未勝利 (サ2才) 小倉 1R 2006/09/02 のレース情報

基本情報
小倉芝・右1000M
第03回 小倉 07日目
1 R
芝・右1000M
晴  
未勝利   サ2才(混)[指] / 馬齢
11 頭
10:20発走
本賞金) 500 - 200 - 130 - 75 - 50 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
image
直線 293 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
56.8
前半5F:
56.8
後半3F:
34.4
ペース:平均
27 (27+0)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 上野翔 51.0 56.8 34.3 -------2--2 4 6.0 アドマイヤコジーン / ホットマイハート 栗) 須貝彦三 434 +2 5 5
02 13/4 熊沢重文 54.0 57.1 34.7 -------1--1 1 2.4 スターオブコジーン / ミナミノブレーヴ 栗) 武宏平  454 -2 4 4
03 31/2 和田竜二 54.0 57.7 35.0 -------3--3 5 11.9 ヘクタープロテクター / ジョーテンオン 栗) 柴田光陽 436 0 2 2
04 1/2 福永祐一 54.0 57.8 34.9 -------5--3 2 4.4 スターオブコジーン / スタールビー 栗) 中竹和也 486 0 9 7
05 3/4 上村洋行 54.0 57.9 35.0 -------5--6 3 5.1 アドマイヤコジーン / ベリーローズ 栗) 橋田満  428 0 6 6
06 13/4 太宰啓介 54.0 58.2 35.5 -------3--3 6 13.9 サクラバクシンオー / アイスダンシング 美) 内藤一雄 472 -4 7 6
07 21/2 佐藤哲三 54.0 58.6 35.2 -------8--8 9 46.3 マリエンバード / ラウドヴォイス 栗) 加藤敬二 490 -6 3 3
08 ハナ 幸英明 54.0 58.6 35.6 -------7--6 10 142.6 ヤマニンゼファー / プリテイスマイル 栗) 福永甲  464 -4 11 8
09 鮫島良太 53.0 59.9 35.9 ------10--9 8 44.3 パークリージエント / プリンセスアムール 栗) 浅見秀一 438 0 10 8
10 田中学 54.0 1.00.2 36.3 -------9--9 11 287.2 サイレントハンター / シルバーヒット 美) 小桧山悟 428 -8 8 7
11 大差 野元昭嘉 54.0 1.02.5 38.3 ------11-11 7 25.6 キンググローリアス / イブキサーティーン 栗) 野元昭  486 +4 1 1
単勝 5番 (4人) 6.0 枠連 4-5 (2人) 6.3 複勝 5番(4人)
4番(1人)
2番(5人)
1.9
1.1
2.6
ワイド 4-5(3人)
2-5(13人)
2-4(4人)
3.2
9.8
4.0
3連複 2-4-5 (9人) 23.4 馬連 4-5 (3人) 7.1
3連単 馬単 5-4 (6人) 19.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


小倉1Rの2歳未勝利(芝1000m)は、4番人気カシノマイハート(上野翔騎手)が、2番手から抜け出し初勝利を挙げた。勝ちタイムは56秒8。1馬身3/4差の2着に1番人気ナンゴクプラネットが、3馬身半差の3着に5番人気ジョーテレジアがそれぞれ入線。
カシノマイハートは栗東・須貝彦三厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤコジーン、母ホットマイハート(母の父モガンボ)。通算成績は3戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 カシノマイハート 上野翔騎手
「今日は熊沢騎手のナンゴクプラネットが前に行ってくれたので、この馬としては楽にレースができました。行きっぷりも良かったし、そんなに仕掛けることなく、いい感じで動いてくれましたね。競馬そのものが落ち着いてきた感じです」
2着 ナンゴクプラネット 熊沢重文騎手
「今日はゲートも普通に出ました。やっと集中して走るようになってきました。フワフワしたところも直ってきましたね。今日は勝ち馬をほめるしかないでしょう」
3着 ジョーテレジア 和田竜二騎手
「道中、外にもたれてしまいました。それに今日は行けませんでしたね。でも馬込みでも問題ありません。思ったよりも走ってきそうです」
5着 アドマイヤデューク 上村洋行騎手
「ゲート出てからの二の脚からすると1000mは忙しいかもしれませんね」Vュのいい馬で、前半少しかかってしまいました。その分、最後のキレが鈍ってしまったんですが、この形を覚えてくれれば走ると思いますよ」えない疲れがあったのかな?レースに全く参加できずに終わってしまった」ことが出来た。もう少し体がしっかりして欲しいね」迪凾ェって下がってしまい、そこからは砂を被らないように気をつけて乗りました。もう少し、着差を詰める事は出来たような気もします」
4着 グリンセレブ(今野忠成騎手)
「今、馬の調子が良いですね。初めての強豪相手でここまでやれたのですから、そのうちチャンスは来ると思います」
(取材:中野雷太、小塚歩)ても反応がなかった。ただマイナス4キロの影響はなかったと思うが……」ゥヘヴン(安藤勝己騎手)
「前走より落ち着きもあって良かったので、距離も問題ないと思っていました。4コーナーまでは本当にスムーズで、どこを割ろうかという感じでしたが、弾けることなく脚がなくなってしまいました」
7着 13番サンドリオン(秋山真一郎騎手)
「頑張って抵抗してくれてはいましたけどね。キャリアを積めば良くなるでしょう」
8着 6番ブルーメンブラット(川島信二騎手)
「ちょっと距離が長かったですね。カワ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する