未勝利 (サ2才) 京都 1R 2006/11/04 のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
開催
第06回 京都01日目
コース
京都ダート・右1400M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
1 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才牝 [指]
頭数
14
発走時刻
10:10
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.26.2
平均ペース
17 (85-68)
前半5F:
1.00.0
後半3F:
38.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 佐藤哲三 54.0 1.26.2 38.4 -------1--1 1 1.6 ティンバーカントリー / ポールトゥウィン 栗) 南井克巳 504 -12 14 8
02 クビ ルメール 54.0 1.26.2 38.4 -------2--2 4 11.0 デヒア / マナーリー 栗) 佐々木晶 482 0 13 8
03 武幸四郎 54.0 1.27.1 38.7 -------3--3 3 6.3 メイショウドトウ / ダンシングハピネス 栗) 安田伊佐 458 -10 7 5
04 21/2 和田竜二 54.0 1.27.5 38.7 -------5--4 7 29.3 デザートキング / ファンドリモアー 栗) 岩元市三 460 +6 1 1
05 11/4 武豊 54.0 1.27.7 39.0 -------4--4 2 5.3 ジャングルポケット / ルビーマイディア 美) 粕谷昌央 464 +14 3 3
06 11/2 小牧太 54.0 1.27.9 38.3 -------9--9 5 25.2 ニホンピロニール / ニホンピロダンス 栗) 服部利之 454 -6 2 2
07 福永祐一 54.0 1.28.2 38.3 ------11-10 6 27.1 クロフネ / エリモプリティー 栗) 木原一良 456 0 5 4
08 クビ 内田浩一 54.0 1.28.3 39.3 -------6--6 10 74.7 キャプテンスティーヴ / メイショウユキカゼ 栗) 宮徹   422 +2 8 5
09 21/2 菊地昇吾 54.0 1.28.7 39.1 ------11--7 14 314.0 テイエムオペラオー / テイエムサイレン 栗) 鹿戸明  390 -6 12 7
10 クビ 小林徹弥 54.0 1.28.8 39.5 -------8--7 8 47.3 フォーティナイナー / ニホンピロサンデー 栗) 大橋勇樹 450 +10 4 3
11 安部幸夫 54.0 1.30.0 39.9 ------13-12 12 212.0 ヘクタープロテクター / アイファーユキ 美) 境征勝  456 -6 9 6
12 13/4 川原正一 54.0 1.30.3 41.0 -------6-10 13 311.3 タヤスツヨシ / シーダーアラジ 栗) 飯田雄三 444 +4 6 4
13 21/2 岩田康誠 54.0 1.30.7 41.0 ------10-12 9 54.7 グラスワンダー / プリンセスコウベ 美) 石栗龍彦 486 0 11 7
14 21/2 藤岡佑介 54.0 1.31.1 40.2 ------14-14 11 143.7 オースミジェット / アズマフアンシー 栗) 須貝彦三 486 -2 10 6
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 1.6 枠連 8-8 (3人) 8.9 複勝 14番(1人)
13番(4人)
7番(3人)
1.1
1.9
1.4
ワイド 13-14(3人)
7-14(1人)
7-13(7人)
3.1
1.9
6.5
3連複 7-13-14 (2人) 12.5 馬連 13-14 (3人) 9.3
3連単 馬単 14-13 (4人) 13.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 14番ウッドウインド(佐藤哲三騎手)
「スタートして前脚を滑らせてしまいました。その状態で無理に引っ張ると嫌気をさしてしまうかもしれないので、抑えず馬任せで前に行きました。道中は後ろから突っかかれても掛からずに我慢して、終いもしっかり伸びていましたよ」
2着 13番イカガデスカ(C・ルメール騎手)
「スタートでモタつくと聞いていたのですが、今日はいいスタートでした。併せ馬でファイトを見せて前を交わせるかと思ったのですが、最後は同じ脚色になってしまいました」
5着 3番ルビウス(武豊騎手)
「走りっぷりは悪くないのですが、砂を被って嫌がったりしてまだ若い。慣れれば走りますよ」かせてましたね。それでも素直な馬で、最後までしっかりといい形でレースをしてくれました」隼人騎手)
「今日は外枠もあってペースが落ちたところで行きたがる気性が出てしまいました」と一歩ですが、ジリジリとしか伸びないのでダート向きなのかもしれません」
4着 タマイエス(鮫島騎手)
「今日は外枠が堪えた感じですね。3-4コーナーではいい感じだったんですが、ずっと外を回らされる形で最後もうひと伸びがなかったですね」子供。この一戦を叩いたらよくなりそう」エ騎手)
「この馬には、この距離は長いでしょう。もう少し短ければ折り合いもつくと思います」

予想動画
関連記事
関連つぶやき