ヴィクトリアマイル(2006/05/14) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第02回 東京08日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープンGⅠ(定量
レースNO
11 R
天候馬場
曇 稍
条件
サ4上(国) 牝 (指)
頭数
18
発走時刻
15:40
回次
第 1 回
本賞金(万
9,000 - 3,600 - 2,300 - 1,400 - 900
レース名
ヴィクトリアマイル 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.34.0
平均ペース
-35 (-51+16)
前半5F:
59.7
後半3F:
34.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 北村宏司 55.0 1.34.0 33.8 -------5--6 2 3.9 サンデーサイレンス / ダンシングキイ 美) 藤沢和雄 470 -4 1 1
02 11/4 武豊 55.0 1.34.2 33.4 ------11-12 3 5.4 サンデーサイレンス / エアデジャヴー 栗) 伊藤雄二 476 +12 18 8
03 11/2 岩田康誠 55.0 1.34.4 33.8 ------10--9 4 9.2 サンデーサイレンス / ポトリザリス 栗) 角居勝彦 436 +8 13 7
04 アタマ 柴田善臣 55.0 1.34.4 34.5 -------2--2 16 211.4 フジキセキ / ロモーラ 栗) 中村均  426 -4 5 3
05 クビ 本田優 55.0 1.34.5 34.1 -------7--7 7 19.9 エアジハード / アグネスミネルバ 栗) 西浦勝一 494 -4 7 4
06 3/4 藤田伸二 55.0 1.34.6 34.5 -------4--4 11 82.9 サンデーサイレンス / デアリングダンジグ 栗) 藤原英昭 422 -2 15 7
07 四位洋文 55.0 1.34.8 34.0 ------14-12 5 13.3 トウカイテイオー / ヤマニンジュエリー 栗) 浅見秀一 502 +12 10 5
08 アタマ 横山典弘 55.0 1.34.8 34.0 ------15-12 9 55.4 サンデーサイレンス / ゴールデンカラーズ 栗) 池江泰郎 440 0 14 7
09 ハナ 福永祐一 55.0 1.34.8 34.4 -------8--7 1 2.4 エンドスウィープ / マストビーラヴド 栗) 瀬戸口勉 466 -2 6 3
10 1/2 森下博 55.0 1.34.9 35.2 -------1--1 10 81.2 ディアブロ / アオエトウショウ 栗) 中村均  466 -16 2 1
11 アタマ 安藤勝己 55.0 1.34.9 35.0 -------2--2 8 53.8 サンデーサイレンス / ウィッチフルシンキング 美) 二ノ宮敬 486 -6 11 6
12 クビ 江田照男 55.0 1.35.0 34.0 ------16-15 6 15.6 ゴールデンフェザント / ヤマニンリコール 美) 星野忍  452 +4 16 8
13 ハナ 後藤浩輝 55.0 1.35.0 34.9 -------5--4 15 190.0 マーベラスサンデー / ピサノダイヤ 美) 谷原義明 460 +8 8 4
14 21/2 田中勝春 55.0 1.35.4 34.8 ------11--9 14 173.8 ダンシングブレーヴ / フリートレガッタ 美) 佐藤吉勝 516 -2 4 2
15 ハナ 佐藤哲三 55.0 1.35.4 34.8 -------8--9 17 228.3 サンデーサイレンス / グリーンポーラ 栗) 松永幹夫 480 +2 3 2
16 クビ 藤岡佑介 55.0 1.35.5 34.5 ------16-15 13 148.5 サンデーサイレンス / オースミシャイン 栗) 藤岡健一 480 +4 17 8
17 11/2 吉田豊 55.0 1.35.7 34.5 ------16-18 18 234.1 サンデーサイレンス / バブルウイングス 美) 大久保洋 452 -4 12 6
18 11/2 蛯名正義 55.0 1.35.9 34.8 ------11-17 12 96.1 サンデーサイレンス / ゴールデンサッシュ 栗) 池江泰郎 444 -4 9 5
~払い戻し~
単勝 1番 (2人) 3.9 枠連 1-8 (3人) 7.6 複勝 1番(2人)
18番(3人)
13番(4人)
1.5
1.7
2.3
ワイド 1-18(3人)
1-13(4人)
13-18(7人)
4.1
5.0
7.4
3連複 1-13-18 (8人) 27.7 馬連 1-18 (3人) 10.0
3連単 1-18-13 (26人) 116.5 馬単 1-18 (5人) 18.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 1番ダンスインザムード(北村宏司騎手)
「内枠ですし、スタートもうまくいったので、この利点をフイにしないよう、落ち着いて行かせることだけを考えて乗りました。パドックでも落ち着いていたし、馬場へ出てスタンド前からゆっくり行かせて、騎乗者へ気持ちを向けてもらうこともうまくいきました。自分が走りたいだけ走って後はやめてしまうということが、だいぶおさまってきました。まだ油断はできないんですが。直線での抜け出しも、ギリギリまで我慢して、うまく抜けることができました。本当に手応えは充分でした。初めてのGI勝利ですが、嬉しいです。我慢して乗せていただいた先生や関係者の皆さんのおかげです」
2着 18番エアメサイア(武豊騎手)
「惜しかったですね。大外枠から、枠なりに最善のレースができました。今日は馬場の内が断然良いのですが、よく頑張っています。1番と18番の枠が逆なら結果も逆だと思いますよ」
(伊藤雄二調教師)
「芝の深い外めからよく伸びています。体重も増えてパワーアップしていますよ」
3着 13番ディアデラノビア(岩田康誠騎手)
「乗り難しい馬なので、折り合いに気をつけていたのですが、今日はうまく折り合ってくれた。4コーナーもいい感じで回っていたし、自分からグッと伸びていった。途中で『勝てるときはこんな感じなのかな』と思ったけど、結果として動くのが早かったのかも」
4着 5番コスモマーベラス(柴田善臣騎手)
「久々にスムーズなレースができました。このぐらいは走る馬だし、少しずつ力強くなっていますよ」
5着 7番アグネスラズベリ(本田優騎手)
「一線級との初対戦だったけど、馬場も思うところを通れたし、上位とも着差はあまりないからね」
7着 10番ヤマニンシュクル(四位洋文騎手)
「この馬は良馬場でこその馬。馬場が合わなかった。流れももう少し速くなってほしかったね。身体が増えていたのは成長分だよ」
8着 14番チアフルスマイル(横山典弘騎手)
「外枠だったけど、うまく内に入れた。思い通りのレースだったけど、追い出してから伸びなかった。コーナーが4つあるコースのほうがいいね」
9着 6番ラインクラフト(福永祐一騎手)
「馬場の良いところを通れたし、4コーナーでもいい感じで手応えに余裕があったけど、追い出してから弾けなかった。上位の争いに参加できず残念です」
10着 2番マイネサマンサ(森下博騎手)
「ペースはちょうどいいと思ったんだけど。身体が減っていたし、具合が良かったらもっと走っているはずだよ」
11着 11番ロフティーエイム(安藤勝己騎手)
「ペースが速くなったときについていけなかった。経験の差だろう」
14着 4番スナークスズラン(田中勝春騎手)
「道中ノメって伸びきれなかった」
18着 9番レクレドール(蛯名正義騎手)
「馬場が悪いとダメ。ノメっていた。ペースアップしたくてもできないんだ」着 18番コイウタ(吉田隼人騎手)
「前で競馬をするつもりでしたし、4コーナーまでは手応えも良かったのですが……。久々の分だと思いますから、次は良くなるでしょう」ェ、終いが甘くなってしまった。ソロッと行っていたら違っていたかも」
13着 2番アンバージャック(横山典弘騎手)
「馬体は前走より良かったが、この時期はあまり良くないのかも。暖かくなればもっとやれると思う」
14着 サチノスイーティー(吉田隼人騎手)
「馬場が悪く、予定通りの位置取りも4コーナーでノメって反応が悪くなってしまいました」
18着 10番モンローブロンド(岡部誠騎手)
「流れについていけませんでした」なのかな…トモが崩れるような感じで、ゴールの後止めてましたからね。状態は良かったのですが…」
13着 ネヴァブション(北村騎手)
「今日はしょうがないですね。まだ体が弱いところがあります。折り合いは問題ありませんでした」Aあの枠順では前に行くしかなかった。ただ、とにかくペースが速すぎた。それに尽きる」nには堪える感じですね」
5着 10番レインボーペガサス(安藤勝己騎手)
「ちょっと流れが遅かったので、リズム良く走らせようと自分から仕掛けました。ただ、もうひと伸びあればという感じでしたね。でも、昔と比べたら馬がずいぶん落ち着いてきていましたよ」
8着 15番フローテーション(藤岡佑介騎手)
「今日は馬の状態も良く、出たなりで競馬をしました。もう少しリラックスして走れば、もっと切れたと思います」
10着 5番アグネススターチ(赤木高太郎騎手)
「逃げずに2~3番手で行くことも考えていました。それでも折り合いはつきましたし、この先力がついてくればもっとやれると思います」
12着 17番ショウナンアルバ(蛯名正義騎手)
「完璧なレースはできたけど、やっぱり距離だね。折り合いはつけられたけど、最後は泳いでしまいました。何とかもたせようとしたんだけど」
16着 6番モンテクリスエス(福永祐一騎手)
「落ち着いていたし、ゲートもうまく出られました。でも最後はいっぱいいっぱいになってしまいました。デキは良かったのですが、馬場も力がいる状態でしたし、まだ力をつけているところなのかもしれません」
【アラカルト】
■変則2冠
前走でNHKマイルCを制していたディープスカイが優勝。NHKマイルC、日本ダービーの連勝は、04年のキングカメハメハに続く史上2頭めの快挙。
■「2冠馬」を生む6月1日の日本ダービー
6月1日に行われた日本ダービーは97年、03年に続

予想動画
関連記事
関連つぶやき