未勝利 (サ2才) 東京 3R 2006/10/22 のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
第04回 東京 06日目
3 R
芝・左1600M
晴  
未勝利
サ2才 / 馬齢
11 頭
10:50発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
ペース平均:
6
内枠好走:
-2
勝タイム:
1.36.0
前半5F:
1.00.3
後半3F:
35.7
ペース:平均
0 (-16+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 54.0 1.36.0 35.3 -------5--5 1 1.9 ジャングルポケット / ロココスタイル 美) 栗田博憲 434 -2 6 6
02 柴田善臣 55.0 1.36.3 35.9 -------3--2 3 6.4 メジロマックイーン / ダイイチアピール 美) 田中剛  474 -2 7 6
03 11/4 松岡正海 55.0 1.36.5 36.1 -------3--2 4 11.7 キンググローリアス / テンペストケース 美) 鹿戸雄一 460 +2 11 8
04 1/2 小島太一 52.0 1.36.6 36.3 -------2--1 2 3.5 マンハッタンカフェ / カリーノカフェ 美) 小島太  484 -2 9 7
05 11/4 勝浦正樹 55.0 1.36.8 35.0 ------11-11 7 28.2 フィガロ / アンテリージェ 美) 清水利章 484 +4 2 2
06 3/4 蛯名正義 54.0 1.37.0 36.3 -------5--5 6 20.2 サクラバクシンオー / サクラテンシ 美) 伊藤圭三 490 +4 3 3
07 3/4 後藤浩輝 55.0 1.37.1 36.1 -------7--7 5 15.0 ダンスインザダーク / マウントグローリ 美) 稗田研二 458 +4 1 1
08 石神深一 55.0 1.37.4 35.8 -------7--9 11 290.1 カリスタグローリ / ナンバーエイト 美) 石栗龍彦 476 -6 10 8
09 31/2 小林淳一 55.0 1.38.0 37.0 -------7--7 10 136.2 オフサイドトラップ / ガルフィアン 美) 中野渡清 442 +2 8 7
10 クビ 郷原洋司 54.0 1.38.0 37.6 -------1--2 9 60.7 トウカイテイオー / エムケイビーナス 美) 秋山雅一 468 -2 5 5
11 21/2 小野次郎 55.0 1.38.4 36.8 ------10--9 8 42.7 タニノギムレット / ミナガワジュエル 美) 菅原泰夫 494 -16 4 4
単勝 6番 (1人) 1.9 枠連 6-6 (2人) 7.7 複勝 6番(1人)
7番(3人)
11番(4人)
1.2
1.7
2.4
ワイド 6-7(3人)
6-11(6人)
7-11(10人)
3.7
5.0
9.3
3連複 6-7-11 (6人) 22.1 馬連 6-7 (2人) 7.4
3連単 馬単 6-7 (3人) 11.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京3Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は1番人気シーディドアラバイ(北村宏司騎手)が中団追走から直線抜け出し、3番人気ホクトスルタンに2馬身差をつけて快勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。3着に4番人気マイネルドナールが入った。
シーディドアラバイは美浦・栗田博憲厩舎の2歳牝馬で、父ジャングルポケット、母ロココスタイル(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦1勝となった。
-レース後のコメント-
1着 シーディドアラバイ(北村騎手)
「ちょっとテンション高めかと思いましたが、レースでは落ち着いてうまく流れに乗って手応えよく運べました。競馬が上手ですし、いい切れを持っていますね」
2着 ホクトスルタン(柴田善騎手)
「段々よくなってますよ」
3着 マイネルドナール(松岡騎手)
「馬群に入れたかったのですが、前半外に逃げ通し。我慢して最後は脚を使っているんですけど…」
4着 マスターカフェ(小島太一騎手)
「二の脚が速くて前に出てしまい、並んでからは力んでしまいました。馬の後ろにつけられればまた違うと思うのですが」レースを運べました。1000mを58秒7というのもターフビジョンで確認する余裕がありました。これ以上ペースが上がったらこの馬には辛かったでしょうが、気負いもなく走っていました。本質的にこの距離は長いのでしょう。適性の差でしょうね」
4着 メイショウサムソン(石橋騎手)
「早めに動いて差されるのは仕方ありませんが、前に行く馬を捉えられなかったのは分からないですね。道中は折り合いがついていましたが、4コーナーの手応えはあまりよくありませんでした。自分の位置でレースは出来たのですが…。出来は前走と変わりなかったと思います」
6着 インテレット(藤岡騎手)
「ゲートがうるさかったですね。それで他の陣営に迷惑をかけてしまいました。出遅れましたが、あの流れの中折り合いもつき、脚をためて直線は外に出していい脚を使ってくれました」
7着 マルカシェンク(福永騎手)
「流れは理想的で距離の適性が出始めたかなという

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する