1勝 (サ2才) 札幌 2R 2006/09/02 のレース情報

基本情報
札幌ダート・右1000M
ダート・右1000M
晴  
1勝クラス   サ2才(特) / 馬齢
5 頭
11:10発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 264 M
image
直線 264 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
59.6
前半5F:
59.6
後半3F:
36.3
ペース:平均
-10 (45-55)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 山口竜一 54.0 59.6 36.3 -------1--1 2 2.4 ディアブロ / チャンネルワン 栗) 野中賢二 464 -6 2 2
02 安藤勝己 54.0 59.8 36.2 -------3--3 3 3.6 フレンチデピュティ / カービーズソング 美) 伊藤圭三 458 -6 5 5
03 桜井拓章 54.0 1.00.8 36.8 -------5--4 4 42.7 エブロス / カチウマキャシー 地) 田部和則 440 +2 4 4
04 藤田伸二 54.0 1.01.1 37.7 -------2--2 1 2.0 ボストンハーバー / モーニングタイド 美) 田村康仁 456 0 3 3
05 坂下秀樹 54.0 1.01.8 38.0 -------4--4 5 55.9 フサイチコンコルド / アサクサバランス 地) 田部和則 466 0 1 1
単勝 2番 (2人) 2.4 枠連 0-0 (人) 0.0 複勝 2番(2人)
5番(3人)
1.5
1.8
ワイド 2-5(3人)
2-4(5人)
4-5(6人)
1.7
5.8
5.9
3連複 2-4-5 (4人) 17.9 馬連 2-5 (3人) 4.4
3連単 馬単 2-5 (5人) 7.0
該当なし
レース後のコメント


札幌2Rの2歳500万下(ダート1000m)は、2番人気タガタメ(山口竜一騎手)が、ダッシュ良く先頭に立ち、直線でもスピードが鈍ることなく逃げ切り勝ちを収めた。勝ちタイムは59秒6。1馬身差の2着に3番人気ガールズポップが、6馬身差の3着に4番人気ヒビキウィンがそれぞれ入線。
タガタメは地方・角川秀樹厩舎の2歳牝馬で、父ディアブロ、母チャンネルワン(母の父ポリッシュネイビー)。通算成績は4戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 タガタメ 山口竜一騎手
「ホッカイドウ競馬で走った時より楽に行けましたよ。自分からスッと進んで道中無理するところがなく、終始マイペースでした。ここではエンジンが違ったかな。典型的な短距離馬ですね。芝についてはわからないけど、ダートの方がいいんじゃないでしょうか」
2着 ガールズポップ 安藤勝己騎手
「ダートの方がいいね。前2頭を追って、器用なレースをしてくれたよ」
4着 オープンザゲート 藤田伸二騎手
「ゲートの中でうるさかったね。スタートでも少し躓いてしまったし、今日は勝った馬が強かったね」ナも前走ほどではありませんが、コーナーではフラフラしていました。それに前回は手前をしょっちゅう変えていたのが、今日はおさまっていました。テンションが高い馬なので落ち着きと馬体を保つことでしょう」
6着 ウィルビーキング 幸英明騎手
「スタートでフワっと上に出てしまいました。ハミがかりが悪く、この馬らしくなく、伸び切れませんでした。レース慣れしてくれれば・・・でしょう」キ。距離はもう少しあった方がいいかもしれません」
落馬 7番グランエクレール(四位洋文騎手)
「状態よく、いいスタートを切ることが出来たが、すぐに外にヨレてしまった。残念」「もっとパサパサのダートのほうがいいかな。今日は自分のポジションをキープするのがやっとだったね。まだ精神面でも芯が入っていない感じだね」
9着 13番タガノゲルニカ(武幸四郎騎手)
「いい感じでスムーズに行けましたよ。でも3コーナーを過ぎて急に手応えがなくなっちゃったね。よくわからないなぁ」
12着 9番

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する