新馬 (サ2才) 阪神 5R 2006/12/03 のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1400M
第03回 阪神 02日目
5 R
ダート・右1400M
晴  
新馬   サ2才[指] / 馬齢
12 頭
12:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
image
直線 352.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.26.1
前半5F:
1.00.7
後半3F:
37.7
ペース:平均
-21 (47-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 55.0 1.26.1 37.7 -------1--1 2 4.1 サクラバクシンオー / ムーディーサンダー 美) 加藤征弘 524 1 1
02 21/2 秋山真一 55.0 1.26.5 37.1 -------9--8 6 24.3 マーベラスサンデー / マーベラスロマン 栗) 岡田稲男 468 10 7
03 11/4 福永祐一 54.0 1.26.7 38.2 -------2--2 1 1.8 フジキセキ / サクラサク2 栗) 藤原英昭 478 5 5
04 21/2 モンテリ 55.0 1.27.1 38.5 -------3--3 4 18.7 コマンダーインチーフ / マキシマムデニール 栗) 石坂正  462 2 2
05 31/2 中舘英二 55.0 1.27.7 37.9 ------10-10 8 32.6 サクラバクシンオー / メジロハスキー 栗) 福島信晴 488 9 7
06 3/4 太宰啓介 55.0 1.27.8 39.2 -------3--3 10 63.9 ディアブロ / ピアノレッスン 栗) 中竹和也 524 11 8
07 幸英明 54.0 1.28.5 39.4 -------8--6 5 24.2 キングヘイロー / レディピーチ 栗) 目野哲也 488 8 6
08 3/4 川原正一 55.0 1.28.6 38.4 ------11-10 9 34.1 ボストンハーバー / ポエティクシーズン 栗) 川村禎彦 472 3 3
09 13/4 岩田康誠 54.0 1.28.9 39.8 -------6--6 7 24.5 フレンチデピュティ / ワイルドフラワー 栗) 吉田直弘 468 4 4
10 アタマ 和田竜二 55.0 1.28.9 40.3 -------3--3 3 5.5 マーベラスサンデー / ヤワラブライト 栗) 柴田政見 514 7 6
11 大差 橋本美純 55.0 1.30.8 41.5 -------6--9 12 223.0 タバスコキャット / スリーケープ 栗) 橋本寿正 488 12 8
12 13/4 酒井学 55.0 1.31.1 40.9 ------12-12 11 220.8 ミシル / エンジェルフェイス 栗) 服部利之 428 6 5
単勝 1番 (2人) 4.1 枠連 1-7 (7人) 22.4 複勝 1番(2人)
10番(4人)
5番(1人)
1.3
2.8
1.1
ワイド 1-10(12人)
1-5(1人)
5-10(6人)
8.3
1.8
5.8
3連複 1-5-10 (3人) 14.5 馬連 1-10 (12人) 36.6
3連単 馬単 1-10 (16人) 61.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神5Rの2歳新馬(ダート1400m)は、2番人気シャドウストライプ(藤田伸二騎手)が逃げ切って新馬勝ちを決めた。勝ちタイムは1分26秒1。2馬身半差の2着に6番人気マーベラスアローが、1馬身1/4差の3着に1番人気エイジアンウインズがそれぞれ入線。
シャドウストライプは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母ムーディーサンダー(母の父Gulch)。
レース後のコメント
1着 シャドウストライプ 藤田伸二騎手
「あぶみが外れるぐらいの出遅れでしたが、普通に出ていれば、普通に勝っていました。内容以上に強いレースでした。エイジアンウインズがラチを怖がって、外に逃げるような感じだったので早めに行かせました。強いですよ」
2着 マーベラスアワー 秋山真一郎騎手
「スタートして行けなかったので、じっとしていました。仕掛けてからはよく伸びましたね。使ってよくなってきそうです」
4着 マキシマムフォース モンテリーゾ騎手
「馬がまだ子供ですね。物見をしていましたし、アクセルとブレーキを交互に踏んでいるような感じで、走りに集中していません。能力はあります」
5着 テイエムバクシン 中舘英二騎手
「腰が甘いので、ずっと追っつけたらバランスを崩しそうな感じでした。でも最後は伸びてはいます」 チても、内枠有利は変わりません。今日は外枠だった分、負けた感じです」
5着 イクスキューズ 藤田伸二騎手
「逃げたくなかったので、わざとゲートで顔を横に向かせ、ゆっくり出して内ラチ沿いを狙いました。すぐ前にウオッカ、アストンマーチャンを見る位置につけられましたが、相手は内枠からスムーズにあの位置、こっちは外から斜めに走って行ったもの。やはり外枠は不利だよ」
6着 ハロースピード 岩田康誠騎手
「ゲートの中でボーっとして、よいしょと出る感じで行き脚がつきませんでした。いい切れ味は持っているのですが、あの位置取りではどうしようもないですね。もう少し好位につけていたら、違ったんですがね」Vンドラー 武幸四郎騎手
「ゲートを出て、一歩めで躓いてしまい、位置取りが悪くなってしまった。重賞を勝てそうな馬なんだけどなぁ」
14着 オレハマッテルゼ 柴田善臣騎手
「いつもよりリラックスして走っていたんだけど、どうしたんだろう?」「ました。体は減ってくるだろうと思っていましたが、増えていたのはまぁ仕方ないでしょう。これぐらいの体でJCも走っていたのですが、その反動があったのかもしれませんね」キが、最後は止ま

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する