北海道新聞杯クイーンステークス(2006/08/13) のレース情報

基本情報
札幌芝・右1800M
開催
第01回 札幌02日目
コース
札幌芝・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混) 牝 (特)
頭数
14
発走時刻
15:25
回次
第 54 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
北海道新聞杯クイーンステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 266 M
勝ちタイム:1.46.7
ハイペース
67 (37+30)
前半5F:
58.2
後半3F:
36.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 55.0 1.46.7 35.9 -6--5--4--1 3 5.1 サンデーサイレンス / デアリングダンジグ 栗) 藤原英昭 424 +2 9 6
02 13/4 四位洋文 55.0 1.47.0 35.9 12-11--6--3 2 4.5 トウカイテイオー / ヤマニンジュエリー 栗) 浅見秀一 498 +4 4 3
03 クビ 柴山雄一 55.0 1.47.0 36.0 -9--8--6--3 7 15.6 サンデーサイレンス / ゴールデンサッシュ 栗) 池江泰郎 454 +6 3 3
04 クビ 菊沢隆徳 55.0 1.47.1 35.8 11-11-10--5 13 142.7 トウカイテイオー / ラブリーコアレス 美) 成島英春 482 +4 5 4
05 11/2 横山典弘 55.0 1.47.3 35.0 14-14-14-10 5 7.8 サンデーサイレンス / ゴールデンカラーズ 栗) 池江泰郎 444 0 1 1
06 川島信二 52.0 1.47.5 36.2 -6--7-10--7 4 6.6 アドマイヤベガ / マイワイルドフラワー 栗) 石坂正  464 +14 12 7
07 五十嵐冬 55.0 1.48.2 37.1 -5--5--6-10 6 12.7 サンデーサイレンス / ウィッチフルシンキング 美) 二ノ宮敬 486 0 7 5
08 31/2 安藤勝己 55.0 1.48.8 38.2 -3--3--2--2 1 4.0 ディアブロ / アオエトウショウ 栗) 中村均  478 +8 11 7
09 1/2 津村明秀 55.0 1.48.9 37.5 -9-10-10-10 10 32.9 パントレセレブル / ベイフィオーリ 美) 上原博之 462 -6 13 8
10 11/2 北村宏司 55.0 1.49.1 38.4 -3--4--2--5 12 115.5 ティンバーカントリー / アナスミラビリス 美) 国枝栄  504 -12 10 6
11 13/4 岩田康誠 52.0 1.49.4 38.5 -2--2--4-10 8 18.4 スペシャルウィーク / タッチフォーゴールド 栗) 田中章博 444 +12 2 2
12 高井彰大 52.0 1.49.6 37.5 13-13-13-14 11 92.2 アドマイヤベガ / キャロルブラボー 栗) 新川恵  456 +2 8 5
13 加藤士津 55.0 1.50.8 39.7 -8--8--6--8 14 402.8 ダンスインザダーク / フオアザボーイズ 美) 加藤和宏 460 -6 14 8
14 藤岡佑介 55.0 1.52.0 41.6 -1--1--1--8 9 18.6 サンデーサイレンス / オースミシャイン 栗) 藤岡健一 488 +8 6 4
~払い戻し~
単勝 9番 (3人) 5.1 枠連 3-6 (3人) 9.3 複勝 9番(3人)
4番(2人)
3番(7人)
1.8
1.7
4.0
ワイド 4-9(3人)
3-9(22人)
3-4(13人)
5.2
16.1
10.3
3連複 3-4-9 (22人) 59.8 馬連 4-9 (3人) 12.8
3連単 9-4-3 (88人) 291.4 馬単 9-4 (6人) 24.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 デアリングハート(藤田騎手)
「休み明けのせいか、いつもよりテンションが高かったけど大丈夫だろうと思っていました。この馬のポイントは折り合い。折り合いさえつけば何とかなると思っていました。前を見て、自分のペースを守って競馬ができましたね。春に、次につながる競馬をしてきて、秋に向けていいスタートが切れました。もともと力はある馬ですから」
(藤原師)
「この1年で心身ともに本当に成長しました。待望の2勝目。これでどこでも使えますね。この後は府中牝馬Sに向かいます」
2着 ヤマニンシュクル(四位騎手)
「勝ち馬にあの手応えで競馬をされては……仕方ないね」
3着 レクレドール(柴山騎手)
「4コーナーを回った時点では勝ったと思ったんですが。こっちはロスない競馬。勝ち馬が強かったですね」
6着 ブルーメンブラット(川島騎手)
「スムースな競馬はできましたし、もっと伸びると思ったのですが」
7着 ロフティーエイム(五十嵐騎手)
「前に馬を置いて競馬をしようと控えて内に入れたのですが、前の馬がフラフラして行き場を失い、競馬になりませんでした」
8着 マイネサマンサ(安藤騎手)
「予想に反して行く馬が多かったですね。ペースも速かったし、妙に折り合って手応えがなくなってしまいました」らね。それでも本来のキレがあれば差せると思ったんですが、前走ちょっと頑張り過ぎたのが響いているのでしょうか?」
4着 タイムレスワールド(石橋騎手)
「前半でポカッと気を抜いて走る気を出さない馬なので、怒りながら気合いをつけて行きました。やはり力はある馬ですから、このくらいは走るんですよね」r />「状態よく、いいスタートを切ることが出来たが、すぐに外にヨレてしまった。残念」「もっとパサパサのダートのほうがいいかな。今日は自分のポジションをキープするのがやっとだったね。まだ精神面でも芯が入っていない感じだね」
9着 13番タガノゲルニカ(武幸四郎騎手)
「いい感じでスムーズに行けましたよ。でも3コーナーを過ぎて急に手応えがなくなっちゃったね。よくわからないなぁ」
12着 9番パーソナルラッシュ(岩田康誠騎手)
「ゲートの中でガチャガチャして、うまくスタートを切ることができませんでした」いるんだろう」は辛いでしょう」@ライラプス(鮫島騎手)
「返し馬の時からハミを噛んでいました。馬が力んでしまって…」@イター(L・デットーリ騎手)
「レース前半の感触はよかったが、残り4

予想動画
関連記事
関連つぶやき