 11.5 ムタファーウエク / マイネコサージュ 栗) 大根田裕 532 8 7
11 佐久間寛 55.0 1.19.8 40.7 -------9-10 11 180.5 デザートキング / グレースウーマン 栗) 鹿戸明  434 11 8
単勝 1番 (1人) 1.9 枠連 1-7 (3人) 6.7 複勝 1番(1人)
9番(9人)
2番(2人)
1.1
9.1
1.3
ワイド 1-9(18人)
1-2(1人)
2-9(21人)
19.0
1.9
21.5
3連複 1-2-9 (13人) 48.3 馬連 1-9 (18人) 77.7
3連単 馬単 1-9 (25人) 102.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神4Rの2歳新馬戦(ダート1200m)は、先手を取った1番人気フェザーウイング(小牧太騎手)が、そのまま逃げ切って1着。勝ちタイム1分14秒4。2馬身半差の2着に9番人気オーミバンディエラ、3馬身差の3着には2番人気グランプリジョニーがそれぞれ入線。
フェザーウイングは栗東・服部利之厩舎所属の2歳牡馬で、父ニューイングランド/母ハゴロモ(母の父Septieme Ciel)という血統。
-レース後のコメント-
1着 フェザーウイング(小牧太騎手)
「前かきをしていたので、スタートの出遅れだけが心配でした。道中は楽に行けました。最後に右ムチを入れただけです。今はダートの短いところがいいでしょうね。最後手前を左に替えたらもっと伸びたと思います」
2着 オーミバンディエラ(吉田稔騎手)
「向正面で押して上がっていきました。あとは3番手でレースをして、砂を被るのも気にしていませんでした。最後もそれほどバテるとこはありませんでした。ただ最後内にもたれるようなところがありました」
3着 グランプリジョニー(福永祐一騎手)
「この馬には短くて忙しいですね。」いましたね。まあまあの競馬じゃないですか」X中にカッとせず、我慢できるように育てていきます」
3着 11番オースミダイドウ(O.ペリエ騎手)
「逃げようと思ったわけではない。他に逃げる馬がいなかったので行った。道中は、外に外に、逃げる感じになってしまった。それでも、直線は伸びていたし、一瞬だが盛り返す脚も見せたからね」
4着 7番フライングアップル(北村宏司騎手)
「スムーズに脚を溜める競馬はできた。4コーナーあたりで、2着の馬の位置につけたんだけど、そこからの伸びがいまひとつだった。でも、競馬は上手な馬。これからの馬ですよ。マイルは問題なかった」
5着 4番マイネルレーニア(松岡正海騎手)
「スタート、もっとサッと行くと思ったんだけど、イメージ通りに行かなかった。やはり、少し重かったのかな…」「う時があるんだね」
11着 コスモシンドラー 武幸四郎騎手
「ゲートを出て、一歩めで躓いてしまい、位置取りが悪くなってしまった

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する