菊花賞(2006/10/22) のレース情報

基本情報
京都芝・右外3000M
開催
第05回 京都06日目
コース
京都芝・右外3000M
クラス
オープンGⅠ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才牡・牝 (指)
頭数
18
発走時刻
15:40
回次
第 67 回
本賞金(万
11,200 - 4,500 - 2,800 - 1,700 - 1,120
レース名
菊花賞 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:3.02.7
平均ペース
27 (-39+66)
前半5F:
58.7
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武幸四郎 57.0 3.02.7 33.5 16-16-16--8 8 44.2 エルコンドルパサー / メモリアルサマー 栗) 浅見秀一 480 +4 18 8
02 クビ 横山典弘 57.0 3.02.7 34.0 -6--6--6--7 2 4.9 フジキセキ / グレースランド 美) 稲葉隆一 466 +4 13 7
03 13/4 武豊 57.0 3.03.0 35.9 -1--1--1--1 3 6.2 サンデーサイレンス / プロモーション 栗) 橋田満  498 +8 5 3
04 21/2 石橋守 57.0 3.03.4 34.9 -4--4--4--2 1 2.0 オペラハウス / マイヴィヴィアン 栗) 高橋成忠 518 +6 12 6
05 1/2 田中勝春 57.0 3.03.5 34.4 12-14-13-13 10 60.5 サンデーサイレンス / グレイテストヒッツ 美) 二ノ宮敬 520 -10 15 7
06 ハナ 藤岡佑介 57.0 3.03.5 34.0 17-16-17-17 15 152.5 アドマイヤベガ / ボンヌシャンス 美) 萩原清  474 -4 9 5
07 13/4 福永祐一 57.0 3.03.8 34.9 -9--9-10-12 4 8.1 サンデーサイレンス / シェンク 栗) 河内洋  506 -4 7 4
08 ハナ 藤田伸二 57.0 3.03.8 35.2 -4--5--5--5 6 24.9 ダンスインザダーク / ヒドゥンダンス 栗) 藤原英昭 480 +10 1 1
09 3/4 和田竜二 57.0 3.03.9 34.7 12-11-14-13 14 143.1 コマンダーインチーフ / タガノブルードレス 栗) 中尾秀正 526 -6 4 2
10 アタマ 石橋脩 57.0 3.03.9 34.6 15-15-14-16 12 69.3 マーベラスサンデー / パールネツクレース 美) 伊藤正徳 470 -4 6 3
11 1/2 池添謙一 57.0 3.04.0 34.9 12-11-10-13 11 63.4 エルコンドルパサー / ミスティーダンス 美) 鈴木康弘 486 -4 2 1
12 21/2 安藤勝己 57.0 3.04.4 35.8 -7--7--6--5 7 29.2 エルコンドルパサー / アイシーサイレンス 栗) 坪憲章  498 +6 14 7
13 小牧太 57.0 3.04.6 36.2 -2--2--2--2 17 243.6 マヤノトップガン / マリエンマ 栗) 松元茂樹 464 +4 8 4
14 11/4 吉田豊 57.0 3.04.8 35.9 11-11-10--8 13 126.8 アドマイヤベガ / スパークトウショウ 美) 大久保洋 464 +2 16 8
15 11/2 岩田康誠 57.0 3.05.0 36.2 -7--7--9--8 5 17.2 サンデーサイレンス / セトフローリアン2 栗) 池江泰寿 484 +4 10 5
16 クビ イネス 57.0 3.05.1 36.7 -2--2--2--2 9 48.9 サンデーサイレンス / ジョウノエンジェル 美) 中川公成 452 +14 11 6
17 ハナ 四位洋文 57.0 3.05.1 35.4 18-18-17-18 18 254.4 エルコンドルパサー / サクラサク2 栗) 浅見秀一 478 0 17 8
18 13/4 秋山真一 57.0 3.05.4 36.6 -9--9--6--8 16 198.4 キャプテンスティーヴ / ゴールデンマザー 栗) 領家政蔵 510 +6 3 2
~払い戻し~
単勝 18番 (8人) 44.2 枠連 7-8 (11人) 27.7 複勝 18番(8人)
13番(2人)
5番(3人)
7.6
1.9
2.3
ワイド 13-18(14人)
5-18(24人)
5-13(4人)
15.5
24.1
5.4
3連複 5-13-18 (32人) 117.0 馬連 13-18 (20人) 64.8
3連単 18-13-5 (300人) 1,445.2 馬単 18-13 (57人) 242.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ソングオブウインド(武幸騎手)
「とにかく前半をリラックスして乗ることだけを考えました。手応えがあったので折り合いだけに気をつけていたのですが、あんな後ろの位置になるとは思いませんでした。押して馬とけんかするより最後の脚にかけようと思っていました。4コーナーでは交わせるかなという手応えで、とにかく必死でした。まだピンと来ません。これから嬉しくなってくると思います」
(浅見師)
「体調は上向いていたし、神戸新聞杯の内容からある程度やれるとは思っていました。ただ実力馬ばかりなので自信はありませんでした。今日は僕よりも馬の方が落ち着いていました。武幸四郎騎手がうまく自分のペースでレースをしてくれました。この後は具体的には考えていませんが、休ませるつもりはありません。3冠を阻止した気持ちは複雑です」
2着 ドリームパスポート(松田博師)
「前走より状態はよかったのですが…。最後も一旦前に出たのですが、差し返されましたね。状態次第でもう一度どこかを使うことも考えています」
3着 アドマイヤメイン(武豊騎手)
「うまくレースを運べました。1000mを58秒7というのもターフビジョンで確認する余裕がありました。これ以上ペースが上がったらこの馬には辛かったでしょうが、気負いもなく走っていました。本質的にこの距離は長いのでしょう。適性の差でしょうね」
4着 メイショウサムソン(石橋騎手)
「早めに動いて差されるのは仕方ありませんが、前に行く馬を捉えられなかったのは分からないですね。道中は折り合いがついていましたが、4コーナーの手応えはあまりよくありませんでした。自分の位置でレースは出来たのですが…。出来は前走と変わりなかったと思います」
6着 インテレット(藤岡騎手)
「ゲートがうるさかったですね。それで他の陣営に迷惑をかけてしまいました。出遅れましたが、あの流れの中折り合いもつき、脚をためて直線は外に出していい脚を使ってくれました」
7着 マルカシェンク(福永騎手)
「流れは理想的で距離の適性が出始めたかなという感じです。トモに力がついてきて、長距離の馬という感じではなくなってきましたね。4コーナーではもう手応えがありませんでした」
12着 アペリティフ(安藤騎手)
「パワータイプの馬ですからね。この時計では辛いでしょう」@ライラプス(鮫島騎手)
「返し馬の時からハミを噛んでいました。馬が力んでしまって…」@イター(L・デットーリ騎手)
「レース前半の感触はよかったが、残り400mで手応えがなくなった。休み明けの影響かな。一度使っていれば違った結果になっていたと思う。能力はある」
11着 ジンクライシス(五十嵐冬樹騎手)
「苦手な輸送がありながら、頑張ってくれています」
12着 メイショウバトラー(佐藤哲三騎手)
「本当は3番手くらいに控えて行きたかったのですが、誰も行かないので行きました。いいペースで運べましたが、この距離で瞬発力比べになると厳しいですね」
13着 フサイチリシャール(内田博幸騎手)
「ダートはまったく問題ありませんが、ダートなら1600mくらいの方が合っていると思います」i田中勝春騎手)
「まさかゲートを出ないとは思わなかったよ。2コーナーで脚を使ったぶん折り合いに注意して行ったが、直線に向いたら手応えはなかった」
11着 1番タスカータソルテ(武豊騎手)
「いい感じで直線を向くまで行ったが、この馬には馬場が硬い感じがする」
14着 5番トーセンマーチ(内田博幸騎手)
「スタートは良く、外から来られたので4-5番手に下げて競馬をしました。キャリアも浅いので、使っていけばいい競馬ができると思います」
16着 9番ヒラボクロイヤル(大久保龍志調教師)
「気性がまだ少し幼いですね。青葉賞は激しいレースで、馬もやる気を出していたのですが、今日は落ち着いた流れになってしまい、馬に燃えるところがありませんでした。最後は自分から走るのをやめてしまいました」
17着 2番ゴールドアグリ(勝浦正樹騎手)
「思っていた感じの通りに乗れました。直線は一瞬だけ伸びかけたけど、そこで止まってしまいました。まだ経験の少ない馬なので、これからキャリアを重ねれば大舞台でも走れるようになりますよ」ことができましたが……。内からコスモバルクが来て、外に逃げてしまいました。申し訳ありません」
8着 13

予想動画
関連記事
関連つぶやき