神戸新聞杯(2006/09/24) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
開催
第03回 中京06日目
コース
中京芝・左2000M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混) 牡・牝 (指)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 54 回
本賞金(万
5,400 - 2,200 - 1,400 - 810 - 540
レース名
神戸新聞杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
勝ちタイム:1.58.1
平均ペース
28 (-1+29)
前半5F:
59.1
後半3F:
35.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 高田潤 56.0 1.58.1 34.7 -5--6--8--6 3 8.6 フジキセキ / グレースランド 美) 稲葉隆一 462 0 13 7
02 クビ 石橋守 56.0 1.58.1 35.0 -3--4--4--4 1 1.6 オペラハウス / マイヴィヴィアン 栗) 高橋成忠 512 +10 2 1
03 1/2 武幸四郎 56.0 1.58.2 35.4 -2--2--2--1 6 42.3 エルコンドルパサー / メモリアルサマー 栗) 浅見秀一 476 +8 11 6
04 1/2 福永祐一 56.0 1.58.3 35.0 -5--7--6--4 4 9.7 クロフネ / フサイチエアデール 栗) 松田国英 496 +10 5 3
05 アタマ 川田将雅 56.0 1.58.3 34.2 15-15-16-14 10 186.6 エイシンサンディ / サマーブリーズ 美) 伊藤伸一 460 0 14 7
06 ハナ 佐藤哲三 56.0 1.58.3 34.6 11-11-12-11 15 423.3 スキャターザゴールド / エリモブラウニー 栗) 大久保龍 502 +10 1 1
07 クビ 武豊 56.0 1.58.4 35.5 -3--3--3--3 2 3.6 サンデーサイレンス / プロモーション 栗) 橋田満  490 -6 16 8
08 3/4 和田竜二 56.0 1.58.5 34.9 13-13-10--7 9 152.4 エルコンドルパサー / レイナデラダンサ 栗) 崎山博樹 474 +6 4 2
09 3/4 安藤勝己 56.0 1.58.6 35.2 -9--7--8--7 5 36.3 エルコンドルパサー / アイシーサイレンス 栗) 坪憲章  492 +12 3 2
10 クビ 小牧太 56.0 1.58.7 34.7 15-15-14-16 13 340.8 サンデーサイレンス / チョウカイキャロル 栗) 加藤敬二 476 -24 8 4
11 11/4 藤岡佑介 56.0 1.58.9 35.3 -5--7-10--7 7 43.5 タマモクロス / アンサーミー 栗) 藤岡健一 474 -2 9 5
12 クビ 中村将之 56.0 1.58.9 35.2 11-11-12-12 11 269.5 フサイチコンコルド / タブロイドタトル 栗) 田所秀孝 490 -4 6 3
13 11/4 池添謙一 56.0 1.59.1 35.2 13-13-14-12 14 347.8 タイキシャトル / ハイパスチャー 栗) 池添兼雄 482 +10 7 4
14 21/2 秋山真一 56.0 1.59.5 36.8 -1--1--1--2 12 337.8 オペラハウス / ホッポウマリア 栗) 加用正  468 -6 10 5
15 11/2 本田優 56.0 1.59.7 36.6 -5--4--4--7 8 58.5 アドマイヤベガ / モデスティイトセルフ 栗) 西浦勝一 482 +6 15 8
16 野元昭嘉 56.0 2.00.4 37.2 -9--7--6-14 16 436.4 アドマイヤボス / トップニュース2 栗) 昆貢   490 +2 12 6
~払い戻し~
単勝 13番 (3人) 8.6 枠連 1-7 (2人) 5.6 複勝 13番(3人)
2番(1人)
11番(6人)
1.9
1.1
4.9
ワイド 2-13(2人)
11-13(14人)
2-11(7人)
2.4
15.4
7.4
3連複 2-11-13 (10人) 34.1 馬連 2-13 (2人) 5.8
3連単 13-2-11 (48人) 179.7 馬単 13-2 (5人) 17.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 ドリームパスポート(高田騎手)
「中京コースはかなり時計の速い馬場になっているので、いつもより早め早めのポジションを取りました。ちょうど目の前にメイショウサムソンがいたので、それを見ながらの追走になりました。最後は馬場のいい外めに出したら、ものすごい伸びでしたね。厩舎スタッフがみんな一丸となって育ててきた馬ですし、自分自身も自厩舎の馬で平地重賞を勝てて嬉しいです。GIの強いメンバー相手でも頑張ってくれると思います」
(松田博師)
「高田騎手には『1ハロンだけは必ずいい脚を使う馬だから、とにかく我慢しろ』と指示していた。今日に関しては100点満点の騎乗だったね。夏を越して馬が柔らかくなってきたし、完歩も大きくなってきたみたいだね」
2着 メイショウサムソン(石橋騎手)
「勝ち馬と離れすぎていたしね。向こうの方がキレもあった。並んでの追い比べだったら、また違ったかもしれない。でもそんなに負けていないし…。体が増えていたのは成長分。次、頑張ります」
3着 ソングオブウインド(武幸騎手)
「1コーナーでゴチャついたときに掛かり気味になったけど、行き切って折り合ってくれた。逆に無理に引っ張らないでよかった。もともとこの馬はすぐにいいポジションを取ってくれる馬だった。距離が延びても折り合いがつけば平気だと思う」
7着 アドマイヤメイン(武豊騎手)
「4コーナーで窮屈になったね。伸びているけど…。大体使ってよくなるタイプ。中京の2000mもこの馬には合わないね」
11着 タマモサポート(藤岡騎手)
「(1コーナーで不利があった)後でしゃべります」た。いい感じでした。まだよくなりそうですよ」
7着 9番 アルシラート(藤田伸二騎手)
「走る馬だと思いますが、まだキャリアが浅いですから」
10着 13番ケイアイマイスキー(幸英明騎手)
「外枠で前に壁が作れずに引っ掛かってしまいました」W着 14番ライラプス(鮫島良太騎手)
「そんなに負けてはいないが、もう少し上がりのかかる流れになってほしかった。ジワジワ伸びているが、瞬発力勝負では苦しい」
9着 5番レクレドール(蛯名正義騎手)
「バテていないしジリジリとは来ているが、伸びそうで伸びないね。やはり北海道の洋芝が合っているんだろう」は辛いでしょう」@ライラプス(鮫島騎手)
「返し馬の時からハミを噛んでいました。馬が力んでしまって…」@イター(L・デットーリ騎手)
「レース前半の感触はよかったが、残り400mで手応えがなくなった。休み明けの影響かな。一度使っていれば違った結果になっていたと思う。能力はある」
11着 ジンクライシス(五十嵐冬樹騎手)
「苦手な輸送がありながら、頑張ってくれています」
12着 メイショウバトラー(佐藤哲三騎手)
「本当は3番手くらいに控えて行きたかったのですが、誰も行かないので行きました。いいペースで運べましたが、この距離で瞬発力比べになると厳しいですね」
13着 フサイチリシャール(内田博幸騎手)
「ダートはまったく問題ありませんが

予想動画
関連記事
関連つぶやき