未勝利 (サ2才) 京都 1R 2006/11/05 のレース情報

基本情報
京都ダート・右1200M
第06回 京都 02日目
1 R
ダート・右1200M
晴  
未勝利   サ2才[指] / 馬齢
13 頭
10:10発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.13.5
前半5F:
59.6
後半3F:
38.3
ペース:平均
10 (103-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 55.0 1.13.5 38.2 -------2--2 1 2.8 バブルガムフェロー / キャロットウイン 栗) 坂口正則 482 -2 2 2
02 13/4 船曳文士 52.0 1.13.8 38.5 -------2--3 5 7.8 タニノギムレット / ゴールデンコマーズ 栗) 加用正  456 +2 8 6
03 21/2 岩田康誠 55.0 1.14.2 39.0 -------1--1 4 6.4 ボストンハーバー / ダービーズドーター 栗) 藤原英昭 502 +16 6 5
04 11/2 武豊 55.0 1.14.4 37.3 ------11-11 3 4.7 Victory Gallop / スヴレッタ 栗) 河内洋  446 +8 7 5
05 13/4 田村太雅 52.0 1.14.7 38.4 -------6--6 13 379.0 ハンセル / モリメイク 栗) 荒川義之 494 +4 12 8
06 クビ 福永祐一 55.0 1.14.7 38.9 -------4--4 2 3.3 フォーティナイナー / オグリロマンス 地) 山中輝久 446 0 4 4
07 ハナ 長谷川浩 55.0 1.14.7 38.1 -------8--7 10 191.5 アメリカンボス / ヒノキヤソフィスト 美) 郷原洋行 464 -4 5 4
08 11/2 幸英明 55.0 1.14.9 38.5 -------6--7 8 113.9 スクワートルスクワート / シゲルレスリー 栗) 坪憲章  476 -2 13 8
09 11/4 小池隆生 55.0 1.15.1 38.3 ------10-10 12 213.7 スエヒロコマンダー / スーパーヨチコ 栗) 川村禎彦 454 +4 10 7
10 クビ 藤岡佑介 55.0 1.15.2 38.0 ------11-11 7 34.0 テイエムオペラオー / アオイパレー 美) 石栗龍彦 478 -10 1 1
11 小原義之 55.0 1.15.5 38.1 ------13-13 11 197.2 サイレントハンター / カシノコウエイ 栗) 小原伊佐 426 +6 9 6
12 和田竜二 55.0 1.15.7 39.6 -------5--5 6 30.8 ボストンハーバー / セッション 美) 星野忍  478 -2 11 7
13 佐藤哲三 55.0 1.16.7 40.2 -------8--7 9 163.6 ボストンハーバー / マヤノカプリース 栗) 西園正都 468 -2 3 3
単勝 2番 (1人) 2.8 枠連 2-6 (4人) 9.3 複勝 2番(1人)
8番(3人)
6番(5人)
1.3
1.6
1.9
ワイド 2-8(4人)
2-6(3人)
6-8(9人)
3.4
3.3
5.7
3連複 2-6-8 (6人) 17.1 馬連 2-8 (5人) 9.8
3連単 馬単 2-8 (6人) 15.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都1Rの2歳未勝利戦(ダート1200m)は1番人気ブループレミアム(安藤勝己騎手)が2番手追走から直線抜け出して人気に応えた。勝ちタイムは1分13秒5(良)。1馬身3/4差2着に5番人気ゴールデンシャイン、さらに2馬身1/2差で3着に4番人気ロードクルーザーが入った。
ブループレミアムは栗東・坂口正則厩舎の2歳牡馬で、父バブルガムフェロー、母キャロットウイン(母の父マルゼンスキー)。通算3戦1勝。
-レース後のコメント-
1着 ブループレミアム(安藤騎手)
「スタートが上手ですね。今日みたいに2番手でレースをする方がいい感じです。先頭に立つとレースを止めようとしますからね。ダートは問題ないです」
3着 ロードクルーザー(岩田騎手)
「スピードがあるし、無理せずハナに行けました。最後も脚が上がっているわけではありませんよ」
4着 タニノロッキー(武豊騎手)
「ダートでのスタートが初めてだったせいか、躓いて落鉄してしまいました。ダートも距離も合いそうですよ」
6着 オグリスペシャル(福永騎手)
「いい馬だけど、気性的に砂を被るとダメですね。今後を考えて意識的に控えてみたのですが…」綷・ォが悪く、ハミに頼ってしまう感じ。もう少し距離を延ばしてハミを替えれば大丈夫だよ」
5着 サクラハーレー(北村宏騎手)
「トビが大きいので4コーナーでペースアップした時に置かれてしまった。でも最後は盛り返してくれたし、ダートの走りは悪くない。よく頑張っている」。アストンマーチャンを見ながらのレースでした。でも道中ムキになっているという感じではありませんでした。最後も伸びていますよ。もう少し落ち着いてくれればよかったのですが…」キね。馬の状態は良かったと思います。いつもくらいは走っているんです。いつもの馬に負けているだけですから」
7着 サンレイジャスパー(佐藤哲騎手)
「今日はトップスピードに乗るのが速い馬に有利な流れでした。道中はしっかり走っていたし、終いもバタバタになってはいないのですが…。よく走っています」
11着 ヤマニンシュクル(四位騎手)
「後味悪いですね。僕の馬はいい感じで行っていたのですが…」
13着 シェ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する