HTB杯(2006/07/29) のレース情報

基本情報
函館芝・右2000M
開催
第02回 函館05日目
コース
函館芝・右2000M
クラス
1000万特別(ハンデ
レースNO
9 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:25
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
HTB杯 
コース・ラップ
ハイペース
直線 262 M
勝ちタイム:2.01.5
ハイペース
60 (31+29)
前半5F:
59.5
後半3F:
37.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 57.0 2.01.5 36.5 -6--6--4--2 1 1.8 サンデーサイレンス / ローズオブスズカ 栗) 橋田満  460 +4 3 2
02 11/4 菊沢隆徳 52.0 2.01.7 36.7 -7--7--4--4 12 76.6 サンデーサイレンス / レッドタイガー 栗) 河内洋  428 0 1 1
03 11/4 藤田伸二 56.0 2.01.9 37.2 -5--5--2--2 3 6.4 ホワイトマズル / ファビラスターン 美) 加藤征弘 482 -2 2 1
04 郷原洋司 52.0 2.02.4 38.0 -1--1--1--1 11 43.5 スターオブコジーン / カシマスズラン 美) 根本康広 496 -8 5 3
05 11/4 北村宏司 53.0 2.02.6 37.1 14-14-13-10 5 17.9 マーベラスサンデー / パールネツクレース 美) 伊藤正徳 464 +2 7 4
06 11/4 長谷川浩 53.0 2.02.8 37.4 12-12-10--8 7 23.3 タマモクロス / ローズオブダイヤ 栗) 中村均  454 -2 11 6
07 アタマ 横山典弘 56.0 2.02.8 37.5 12-12--8--5 2 6.4 サンデーサイレンス / ブレッシング 美) 藤沢和雄 496 0 13 7
08 秋山真一 54.0 2.03.0 37.6 10-10-10--5 14 131.1 パントレセレブル / チーター 美) 伊藤伸一 436 -2 12 6
09 アタマ 津村明秀 53.0 2.03.0 37.2 16-16-15-10 8 30.6 ステイゴールド / プレミアクロス 美) 稗田研二 452 +8 4 2
10 武幸四郎 54.0 2.03.9 38.6 10-10--8--8 4 10.9 コマンダーインチーフ / タガノブルードレス 栗) 中尾秀正 540 +14 16 8
11 1/2 柴山雄一 55.0 2.04.0 38.9 -2--2--6-10 15 164.7 トニービン / タヤスシュゼット 栗) 飯田雄三 452 -4 9 5
12 3/4 四位洋文 55.0 2.04.1 38.5 14-14-13-13 6 20.0 オペラハウス / キオイドリーム 美) 菊川正達 440 -4 8 4
13 13/4 藤岡佑介 54.0 2.04.4 39.6 -2--2--2--5 10 34.7 スペシャルウィーク / フェスタデルドンナ 栗) 矢作芳人 488 +2 6 3
14 松田大作 55.0 2.04.9 39.2 -7--7-15-15 16 286.1 Unbridled / Obtain 地) 田中守  498 -2 10 5
15 21/2 古川吉洋 53.0 2.05.3 39.9 -7--7-10-15 9 33.9 ブライアンズタイム / スペリオルパール 栗) 松田博資 494 +14 15 8
16 ハナ 木幡初広 55.0 2.05.3 40.1 -2--2--6-13 13 106.2 アジュディケーティング / アンバーオーカン 美) 高橋裕  504 -2 14 7
~払い戻し~
単勝 3番 (1人) 1.8 枠連 1-2 (1人) 5.6 複勝 3番(1人)
1番(12人)
2番(2人)
1.2
9.4
1.7
ワイド 1-3(22人)
2-3(1人)
1-2(38人)
17.3
2.5
35.4
3連複 1-2-3 (22人) 77.7 馬連 1-3 (22人) 60.3
3連単 3-1-2 (140人) 495.9 馬単 3-1 (24人) 93.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 スズカフェニックス 安藤勝己騎手
「少し行きたがったけど、すぐに落ち着いてくれたし、道中もスムーズ。上のクラスへ行っても通用すると思うよ」
2着 ピサノパスティーユ 菊沢隆徳騎手
「揉まれると弱いと聞いていたけど、3コーナーでもうまい事広いスペースを走れたし、返し馬で騎乗した時に乗りやすい馬だなという印象を持った」
3着 シャドウゲイト 藤田伸二騎手
「だいぶ常識に適うようになってきたね。さすがに切れる馬に来られるとダメだけど、折り合うようになってきたね」
4着 リファインドボディ 郷原洋司騎手
「少しゆるいところはあるけど、3歳馬にしてはいい馬。秋ぐらいには良くなってくると思う」んですが、距離は結構我慢しましたね」
7着 スズノマグマ 田中勝春騎手
「ガツンとハミを噛んで、抜けませんでした。途中からは何とか落ち着いたんですが、なしくずしに脚を使ってしまい、ためることができませんでした。あまり使っていない馬ですからね」岩田康誠騎手)
「勝ち馬にマクられたところで手応えがなくなっていました。体調そのものは良かったと思うんですが……」しめる馬になりそうです」ユアフロスト 蛯名正義騎手
「芝の塊が飛んでくるのを嫌がって、クビを上げてしまったりしていますが、内容は悪くないですね。ただ勝ち馬の後ろにいて、伸びていることは

予想動画
関連記事
関連つぶやき