京葉ステークス(2006/04/15) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
開催
第03回 中山07日目
コース
中山ダート・右1200M
クラス
オープン特別(別定
レースNO
10 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ4上(混)[指]
頭数
10
発走時刻
14:55
本賞金(万
2,400 - 960 - 600 - 360 - 240
レース名
京葉ステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.09.3
平均ペース
4 (97-93)
前半5F:
56.5
後半3F:
36.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 55.0 1.09.3 36.1 -------1--1 1 2.5 ブライアンズタイム / リフカ 栗) 宮本博  540 +2 7 7
02 21/2 北村宏司 55.0 1.09.7 35.7 -------6--6 6 24.0 バブルガムフェロー / フライングカラーズ 美) 国枝栄  526 -16 2 2
03 アタマ 柴田善臣 53.0 1.09.7 35.9 -------5--4 3 4.2 フォーティナイナー / ミナミノバレッツ 栗) 坂口正則 462 -6 3 3
04 21/2 吉田豊 55.0 1.10.1 36.6 -------3--3 8 47.2 リンドシェーバー / ピンクノワンピース 美) 小島太  512 +12 10 8
05 横山典弘 55.0 1.10.3 36.2 -------7-10 5 9.5 Fusaichi Pegasus / サークリング 栗) 森秀行  494 -2 5 5
06 1/2 藤田伸二 56.0 1.10.4 37.1 -------2--2 4 8.6 サクラバクシンオー / ビバノンノ 栗) 安田隆行 512 -20 8 7
07 1/2 佐藤哲三 56.0 1.10.5 36.9 -------3--4 2 3.4 ヘネシー / ウェディングベリー 栗) 宮徹   462 -10 6 6
08 11/2 松岡正海 55.0 1.10.7 36.4 -------8--7 10 176.3 シャンハイ / ブランドイナリ 美) 本郷一彦 496 +8 1 1
09 アタマ 田中勝春 55.0 1.10.7 36.4 -------8--9 7 43.8 ウォーニング / シネマライフ 栗) 増本豊  494 -8 4 4
10 左海誠二 55.0 1.10.9 36.6 -------8--7 9 115.6 ジェイドロバリー / ポーラリヴァール 美) 萱野浩二 494 -4 9 8
~払い戻し~
単勝 7番 (1人) 2.5 枠連 2-7 (8人) 19.9 複勝 7番(1人)
2番(6人)
3番(2人)
1.2
3.3
1.3
ワイド 2-7(10人)
3-7(1人)
2-3(11人)
6.7
1.9
7.8
3連複 2-3-7 (9人) 22.0 馬連 2-7 (9人) 18.3
3連単 7-2-3 (52人) 133.8 馬単 7-2 (14人) 31.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 ニシノコンサフォス(和田竜二騎手)
「外から競りかけてくる馬もいましたが、ハナを切って結果を出してきた馬なので、思い切って行ってみました。まあそのとおりよく走ってがんばってくれました」
(宮本博調教師)
「短いところでよく走るタイプで、当然重賞挑戦が視野に入っているんですが、具体的なスケジュールは未定ということにしておいてください」
2着 サイモンセッズ(国枝栄調教師)
「7歳にしてよくがんばっています。流れがピタッとはまって、上出来じゃないですか。北村騎手によると息を入れさせるところなど2回のバクチがうまくはまったそうです。ただこの時計ではどうしようもありません。相手が強いですね」
7着 コパノフウジン(佐藤哲三騎手)
「前から砂をかぶると高脚を使う馬なんですが、今日もちょっと砂を浴びたら嫌がってしまいました。3-4コーナーで息を入れさせると向かっていく馬なので、ずーっとクビをあげたままでした。前回目一杯の競馬をしているので、その影響もあるのかもしれません」にもっと引っ張ってくれる馬がいたら違ってましたね」
11着 ナイキフェイバー(小野騎手)
「メチャクチャ行ったわけでもないのに、今日はこの馬の力からして負け過ぎです」ースもそれほど速くなかったし、これまで乗ってきた感覚から、あそこでスパートしても押し切れると思っていたのですが、負けてしまったわけですから、結果的にはスパートが早かったということでしょう」
6着 サクラメガワンダー(内田博騎手)
「もう少し前で競馬がしたかった。外枠だったし、人気馬が前に行っていて動くに動けなかった。馬場も少し気にしていたね」
7着 ジャリスコライト(横山典騎手)
「いい感じだったし、4コーナーでの手応えもよかったのですが…。久々でしたし、まだこれからの馬ですからね」
(藤沢師)
「まあ、7番目ですからまずまずでしょうか? イレ込む馬ではないし、競馬も上手になってきていますね。いい馬ですから、

予想動画
関連記事
関連つぶやき