TUF杯(2006/07/01) のレース情報

基本情報
福島芝・右1200M
開催
第02回 福島05日目
コース
福島芝・右1200M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
11 R
天候馬場
曇 稍
条件
サ3上(混)(特)
頭数
12
発走時刻
15:40
本賞金(万
1,830 - 730 - 460 - 270 - 183
レース名
TUF杯 
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
勝ちタイム:1.09.3
平均ペース
25 (77-52)
前半5F:
56.5
後半3F:
35.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武士沢友 57.0 1.09.3 35.6 -------2--2 6 12.5 エアダブリン / エアパッション 美) 伊藤正徳 464 +2 1 1
02 クビ 田中勝春 57.0 1.09.3 35.8 -------1--1 2 4.6 サクラバクシンオー / サクラブルース 栗) 友道康夫 524 -4 7 6
03 クビ 北村宏司 57.0 1.09.4 35.2 -------8--6 9 19.2 Mountain Cat / コンティンジェンシー 美) 増沢末夫 478 -10 4 4
04 小野次郎 57.0 1.09.6 35.3 -------9--9 7 13.6 Polish Precedent / Gaily Grecian 栗) 山内研二 476 -14 2 2
05 ハナ 柴田善臣 57.0 1.09.6 35.6 -------6--3 5 10.4 マヤノトップガン / サンデーエイコーン 地) 別府真司 434 -14 3 3
06 11/4 石神深一 57.0 1.09.8 35.2 ------12-11 11 172.2 テンビー / ゴールデンショット 美) 石毛善彦 508 -12 8 6
07 1/2 吉田豊 57.0 1.09.9 36.0 -------3--6 10 22.7 Cadeaux Genereux / Russian Grace 美) 水野貴広 508 -4 11 8
08 3/4 勝浦正樹 55.0 1.10.0 35.9 -------7--8 1 3.3 ヘクタープロテクター / フラワーブリーズ 美) 高市圭二 462 0 6 5
09 ハナ 中舘英二 57.0 1.10.0 35.6 -------9--9 3 5.5 スピニングワールド / オーシャンドリーム 美) 水野貴広 452 0 9 7
10 1/2 江田照男 57.0 1.10.1 36.2 -------3--3 4 7.4 オペラハウス / ボールドテスコ 美) 菅原泰夫 460 -2 5 5
11 クビ 後藤浩輝 55.0 1.10.1 36.2 -------3--3 8 16.0 Peaks and Valleys / Dime Queen 美) 松山康久 538 -6 10 7
12 13/4 大西直宏 57.0 1.10.4 36.1 -------9-11 12 191.8 Distorted Humor / Glamorous Habit 栗) 山本正司 532 0 12 8
~払い戻し~
単勝 1番 (6人) 12.5 枠連 1-6 (13人) 27.6 複勝 1番(6人)
7番(3人)
4番(9人)
3.8
2.2
5.5
ワイド 1-7(13人)
1-4(34人)
4-7(23人)
10.7
21.6
14.5
3連複 1-4-7 (60人) 139.0 馬連 1-7 (10人) 25.9
3連単 1-7-4 (375人) 936.1 馬単 1-7 (28人) 62.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ツルガオカハヤテ(伊藤正徳調教師)
「体がそれほど大きくない馬で、気で走ってしまいますから、使うと消耗するタイプです。それで立て直すのに時間がかかってしまいましたが、今回は坂路の動きもよかったように、だいぶシッカリしてきました。もともと能力の高い馬だと思っていましたので、今日も期待していましたよ。今日はスンナリ2番手につけて、最後にもうひと伸びしてくれたのは収穫ですね。あとの課題は、重賞のメンバーのスピードにどう対応するかですね」
2着 サクラグッドラック(田中勝春騎手)
「うーん、ほぼ思ったとおりの競馬になったんですが、まあしょうがないですね」
4着 ヒューマ(小野次郎騎手)
「直線はもっとグッと伸びるかと思ったんですが、まだとぼけて走るクセがありますね」マーガレット(須貝騎手)
「思ったより動いたけど、もっと我慢したかったね。でも後ろからシャルロットノアルも来たし…。それにイレ込み過ぎだな」
7着 ガラン(岩田騎手)
「スピードに乗るまで時間が掛かるね。ジリジリと伸びるので、中途半端に脚を使うより直線だけの競馬をしたほうがいいかも。それにもっと走る気が出てくればね」 プリサイスマシーン(岩田騎手)
「3コーナーで後ろの馬に乗っかられて、バランスを崩してハミを落としたんですよ」
10着 キーンランドスワン(藤田騎手)
「気難しさを出してしまいましたね。スタートして耳を絞っていて走ることに集中していませんでした」フメンバーなら58.5キロのハンデも

予想動画
関連記事
関連つぶやき