未勝利 (サ2才) 京都 1R 2006/10/07 のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
第05回 京都 01日目
1 R
ダート・右1400M
晴   稍重
未勝利
サ2才(市)[指] / 馬齢
13 頭
10:10発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
ペース平均:
2
内枠好走:
0
勝タイム:
1.27.1
前半5F:
1.00.6
後半3F:
39.3
ペース:平均
47 (115-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 55.0 1.27.1 38.8 -------4--4 3 6.6 フジキセキ / シンシンフェミニン 栗) 坂口正則 462 +2 9 6
02 11/2 武豊 55.0 1.27.3 39.5 -------1--1 2 2.6 タニノギムレット / アルーリングアクト 栗) 中尾正  470 +4 2 2
03 11/4 中村将之 52.0 1.27.5 39.0 -------7--5 7 32.6 カリズマティック / ジリーズヘイロー 栗) 佐々木晶 484 +10 3 3
04 13/4 金折知則 55.0 1.27.8 39.9 -------2--2 10 61.9 デザートストーリー / オンリーマイウェイ 栗) 梅田康雄 470 +8 6 5
05 福永祐一 55.0 1.28.9 40.8 -------3--3 5 16.5 メイショウドトウ / メモラブルグリーン 栗) 松永昌博 492 +12 13 8
06 ハナ 岩田康誠 55.0 1.28.9 40.4 -------6--7 4 7.3 グラスワンダー / ロイヤルミント 栗) 西園正都 466 -4 12 8
07 クビ 上野翔 52.0 1.29.0 40.1 ------10-10 11 144.9 リンドシェーバー / タヤススルガ 栗) 鈴木孝志 454 +4 5 4
08 11/2 秋山真一 55.0 1.29.2 39.7 ------13-13 1 2.6 アドマイヤベガ / カーペディエム 栗) 岡田稲男 454 +8 8 6
09 21/2 熊沢重文 54.0 1.29.6 40.8 ------10-11 8 41.6 コマンダーインチーフ / マイルドスマイル 栗) 平田修  440 +18 7 5
10 クビ 高野容輔 55.0 1.29.6 40.7 ------10-12 13 207.3 ブラックホーク / パインアヤカ 美) 二本柳俊 482 +2 11 7
11 クビ 四位洋文 55.0 1.29.7 40.9 -------9--7 6 28.6 グラスワンダー / パープルコート 栗) 池添兼雄 460 0 4 4
12 クビ 池添謙一 55.0 1.29.7 41.1 -------7--6 9 55.0 キンググローリアス / ウイルタイムオン 栗) 浅見秀一 456 -2 10 7
13 大差 幸英明 54.0 1.32.5 44.2 -------4--7 12 174.6 ゼンノエルシド / ミッドナイトムーン 栗) 梅田康雄 442 +4 1 1
単勝 9番 (3人) 6.6 枠連 2-6 (1人) 2.3 複勝 9番(3人)
2番(2人)
3番(7人)
1.8
1.4
6.6
ワイド 2-9(3人)
3-9(29人)
2-3(18人)
3.4
30.9
17.3
3連複 2-3-9 (36人) 126.7 馬連 2-9 (3人) 8.4
3連単 馬単 9-2 (7人) 19.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 シンデレラマン(和田竜二騎手)
「ここまで2戦、1000mの距離を使っていた分、距離延長でテンにスッと行けるようになった。これまでのズブいという印象はなかったね。直線もうまく前が開いてくれた」
2着 アルーリングライン(武豊騎手)
「今までで一番いい内容のレースだったね。体はもう少し絞れてもよさそうだし、手前も替えてくれなかったからね。その辺りが課題」
3着 ウインルーセント(中村将之騎手)
「前走がボーッとした走りだったので追っ付けてったら、ハミをとっていい手応えで追走することが出来た。体はプラス10キロだったが、もっとあってもよさそう。距離はこれくらいのほうがいい」
5着 エイシンイッパツ(福永祐一騎手)
「今日は馬群について行けたが、距離がもっとあった方がいい」
8着 ヴェリタス(秋山真一郎騎手)
「芝とダートの境目で飛んで、着地のときに前の馬に乗っかってバランスを崩してしまった」アの馬自身使われてからの上積みはありますよ」ナはないですね」
10着 キタサンバースデー(嶋田功調教師)
「どうも外へ外へ逃げてしまって、レースで一番悪いところが出てしまいましたね」んね。なんとなく走っていてサーッと行くところがまだないようです。でもそうしたことを考えるとよく走っていますね。少し使っていけばよくなりますよ」
3着 レオタツオー(勝浦騎手)
「まだピリッとしたところがないんですよ。遊びながら走っていますからね。ですからこの後はどんどんよくなる可能性がありますね」塔Oスデライト(小池隆生騎手)
「切れる脚が無いので早めに動きました。いい感じでした。まだよくなりそうですよ」
7着 9番 アルシラート(藤田伸二騎手)
「走る馬だと思いますが、まだキャリアが浅いですから」
10着 13番ケイ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する