未勝利 (サ2才) 京都 2R 2006/10/22 のレース情報

基本情報
京都芝・右1600M
開催
第05回 京都06日目
コース
京都芝・右1600M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
2 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(混)[指]
頭数
11
発走時刻
10:30
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
勝ちタイム:1.33.8
平均ペース
-20 (-36+16)
前半5F:
59.3
後半3F:
34.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 54.0 1.33.8 34.1 -------4--4 1 1.3 アグネスタキオン / タックスヘイブン 栗) 橋口弘次 462 -2 1 1
02 福永祐一 55.0 1.35.0 35.7 -------1--1 3 15.1 メジロライアン / コウエイブルーム 栗) 川村禎彦 500 0 7 6
03 藤岡佑介 55.0 1.35.8 35.7 -------7--7 6 26.9 ドリームウェル / アカンプリッシュ 栗) 作田誠二 450 -10 11 8
04 3/4 和田竜二 55.0 1.35.9 36.0 -------6--5 5 18.8 タイキフォーチュン / マド 栗) 服部利之 492 -2 4 4
05 13/4 安部幸夫 54.0 1.36.2 36.0 -------7--7 11 279.8 サツカーボーイ / シャダイフラワー 栗) 野元昭  428 +8 3 3
06 ハナ 武豊 55.0 1.36.2 36.8 -------2--2 2 5.2 Forestry / Tapstress 栗) 森秀行  494 -4 6 6
07 クビ 川原正一 55.0 1.36.2 35.8 -------9-11 9 127.7 クロフネ / レットルダムール 栗) 宮本博  474 -4 10 8
08 秋山真一 55.0 1.36.4 36.1 ------11--9 8 69.4 マヤノトップガン / チョウカイミズホ 美) 高木登  438 -2 9 7
09 11/2 幸英明 55.0 1.36.6 36.7 -------5--5 10 130.3 スクワートルスクワート / シゲルレスリー 栗) 坪憲章  478 +6 2 2
上村洋行 55.0 - - -------9--9 7 - クロフネ / スイートアレキサンドラ 栗) 浜田光正 432 +4 5 5
熊沢重文 55.0 - - -------2--2 4 - Yankee Victor / Harps and Wings 栗) 白井寿昭 470 +4 8 7
~払い戻し~
単勝 1番 (1人) 1.3 枠連 1-6 (1人) 1.8 複勝 1番(1人)
7番(3人)
11番(6人)
1.1
2.0
2.9
ワイド 1-7(2人)
1-11(4人)
7-11(12人)
2.8
3.2
12.2
3連複 1-7-11 (7人) 22.8 馬連 1-7 (2人) 5.6
3連単 馬単 1-7 (2人) 6.5
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都2Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は1番人気ルミナスハーバー(小牧太騎手)が好位追走から直線抜け出し、後続に7馬身差をつけて圧勝した。勝ちタイムは1分33秒8(良)のレコード(2歳京都内回りコース)。2着に3番人気グッドキララ、さらに5馬身差で3着に6番人気グラントリアノンが入った。
ルミナスハーバーは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牝馬で、父アグネスタキオン、母タックスヘイブン(母の父Alydar)。通算成績は2戦1勝となった。母タックスヘイブンは94年クイーンC(GIII)3着馬。半兄に重賞3勝の現役ヒシアトラス(父ティンバーカントリー)。
-レース後のコメント-
1着 ルミナスハーバー(小牧騎手)
「行く気はなかったので抑えて行きました。折り合いもついて直線は抜群の伸びでしたね。将来性十分です」
3着 グラントリアノン(藤岡騎手)
「外枠だったので外、外を回らされましたが、手応えは悪くなかったです。1回使われて順当によくなってます」
6着 アグネスポライト(武豊騎手)
「流れには乗ってましたが、4コーナーで一杯になってしまいました」Bダートでも問題なかったし、折り合いもついていました。スムーズに走っていて、一瞬スッと行きかけたのですが…」
(松田国英調教師)
「前半ペースが上がらず、バラけないので、ラチと馬の間でプレッシャーを受けてしまいましたね。外に出したかったが、人気馬でマークもされてしまいましたね。砂を被っても嫌がらなかったし、ダートでも普通に走っていましたよ」
6着 6番タイキエニグマ(田中勝春騎手)
「ゲートを出たけど、そこからついて行けませんでした。最後は脚を使ってくれましたけどね」
12着 1番サカラート(安藤勝己騎手)
「スタートして前につけて行こうとしたんですが、外から押し込まれてしまって、その後はリズムに乗れずじまいだったね」[ン(山本茜騎手)
「前に行かないと来た意味が無いので、積極的にいった。自分の競馬は出来たと思う」
9着ナイキアディライト(内田博幸騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき