新馬 (サ2才) 中山 4R 2006/09/10 のレース情報

基本情報
中山芝・右外1200M
第04回 中山 02日目
4 R
芝・右外1200M
晴  
新馬   サ2才(混)[指] / 馬齢
15 頭
11:30発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.09.3
前半5F:
57.4
後半3F:
34.9
ペース:平均
-35 (17-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉田隼人 53.0 1.09.3 34.6 -------4--4 2 3.6 Belong to Me / Primequest 美) 天間昭一 464 13 7
02 田中勝春 54.0 1.09.5 35.1 -------1--1 4 5.6 Songandaprayer / Daisy Dukes 美) 宗像義忠 526 10 6
03 3/4 高山太郎 54.0 1.09.6 34.7 -------7--7 8 24.7 スクワートルスクワート / シルバーシャワーズ 美) 畠山重則 422 12 7
04 木幡初広 54.0 1.10.3 35.8 -------2--2 7 20.9 バチアー / キタノミライ 美) 畠山重則 414 6 4
05 3/4 横山典弘 54.0 1.10.4 35.7 -------4--4 1 3.6 フジキセキ / トゥインクルレイン 美) 奥平雅士 458 2 2
06 11/4 柴田善臣 54.0 1.10.6 36.1 -------2--2 3 5.0 アグネスタキオン / ファスタ 美) 加藤征弘 466 11 6
07 21/2 蛯名正義 54.0 1.11.0 35.9 -------8--8 5 14.4 Kingmambo / La Soberbia 美) 畠山吉宏 436 7 4
08 1/2 大野拓弥 52.0 1.11.1 35.9 -------8--9 11 89.5 キャプテンスティーヴ / イブキフリッカー 美) 斎藤誠  400 15 8
09 アタマ 中舘英二 54.0 1.11.1 35.6 ------11-11 10 37.8 ネーハイシーザー / アーバンウィング 美) 田村康仁 414 8 5
10 3/4 小林淳一 54.0 1.11.2 36.0 -------8--9 13 149.7 デザートキング / オカノイチバン 美) 岩城博俊 514 14 8
11 11/4 沢昭典 54.0 1.11.4 36.7 -------4--4 6 17.8 エアジハード / ビザンフラワー 美) 沢峰次  434 9 5
12 ハナ 吉田豊 54.0 1.11.4 35.1 ------13-12 9 26.7 Cozzene / Monica Faye 美) 和田正道 478 1 1
13 21/2 村田一誠 54.0 1.11.8 35.8 ------12-12 12 96.9 アフリート / カシマトレジャー 美) 佐藤全弘 402 4 3
14 大差 柄崎将寿 54.0 1.14.7 37.0 ------15-15 15 196.2 ジョービッグバン / ブゼンシアラー 美) 柄崎孝  428 3 2
15 11/4 江田照男 54.0 1.14.9 38.7 ------13-14 14 170.4 ローゼンカバリー / バトルルミナス 美) 山田要一 450 5 3
単勝 13番 (2人) 3.6 枠連 6-7 (1人) 3.6 複勝 13番(1人)
10番(3人)
12番(6人)
1.6
1.8
3.9
ワイド 10-13(5人)
12-13(9人)
10-12(23人)
4.9
10.3
16.8
3連複 10-12-13 (21人) 62.6 馬連 10-13 (5人) 11.4
3連単 馬単 13-10 (8人) 19.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 13番マルターズクラシカ(吉田隼人騎手)
「スタートをうまく切れたんですが、折り合いがつきそうでしたから無理をせずゆっくり行かせました。追ってからの手応えも良かったですね。落ち着いた馬ですから、もう少し距離が延びた方が面白いと思います」
2着 10番サープラスシンガー(田中勝春騎手)
「スタートの上手い馬ですね。直線で他の馬が寄ってくるとフワフワするところがありますが、いいセンスを持っていますよ。距離は短い方がいいでしょう」
5着 2番トゥインクルタイム(奥平雅士調教師)
「馬はしっかりしているし、能力はあるんですが、スタート直後からがっちりハミを噛んで見た目以上に行きたがったようで、ジョッキーも『新馬でこれだけ引っ張っていく馬は珍しい』と言っていました。この後、もう少しゆっくり行けるようにしていきたいと思っています」な」
5着 10番マイネルモルゲン(吉田隼人騎手)
「いいときはガーっと行く馬が、今日は妙に大人しかったんです。妙に折り合いがつきましたからね。まだ本調子じゃないようです。それでもこのレースには実績があるように、ここまで走りましたけどね」
14着 11番インセンティブガイ(横山典弘騎手)
「久々のせいかな。返し馬で弾むような感じがなかったね。前もゴチャついたしね。まぁハンデ戦だし、勝つときは鮮やかだけど、こんなときもあるよね」急がせるのはよくないようです。とは言っても中京の1000mで、待つわけには行きません。それでも終いチョロチョロと伸びてきたように、能力はあります。距離はもう少しあった方がいいかもしれません」
落馬 7番グランエクレール(四位洋文騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する