アイビスサマーダッシュ(2006/07/16) のレース情報

基本情報
新潟芝・直1000M
開催
第02回 新潟02日目
コース
新潟芝・直1000M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
雨 良
条件
サ3上(国)(特)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 6 回
本賞金(万
4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410
レース名
アイビスサマーダッシュ 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 1000 M
勝ちタイム:55.7
平均ペース
23 (23+0)
前半5F:
55.7
後半3F:
33.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 鈴来直人 51.0 55.7 33.7 ----------- 7 16.9 カリスタグローリ / ペルファヴォーレ 美) 畠山吉宏 436 0 13 7
02 大西直宏 51.0 56.2 33.8 ----------- 3 6.6 サクラバクシンオー / ロングチアーズ 栗) 矢作芳人 462 -12 10 5
03 21/2 石橋脩 54.0 56.6 34.5 ----------- 6 11.0 サクラバクシンオー / モーリストンベル 美) 手塚貴久 438 +2 14 7
04 中舘英二 56.0 56.8 33.7 ----------- 5 7.1 サクラバクシンオー / ビバノンノ 栗) 安田隆行 542 +30 6 3
05 北村宏司 56.0 57.0 34.5 ----------- 1 4.6 ウォーニング / インパクト 美) 増沢末夫 498 +4 2 1
06 ハナ 江田照男 57.0 57.0 34.3 ----------- 11 35.1 Distant View / To Act 栗) 森秀行  490 +6 11 6
07 クビ 村田一誠 56.0 57.0 34.5 ----------- 14 76.7 アスワン / アイネスターキン 美) 沢峰次  498 -8 12 6
08 吉田隼人 54.0 57.2 34.4 ----------- 10 27.6 マヤノトップガン / サラトガシャドーズ 栗) 矢作芳人 474 -10 8 4
09 アタマ 勝浦正樹 54.0 57.2 34.9 ----------- 9 23.5 Peaks and Valleys / Dime Queen 美) 松山康久 532 -6 1 1
10 3/4 塚田祥雄 56.0 57.3 34.6 ----------- 15 96.6 サクラバクシンオー / ラビットコスモ 栗) 岡田稲男 504 -6 5 3
11 クビ 武士沢友 56.0 57.4 34.8 ----------- 16 255.2 Southern Halo / Misty Silver 美) 手塚貴久 504 0 15 8
12 11/2 後藤浩輝 53.0 57.6 35.3 ----------- 2 4.6 Danzig / Autumn Moon 栗) 森秀行  458 +12 9 5
13 1/2 小島太一 56.0 57.7 35.0 ----------- 13 38.7 ハートレイク / エアインセンス 美) 小島太  492 -4 4 2
14 クビ 田嶋翔 54.0 57.8 35.6 ----------- 4 6.8 タイキシャトル / フルフリングス 栗) 小島貞博 466 -16 16 8
15 11/2 蛯名正義 56.0 58.0 35.3 ----------- 8 22.1 スピニングワールド / オーシャンドリーム 美) 水野貴広 460 +8 7 4
16 13/4 田中勝春 54.0 58.3 35.8 ----------- 12 38.3 テンビー / プロポーション 美) 武藤善則 486 -6 3 2
~払い戻し~
単勝 13番 (7人) 16.9 枠連 5-7 (3人) 9.5 複勝 13番(8人)
10番(4人)
14番(6人)
4.8
2.5
3.2
ワイド 10-13(19人)
13-14(16人)
10-14(9人)
15.0
13.2
8.6
3連複 10-13-14 (25人) 89.7 馬連 10-13 (22人) 55.6
3連単 13-10-14 (175人) 587.9 馬単 13-10 (52人) 134.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 サチノスイーティー(鈴来直人騎手)
「枠も馬場も直前の大雨も全部味方してくれました。馬なりで先頭に行って、いつでも突き放せる楽な手応えでした。馬も成長していたし、僕は勝つ気満々で乗っていました」
2着 マリンフェスタ(大西直宏騎手)
「スタート行く馬が行けなくて、差す競馬は収穫があったね。馬場は気にしていなかったが、体が減っていたのがよくなかったかな?」
3着 レイズアンドコール(石橋修騎手)
「道悪はよくないと聞いていたが、返し馬ではしっかりしていた。状態はよかったが、負けた相手は軽ハンデの馬だしね」
4着 ホーマンテキーラ(中舘英二騎手)
「ゲートで頭を下げたときにゲートが開いて、後ろからの競馬になったが、差を詰めているだけに残念だね」
5着 ダイワメンフィス(北村宏司騎手)
「スタート直後伸び上がってしまいました。道悪は我慢してこなしたけど、前半脚を使った分最後は伸び切れなかった。馬場とほかの馬に比べてハンデも背負ってるしね」
14着 テイエムチュラサン(田嶋翔騎手)
「スタートであんなにもたもたする馬じゃないんだけど…。今日は下も気にしていたし、体重も減っていた。馬もイライラしていました。あと30分雨が降るのが遅ければよかったんですが」すが、内容は悪くないですね。ただ勝ち馬の後ろにいて、伸びていることは伸びているんですが、ジリジリとしか伸びてくれませんでした。着差が着差なだけに残念ですね」もしれない」Hこのメンバーなら58.5キロのハンデも理由にならないよね。本調子じゃないのかな」た」ことが出来た。もう少し体がしっかりして欲しいね」迪凾ェって下がってしまい、そこからは砂を被らないように気をつけて乗りました。もう少し、着差を詰める事は出来たような気もします」
4着 グリンセレブ(今野忠成騎手)
「今、馬の調子が良いですね。初めての強豪相手でここまでやれたのですから、そのうちチャンスは来ると思います」
(取材:中野雷太、小塚歩)ても反応がなかった。ただマイナス4キロの影響はなかったと思うが……」ゥヘヴン(安藤勝己騎手)
「前走より落ち着きもあって良かったので、距離も問題ないと思っていました。4コーナーまでは本当にスムーズで、どこを割ろうかという感じでしたが、弾けることなく脚がなくなってしまいました」
7着 13番サンドリオン(秋山真一郎騎手)
「頑張って抵抗してくれてはいましたけどね。キャリアを積めば良く

予想動画
関連記事
関連つぶやき